東京モーターサイクルショー2016の日程とチケット。駐輪場とアクセス方法もチェック!

バイク好きな男性にはたまらない1年に一度のイベントである「東京モーターサイクルショー」が2016年の今年も開催されます。

2015年には来場者数が過去最高の13万人を記録した「東京モーターサイクルショー」。2016年の日程やチケットの購入方法、バイクで行った際の駐輪場、各種アクセス方法についてまとめました。

東京モーターサイクルショー2016の日程


「第43回東京モーターサイクルショー2016」は2016年3月25日(金)~3月27日(日)の3日間開催されます。

★開催概要

開催期間:3月25日(金)~3月27日(日)

一般公開:3月25日(金)13:00~18:00
     3月26日(土)10:00~18:00
     3月27日(日)10:00~17:00

特別公開:3月25日(金)10:00~13:00

場所:東京ビッグサイト

特別公開とは、参加企業や招待客に公開される日程です。なので、特別公開のチケットは一般には販売されません。

参考として、こちらは2015年の東京モーターサイクルショーの動画です。

東京モーターサイクルショー2016のチケット購入方法


「東京モーターサイクルショー」のチケットは、前売り券と当日券の2種類があります。

3月24日までは前売り券価格で購入できますが、3月25日からは当日券価格になってしまいます。

★前売り入場券

販売期間:
税込価格:大人1,300円 高校生500円(中学生以下無料)

★当日入場券

販売期間:
税込価格:大人1,600円 高校生500円(中学生以下無料)
     男女ペア券 2,600円

※前売り券には男女ペア券はありません。

チケットは、2016年1月25日(月)から前売り入場券が販売されます。
・キョードー東京
・チケットぴあ
 店頭:ぴあ、セブンイレブン、サークルKサンクス
・CNプレイガイド
 店頭:セブンイレブン
・ローソンチケット
 ローソンLoppi、ミニストップLoppi
・イープラス
 店頭:ファミリーマートFamiポート
・楽天チケット

チケット購入の詳細についてはこちらをご覧ください>>東京モーターサイクルショー2016チケット情報

東京モーターサイクルショー2016の駐輪場・駐車場


駐輪場

駐輪場は3箇所用意されています。

3月25日(金)~3月27日(日)の3日間利用できる駐輪場
※駐車できるのは二輪車だけです。

西屋外駐車場

駐輪台数:600台
営業時間:8:00~19:00
利用料金:二輪車 1回500円

有明客船ターミナル駐車場

駐輪台数:200台
営業時間:8:00~19:00
利用料金:二輪車 1回500円

3月26日(土)~3月27日(日)の2日間のみ利用の駐輪場

有明東臨時駐車場

駐輪台数:1500台
営業時間:8:00~19:00(最終日は18:00まで)
利用料金:二輪車 1回500円

access_roadmap
※引用 東京モーターサイクルショー2016公式サイト

駐車場

車は「東京ビッグサイト駐車場」はじめ「青梅臨海駐車場」など有料駐車場がいくつもあります。

>>「東京ビッグサイト駐車場」の空き状況確認はこちら
>>「青梅臨海駐車場」の空き状況確認はこちら

東京モーターサイクルショー2016のアクセス方法


「東京モーターサイクルショー2016」は東京ビッグサイトで開催されます。

★電車でのアクセス

・りんかい線「国際展示場」駅 徒歩約7分
・ゆりかもめ「国際展示場正門」駅 徒歩約3分

★バスでのアクセス

・都営バス「東京駅」から乗車約40分
     「門前仲町」から乗車約30分
     「豊洲駅」から乗車約15分
・Kmフラワーバス「浜松町駅」から乗車約40分
・京急バス「横浜駅東口」から乗車約50分

★空港からのアクセス

・「成田空港からリムジンバス」約60分
・「羽田空港からリムジンバス」約25分

★水上バスでのアクセス

・日の出桟橋から乗船約30分

★車・バイクでのアクセス

・都心方面「首都高11号 台場線」→「台場出口」から約5分
・横浜羽田方面「首都高 湾岸線」→「臨海副都心出入口」から約5分
       「首都高10号 晴海線」→「豊洲出入口」から約5分
・千葉葛西方面「首都高 湾岸線」→「有明出入口」から約5分
       「首都高10号 晴海線」→「豊洲出入口」から約5分

まとめ


バイク好きな人はもちろん、車好きな人や、バイク・車好きでない人も「東京モーターサイクルショー」は楽しめます。1年に一度のイベント、ぜひ楽しんでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEW

PAGE TOP