オリオン座流星群2015の時間と方角 見頃な理由も解説!

稀に見る天体イベント、「オリオン座流星群2015」が話題になっています。
10月21日(水)今夜、東の空で、オリオン座流星群が「極大」になります。
観測できる時間と方角、そして見頃な理由をご紹介します。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

★オリオン座流星群2015の時間と方角


オリオン座流星群2015は、10月22日(木)の未明から夜明けが見頃です。
10月21日(水)のよる12時から22日(金)の夜明け前ということですね。

よる12時(深夜0時)には、東の空にオリオン座が現れ
そのオリオン座を中心にして空全体に、
星が流れていくといわれています。

運がよければ1時間に最大20個くらい観測することが期待できるんだとか。

・時間・・・10月21日(水)のよる12時から22日(金)の夜明け前
・方角・・・東の空

★オリオン座流星群2015 見頃な理由!


なぜ、「オリオン座流星群2015」が21日よる12時に見頃かというと
月とオリオン座の関係が、好条件になっているからです。

それは、夕方6時頃は真上にある月が、
よる10時頃には月がだいぶ下がり、
よる12時(深夜0時)になると、月は空からいなくなって
代わりにオリオン座が45度くらいの角度であがってくるので
見えやすくなります。

月明かりが邪魔しないので、
「オリオン座流星群2015」が極大に見えるということですね。

また、オリオン座は有名でみなさん知っているので
「オリオン座流星群2015」は見つけやすいとおもいます。


 
 

[スポンサードリンク]

 
 

★オリオン座流星群2015 天気は?


西日本や東日本では観測できそうです。

北日本は雨の兆候がありますが、
当日は高気圧に覆われて天気が回復する見込みです。
ただ、朝は冷え込むので観測する際は、寒さ対策が必要ですね。

よる10時の段階では、南と北に雲の塊が見えます、
関東には薄い雲がちょっとあるくらいです。
関東では、絶好の流星群観測の夜になりそうです!

また、夜おそくは気温が下がり冷え込むので、
暖かい服装で楽しむようにしましょうね

ちなみに、「流星(りゅうせい)」という苗字のひとは実在するそうです。
ずいぶん派手な苗字ですね。芸能人みたい・・・。
 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP