プライベートと仕事を分けることが出来る男はカッコイイ!休日を充実して過ごすために

プライベートと仕事を分けることが出来る男と、
分けることが出来ない男、どっちがカッコイイかといったら
分けることが出来る男のほうではないでしょうか。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

プライベートと仕事を分けることが出来る男は 余裕がある


プライベートと仕事を分けることが出来るということは、
「仕事ができる」ということですね。

「仕事ができる」とはどういうことかというと
自分の力の範囲を理解していることだと思います。
自分のことをわかっていれば、無理をしないで
余裕を持って仕事をすることができるからです。

また、仕事ができる男は、自分ひとりで仕事しようとしません。
周りに助けを求め、仲間を頼りにして上手に協力してもらいます。
仕事ができない人に限って、自分だけで解決しようとすることがあるようです。

適度に息抜きもします。休憩をしないでずっと仕事を続けていても
集中力がずっと続くわけではないからです。
休みの日にはしっかり休みも取ります。
そうして、プライベートと仕事を分けることで、
プライベートを充実して過ごす余裕も生まれます。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

プライベートと仕事を分けることが出来ない男は 余裕がない


プライベートと仕事を分けることが出来ない男は
分けることが出来る男の正反対で、
自分の技量を知らず、無理をして、他人に協力を求めず
仕事にどっぷりで息抜きもしないでいたります。

特徴としては、いつも忙しそうにしていることです。
何かというと「忙しい。あぁ忙しい」と言い、
イライラしていることもしばしばです。
周りがのんびりに見えるので、彼らに「もっとテキパキ動け」と
文句を言うこともあります。

「忙しい=仕事をしている。仕事が出来る。」と勘違いしていることもあるので、
チームで仕事する場合には周りから厄介な存在になることもあります。

忙しく動きまわっていますが、生産性は悪く、
見た目ほど仕事は進んでいません。
しかし本人はそれを認めないので厄介です。

それに、自分の技量を理解していないので
余計な仕事も引き受けてしまい、こなすことが出来ず、
休憩をとる余裕がない、休みをしっかり取る余裕がない
という事態に陥ります。

休日も、仕事が中途半端なままなので
気が休まらないまま休日を過ごすか、
休日出勤して忙しく仕事をするということになってしまいます。

いつも余裕がないので、
仕事でミスをするときには、けっこうな大失敗をする確率も上がります。

プライベートと仕事を分けることが出来るように


プライベートと仕事を分けることが出来るようになるための
一番の近道は、仕事が出来るようになることですね。

仕事が出来るようになるというと難しく聞こえますが、
自分の力を過信しないで、
仲間を頼って、
休憩はきちんととってメリハリをつけましょう。

仲間とのコミュニケーションも生まれて信頼関係ができますし、
仕事するときとや休むときでメリハリをつけることで
集中力もあがりますね。

ただ単純に「プライベートでは仕事のことは考えない!」という
極端なものではなくて、
仕事をきちんとすることで、プライベートをすっきり過ごせるというのが
「プライベートと仕事を分ける」理想的なカタチのひとつだと思います。
 
 

<スポンサードリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEW

PAGE TOP