ホワイトデーお返しの相場!義理と彼女それぞれいくら?渡すときには一言そえて喜んでもらおう

毎年3月14日にはホワイトデーが必ずやってきます。
会社務めしていれば義理チョコは自動的に配布されますね。
彼女がいれば、お返しをどうしたらいいか悩む時期です。

ホワイトデーを完全攻略している男性にとっては楽勝かもしれませんが
そうでない男性にとっては、毎年頭を悩ますイベントですね。
義理と彼女、それぞれのいくらぐらいの相場でお返しを買ったらいいのか
気になります。

義理のお返しの場合は、周りの男性より安いと好感度が下がってしまうかも
しれないと心配したり
彼女へのお返しの場合は、喜んでくれなかったらどうしようと悩みひとも多いでしょうね。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

ホワイトデーのお返しの相場 彼女の場合


バレンタインデーでもらったチョコレートの金額と
同じくらいの相場のお菓子か、それ以上の金額のものがオススメですが、
具体的な金額としていわれているのは
5,000円以内です。

5,000円~10,000円の範囲でも大丈夫ですが、
それ以上の金額になると、重たく受け止められて
かえって女性が引いてしまう可能性があるので注意です。

相場がわかったところで、では何を選ぶべきでしょうか。
相場の範囲だからといって適当に選べば、女性は簡単に気づきます。
センスのないものを選んでも同様で、女性は敏感に感じ取ってしまいます。

ホワイトデーのお返しのお菓子としては、
特別な人を意味するマカロン、好きを意味するキャンディー、
友達を意味するクッキー、もっと仲良くを意味するマドレーヌ、
といった、意味のあるお菓子がありますが、
特に意味はないとされるチョコレートやケーキのほうが
女性にとっては人気だそうです。

また、実は、お菓子よりも本当に一番うれしいのはアクセサリーなんだとか。
ただ、アクセサリーの場合は、選ぶセンスがかなり重要になってくるので
女性がもらってガッカリするのもアクセサリーだというから皮肉なものです。

アクセサリーでは、ティファニーがダントツ1位だといいますが、
何を買えばいいか迷ったり、センスに自信がない人は
いっそのこと彼女と一緒に選んでしまっていいと思います。
彼女に言い出しづらい場合は、
ネット通販の画面をそれとなく見せたり、街デートでそれとなく店に入ったりして
彼女の「これ欲しい」という言葉を引き出してみましょう。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

ホワイトデーのお返しの相場 義理の場合


バレンタインデーで義理チョコをくれた女性に対して
ホワイトデーのお返しをする際の相場は、
500~1,000円です。

理由は、バレンタインデーで女性が義理チョコを買う相場が
500~1,000円だからです。

ちなみに、60%の女性は義理チョコのお返しを
「いらない」ということで、期待していません。
とはいいつつも、
お金を払って買ってくれたわけですし、
ホワイトデーに何もお返しをしないよりかは
お返しをしたほうがきっと好感度はあがります。

相場がわかったところで、では何を選ぶべきでしょうか。
相場の範囲だからといって適当に選べば、女性は簡単に気づきます。
センスのないものを選んでも同様で、女性は敏感に感じ取ってしまいます。

義理のお返しの事例としてこんなものがあります。

・友達を意味するクッキー
・女性に人気のチョコレート
・お菓子と相性がいい紅茶
・使えばなくなる入浴剤(せっけん、シャンプー)
・春の寒い時期にちょうどいいロクシタンのハンドクリーム

食べてなくなる、又は使ってなくなるものが良いということですね!

ホワイトデーのお返し 渡すとき


ホワイトデーのお返しを渡すとき、
なぜそのアイテムにしたのか、理由を話すと、
女性が喜ぶ演出にできます。

彼女にティファニーのネックレスをあげるなら
「欲しがってたよね」とか、
マカロンなら「マカロンには特別な人という意味があるから」とか
言っちゃましょう。

義理チョコの場合でも
例え500円のクッキーでも
「友達の意味があるクッキーです。これからも仕事仲間としてよろしくね」
など話しちゃいましょう。

せっけんを渡すときに、
「店員さんのオススメで香りがよかったから」でも大丈夫です。

女性は話すのが好きですし、
意味付けや占いが好きですから、
理由や意味を持たせるとコミニュケーションが生まれて
その後の関係が豊かになると思います。
 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP