【仕事の悩み】頑張っても仕事で評価されないのはなぜか。今いる会社は自分の居場所?

会社で頑張っても、仕事で評価されないのが苦痛に
なっている人、不満やストレスになっている人は多いかもしれません。

会社で周りの人たちは仕事を認められ、昇進や昇給があるのに
自分は頑張っても評価されないとなると、いっそう辛いですよね。

会社に入りたての20代の頃は、同僚たちとは横並びですが、
次第に差が出てきて、同じよう頑張ってるはずなのに
自分だけ評価されないとなると、苦しくて仕方がなくなる場合もあるとおもいます。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

頑張っても仕事で評価されないのはなぜか


なぜ、評価される人とされない人に分かれてしまうのでしょうか
冷静に状況を見て観てるときっと違いがあるはずです。

会社での仕事にかぎらず、評価される・されないは、
友人関係・知人関係、家族、学校などあらゆる人間関係で起こることです。

仕事で評価されない人の特徴


頑張っても仕事で評価されない人は、どこかポイントが
外れてしまっていることが多いです。
例えば作業をこなすスキルはあり、そこは評価できるものの
会社として重要視しているチームワークに欠けるなどといったことがあります。

会社側から見た場合の評価ポイントとして、
次のようなことが考えられます。
・作業など技術的なスキル
・他人との接し方、コミュニケーションスキル
・話し方
・仲間と協力してチームワークで仕事ができるか

作業など技術的なスキルは、訓練すれば誰でも
会社が望んでいるある程度一定の基準には達することができます。
ただ、コミュニケーションスキルについては、
訓練で身につく部分もありますが、
それまでの生き方や、普段のライフスタイル
生まれてから形成された性格などが影響しています。

頑張っても仕事で評価されない人の特徴として、
コミュニケーションに問題があることが多いのは事実ではないでしょうか。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

会社が仕事に求めるものを満たしているか?


仕事で評価される人の特徴として、
会社が仕事に求めるものを満たしているという点が挙げられます。

会社から見たら、
技術はあるが人間関係で問題がある人よりも、
個人の技術はそこそこでも仲間と協力したり、
技術のある人に上手く頼んだりして、総合的に成果を出せる人のほうを
評価するのが当然でしょう。

自分の力を発揮できる適材適所にいるか?


頑張っても仕事で評価されない場合、
そもそもその会社で、自分のちからが活かせないポジションに
就いていることも考えられます。

適材適所という言葉があるように、
ある技術において優れた能力があるのであれば
その力を活かせるポジションにいるほうが絶対に有効ですよね。

例えばモノを作るクリエイティブな仕事が得意なのに、
目の前のことをこなすだけの仕事に就いていたら、
能力を充分に発揮できないですし、イライラやストレスが溜まって
周りとの人間関係も悪くなっていき、
どんどん「評価されない」悪循環へと陥ってゆくことでしょう。

仕事で評価される人とされない人の違い


仕事で評価される人とされない人の違いとして、
会社が求めることをしているか?
適材適所に就いているか?
を挙げてみました。

この他にも、人間としての基本的な原因として、
・やる気が空回りしている
・自信がない
・自分の置かれた状況に文句をいい、他人をいつも気にする
・認められたいという承認欲求が強すぎる
・人のせいにする
といったこともあります。

会社にあった仕事をしているか


いまいる会社での仕事で、自分を変えてもう一度頑張ってみるのも
良いかもしれませんが、
もうひとつの方法として、
自分にあった仕事とは何かを探してみるというのもいいかもしれません。

何が自分にあった仕事なのかは、知人や友人に相談するもいいですが、
転職のエージェントに相談するのもいいでしょう。
もし天職に出会えれば、
適材適所に対するストレスはなくなりますから(ゼロはないでしょうけど)
自分の居場所を見つけたことにより、
人間関係も今までよりかはスムーズにいくことが考えられます。
 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP