スタートトゥデイ(ZOZOTOWN)年収や株価 社長の子供が3人など?「マツコ会議」で独特な社風が取材される

社長の前沢友作さんがタレントでモデルの紗栄子さんとの交際を報じられたことで、前沢友作さん本人はもちろん「ZOZOTOWN」を運営する株式会社スタートトゥデイも何かと話題になっています。

そんなスタートトゥデイ(ZOZOTOWN)に、2015年10月31日(土)  23時00分から日テレで放送の「マツコ会議」も取材することになりました。番組では、その独特の社風にフォーカスするといいます。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

スタートトゥデイ(ZOZOTOWN)


株式会社スタートトゥデイは、大手オンラインショップサイト「ZOZOTOWN」を運営しています。1998年設立当初は海外で仕入れてきた輸入CD・レコードなどの販売がメインでしたが、次第にアパレルメインに変化していきました。

スタートトゥデイ(ZOZOTOWN)の年収・給料


スタートトゥデイ(ZOZOTOWN)の平均年収は、2014年度が505万円で、給料にするとおよそ37万円になります。
スゴいのは、毎年平均年収が上がっているところです。2010年度は436万円、2011年度は440万円、2012年度は469万円、2013年度は479万円、そして2014年度は505万円と、文字通り右肩上がりとなっています。

例えば29才の勤続年数4年で、年収505万円だったりします。給与体系はかなりいいほうではないでしょうか。

スタートトゥデイ(ZOZOTOWN)の株価


スタートトゥデイ(ZOZOTOWN)は、社長の前沢友作さん(39才)が大リーグのダルビッシュ有選手の元嫁でタレント・モデルの紗栄子さん(28才)と交際していることがわかった10月19日に、株価が急上昇しています。

前日比175円高の4190円となり、4.36%上昇となったのでした。日経平均株価は、前日比160円57銭(0.88%)安の18,131円23銭だったさなか、脅威の上げ幅だったといいます。

社長の前沢友作さんがアメリカの経済誌フォーブスの2015年4月発表の「日本の富豪トップ50」で23位に当時資産1800億円でランクインし、現在は資産2000億円を超えるとの報道もあって、一気に注目を集めたからといわれています。

スタートトゥデイ(ZOZOTOWN)の採用 2015


スタートトゥデイ(ZOZOTOWN)は、2015年1月9日(金)12:00締め切りで、2016年度採用の募集が終わっています。試用期間3ヶ月で給与は20万円となっています。

スタートトゥデイ(ZOZOTOWN)のボーナスはいくら?


スタートトゥデイ(ZOZOTOWN)のボーナスはいくらだか、具体的に金額はわかりませんが、基本給が全員同じで、そこに役職手当がつくという給与体系になっています。そして、ボーナスは基本給にかけて算出されるので、役職が同じひと同士は、給料もボーナスも同じになるというちょっとおもしろいことになります。

普通の会社だと、同僚や上司部下が実際にいくらもらっているかはわからないのが当然だったりしますからね。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

スタートトゥデイ(ZOZOTOWN)の上場


スタートトゥデイ(ZOZOTOWN)は、2007年に東証マザーズに上場、2012年2月には市場を変えて東証一部に上場しました。

1995年、社長の前沢友作さんが高校卒業後に彼女についていってアメリカに行ったときに、ハードコアのライブ会場でCD以外にも、食べ物や衣類が販売されているのに衝撃を受けています。現地で買ったCDやレコードを、帰国後に当時自分がバンドをやっていたライブ会場で販売しています。

そのことがきっかけで、輸入CDやレコードのカタログ通販を始めたのでした。自宅の押入れを倉庫代わりにして、注文は電話とFAXでうけていたといいます。

1998年、ここで有限会社スタートトゥデイが誕生します。通販で忙しいなか、バンドもメジャーデビューして、寝る暇もなかったそうです。

1999年、カタログ通販からネット通販に切り替え、販売するものも、CDレコード以外にアパレルを始めます。今でこそ当たり前ですが当時はアパレルをネットで売るというの概念は珍しかったので、ブランドに営業に行くと馬鹿にされて門前払いされたこともあったそうです。

2000年、通販サイト「eproze(イープローズ)」をオープンさせますが、取り扱いブランドは3つだけでした。
2002年、女性スタッフが増えたのを機にレデイース専門通販サイトを作り、ほかにも通販サイトを複数作りました。
2004年、ついに「ZOZOTOWN」が誕生します。サイトの世界観を表現するあの、街のデザインは、著名な建築家にデザインを依頼したそうです。

スタートトゥデイ(ZOZOTOWN)の社長の子供は3人


スタートトゥデイ(ZOZOTOWN)の社長の前沢友作さんは独特な考えをもつ「結婚しない男」で、事実婚のお嫁さん2人に子供が3人いますが、結婚したことは一度もないそうです。子供の認知はしているそうです。

「子供は欲しいけど結婚はしない」と公言しているんだとか。

夫婦が「結婚」で縛られるより、自由にいつでも恋したり仕事に集中できるほうがお互いのために幸せだという型破りな考え方を持っています。交際相手に子供ができても、愛情をたっぷり注いで金銭面もしっかりフォローすれば問題ないという考えかた。

理に適っている面はありますが、お金を持っていないと無理ですね・・・。紗栄子さんなんてダブビッシュ投手から養育費毎月200万もらってるんでから。普通の男性には絶対払えない額です。

子煩悩として知られている前沢友作さんは、自分の子供を刺青するほど愛しているようです。以前、ツイッターで以下のように発言していました(現在は削除されています)。
 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP