【薄毛に効果と評判】オススメドライヤー「ヘアビューザー」が話題。水分キープと血行促進がポイント

薄毛に効果があると評判の、新世代オススメドライヤー「ヘアビューザー」が話題です。の本では1300万人がハゲや薄毛に悩んでいるといいますが、これは朗報かもしれません。

遠赤外線を当てる新世代ドライヤー「ヘアビューザー」がなぜオススメなのか、雑誌で紹介された効果もあわせてご紹介します。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

新世代オススメドライヤー「ヘアビューザー」


ある美容室では、このドライヤーは使えば使うほど髪が太くなり、「髪が増えた」という効果を口にするお客もいるんだとか。まさに魔法のドライヤーだと評判です。

ドライヤーでハゲや薄毛に効果があるというのは信じがたい話ですが、髪のプロである美容師が言っていることですから本当のようです。

気になるそのドライヤーは、医療や美容の技術開発・製造を行っているリュミエリーナが販売中の「ヘアビューザー」です。

>>正規品リュミエリーナ 【ヘアビューザー】 エクセレミアム2

遠赤外線で毛髪の潤いを取り戻す

新世代オススメドライヤー「ヘアビューザー」は、特殊なセラミックによって複数の遠赤外線を発生させるのが特徴です。水分子の活動を活発化させる働きを持つ遠赤外線を当てることで、毛髪の水分密度が上がり、潤いを取り戻すのだといいます。

「艶が出る」「サラサラになる」「ハリとコシが出た」など評判が広がって、ドライヤーとしては割高な税抜22,500円という値段にも関わらず、雑誌でも取り上げられるくらい人気です。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 
 

従来のドライヤーと「ヘアビューザー」の違い


従来のドライヤーは髪の天敵

健康な髪の水分割合は11~13%で、そこに従来のドライヤーで熱を当てると7~8%に水分割合が下がってしまいます。しばらく時間が経てば髪は空気中の水分を吸収して元の状態に戻ろうとしますが、繰り返しドライヤーを使用することで、髪が乾燥しやすい性質に変わっていまい、傷みも激しくなっていきます。

ヘアビューザーは水分量を保ちながら乾かす

ところが「ヘアビューザー」は、遠赤外線を当てることで髪の水分子の活動を活発にするので、水分量を保ちながら髪を乾かすことができます。

ハゲや薄毛への効果は?


水分量が少なくなると髪の表面が毛羽立ったり、ザラザラになったりして、手櫛やブラシに引っかかりやすくなります。

しかし新世代ドライヤー「ヘアビューザー」を使うと、水分量を維持してくれるので、髪の指通りがなめらかになる人が多いといいます。そのため、手櫛やブラシを使っても髪が絡まなくなって抜け毛が減ると考えられます。

つまり「髪が生える」効果ではなく、「髪が抜けにくくなる」効果だと考えられます。

抜け毛・薄毛に悩む人からすれば、髪が抜けにくくなれば、「髪が増えた」と感じることもありそうです。しかし「ヘアビューザー」が「魔法のドライヤー」といわれるのは、これだけではありません。

遠赤外線による思わぬ副産物


遠赤外線は、光線の波長が長いので頭皮の内側まで届き、血行を促進する効果が考えられます。

髪の栄養となるアミノ酸・ミネラル・ビタミンなどは頭皮に張り巡らされた毛細血管を通して毛根に運ばれます。血行を促進することで髪が生えやすい栄養状態となり、育毛サロンなどの頭皮マッサージと同じような効果を得ている可能性があると考えられます。

発毛効果のある医薬品成分「ミノキシジル」は、もともと血管を拡張する薬として開発されたものでした。血行と発毛には、深い繋がりがあるのです。

遠赤外線による副産物「血行促進効果」もあるという「ヘアビューザー」。ぜひ一度使って効果を実感してみたいものです。
 
 

<スポンサードリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEW

PAGE TOP