さいたま国際マラソンのコース解説と招待選手や芸能人!試走しているランナーもたくさんいる

新たな国際マラソンの舞台として選ばれたのは、埼玉県さいたま市。スタート地点は、さいたま新都心の象徴であるさいたまスーパーアリーナまえです。ここから、リオデジャネイロ五輪への挑戦が始まります。コースを試走している一般のひともたくさんいますね。

さいたま国際マラソンのコース解説と招待選手や芸能人などを、大会概要とテレビ・ラジオ放送予定とあわせてご紹介します。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

さいたま国際マラソン 大会概要 場所と時間


・場所
さいたまスーパーアリーナがスタート地点であり、ゴール地点

・時間
2015年11月15日(日)あさ9:00スタート

・部門別

 ・日本代表チャレンジャーの部(フルマラソン、女子)・・・9:10スタート
 ・一般(サブ4)の部(フルマラソン、男女)・・・9:40スタート

 ・3kmの部(中学生女子)・・・10:00スタート
 ・3kmの部(中学生男子)・・・10:05スタート
 ・3kmの部(高校生以上)・・・10:10スタート

 ・1.5kmの部(小学5・6年生の男女)・・・10:30スタート
 ・親子ファンランの部1.5km(小学1~4年生の児童と保護者)・・・10:35スタート

さいたま国際マラソン テレビ放送予定


日テレ系テレビ・・・
「日本代表チャレンジャーの部」を
2015年11月15日(日)朝9:00から放送予定です。

テレビ埼玉・・・
「一般(サブ4)の部」「3kmの部/1.5kmの部/親子ファンランの部」を
生中継予定

スカパーCS・・・
「日本代表チャレンジャーの部/一般(サブ4)の部」を
録画放送予定

さいたま国際マラソン ラジオ放送予定


文化放送・・・
「日本代表チャレンジャーの部/一般(サブ4)の部」を
生放送予定

さいたま国際マラソン リオデジャネイロ五輪の代表選考基準


今回の「第1回さいたま国際マラソン」と、
2015年8月の北京「第15回世界陸上競技会選手権大会」、
そして来年2016年1月の大阪「 第35回大阪国際女子マラソン」、
3月の名古屋「名古屋ウィメンズマラソン2016」での結果が選考基準となります。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

さいたま国際マラソン コース解説


【スタート地点】
まず、新都心ビル郡を抜け、国道17号を南下。北浦和駅前を抜けると、日本一の長さを誇るけやき並木を西へ・・・。
【5キロ】
5キロをすぎると今度は東へ。JR線路を超える新浦和橋が今大会最大のアップダウンです。
【10キロ】
駒場運動公演を左目に、中尾陸橋交差点を左折して、10キロ地点を通過。迎えるのは、「大ケヤキ」が目印の山崎の折り返し地点です。
【15キロ】
今度は南下して、中尾陸橋を左折し、15キロを通過すると、新見沼大橋優良道路。料金をパスしていきます。
【20キロ】
浦和美園駅の手前で左折して20キロを通過。見えてくるのは、サッカーワールドカップの舞台である埼玉スタジアム2002。ここが2つ目の折り返し地点となります。
【25キロ】
中間地点を過ぎ、再度国道463号に戻ると、辺りは田園地帯となります。25キロを超えて、越谷市の神明町で3つめの折り返しです。ここからは埼玉新都心へと戻ります。
【30キロ】
東北自動車道を超えて30キロ通過。マラソンはいよいよ終盤に突入します。
【35キロ】
新見沼大橋優良道路を戻って、中尾陸橋の立体交差を超えて35キロ。
浦和駒場スタジアムのある、浦和駒場公園まえを右折してついに架橋へ。
【40キロ】
北浦和駅前から旧中仙道を北上・・・この道は江戸時代から歴史ある街道、大観衆に包まれるでしょう。さいたま新都心駅の東側40キロをすぎて、吉敷町を左折。JRのアンダーパスをくぐる下りと登りが最後の勝負どころです。
【ゴール】
新都心を回りこみ、フィニッシュ地点はさいたまスーパーアリーナです。

さいたま国際マラソン
※出典 さいたま国際マラソン公式サイト

さいたま国際マラソン 招待選手


★招待選手、国内からは7選手。

渋井陽子選手(36才 三井住友海上)は、元日本記録保持者。吉田香織選手(34才 東京陸協)は、川越女高の出身です。
また、中里麗美選手(ニトリ)は2011年世界選手権10位、那須川瑞穂選手(ユニバーサルエンターテインメント)、小田切亜希選手(天満屋)、古瀬麻美選手(京セラ)、ケバソ選手(ニトリ)が参加します。

さいたま国際マラソン 芸能人


女性芸能人 最速ランナー 西谷綾子さん

女性芸能人 としては最速といわれる西谷綾子さんが参加予定です。西谷綾子さん
は、フルマラソンでの自己ベストタイムが3時間3分3秒で、「東京マラソン」でも2011年から芸能人の女子枠で4連覇を成し遂げたタレントさんです。

 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP