男の「正しい洗顔」を学んで肌男になろう。自己流のゴシゴシ洗顔は危険!

「正しい洗顔」の方法を知っていると知っていないとでは
大違いです。
売れ筋の洗顔料を買って洗顔しているのに、
いつまでたってもオイリー肌のまま、乾燥肌のまま・・・
そんな男性は、男の「正しい洗顔」方法を知らずに
自己流で洗顔をしている可能性があります。

男の「正しい洗顔」を学んで、いっそう男に磨きをかけましょう。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 
 

男の「正しい洗顔」方法


手順1.手を洗います。

  手の汚れを落としてきれいにします。

手順2.洗顔前にすすぎ洗い

  顔に水分を与えることで、洗顔の効果がアップします。

手順3.洗顔料を泡立てます。

  ※泡立てるのが苦手な男性は、
   100円ショップやドラッグストアで買える
   「泡立てネット」を使うと簡単に泡立てできます。

手順4.洗顔はまず、鼻・おでこを、優しく洗います。
手順5.目元や口元を洗うときには、ゴシゴシ洗うのはNGです。

  さっと洗います。

手順6.ぬるま湯で顔をすすぎます。最低でも20回はすすぎます。

  ※ぬるま湯の温度の目安は、33~36℃が理想です。
  ※すすぎ終わったあと顔に洗顔料が残らないように。

手順7.清潔なタオルを使って、顔の水分をふきます。

  このときもゴシゴシ拭かず、優しく押さえてふきとります。
  
※洗うとき、拭くとき、赤ん坊を洗って拭くようなつもりで
 優しくしましょう。

男の「NG洗顔」方法


男の「正しい洗顔」方法について解説しましたが
「NG洗顔」についてもみていきます。

NGポイント1.「洗いすぎ」

洗いすぎると、皮膚に必要な皮脂と角質も洗い落としてしまいます。
これは、1日の洗顔の回数のことで、
洗顔の回数目安は、1日2回、朝と夜です。

NGポイント2.「ゴシゴシ拭く」

洗顔後はもちろん、汗をかいたときや雨に濡れたときなどに
顔をタオルでゴシゴシ拭く、汗拭きシートでゴシゴシ拭くと
肌が傷ついて、肌を守るために皮脂が出やすい顔になります。
顔を拭くときは優しく拭きましょう。

NGポイント3.「洗顔料を泡立てずに顔を洗ってしまう」

きめ細かい泡は、毛穴に入った汚れを洗い落としてくれます。
ところが洗顔料を泡立てずに顔を洗うと、
毛穴の汚れは落ちません。
「泡立てネット」は100円ショップやドラッグストアで買えるので
さっそく買ってきて泡で洗うようにしましょう。

NGポイント4.「冷たい水・熱いお湯で顔をすすぐ」

蒸し暑い夏は、冷たい水ですすぐとさっぱり気持ちいいですがNGです。
冷たい水は毛穴を縮めるから、毛穴の汚れや皮脂が落ちません。
肌寒い冬は、熱いお湯ですすぐと温まりますがこれもNGです。
お湯は皮脂を落としますが、熱すぎるお湯は、
乾燥から顔を守る最低限の皮脂まで落としてしまいます。
ぬるま湯を使いましょう。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

オススメ「男の洗顔料」


オイリー肌、乾燥肌、にきび肌など、自分にあった洗顔料を選びましょう。

オススメ「男の洗顔料」1.オイリー肌

オイリー肌の男性には、こちらのメンズビオレ、オイルクリア洗顔がオススメです。
泡タイプなので、泡立てるのが面倒だという性格の人にもぴったりです。

ドラッグストアはもちろん、楽天でも買えます。
>>★楽天 メンズビオレ 泡タイプオイルクリア洗顔 150ml 税込み330円★

オススメ「男の洗顔料」2.乾燥肌

ドクターシーラボの、乾燥肌向けの洗顔料です。

楽天でも買えます。
>>★楽天 ドクターシーラボ スーパーウォッシングフォームEX II 90g 2290円★

オススメ「男の洗顔料」3.にきび肌

楽天でも買えます。
>>★メンズビオレ 泡タイプ薬用アクネケア洗顔 本体 150ml 【医薬部外品】410円★
 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP