【砂の塔】ドラマ原作読んで最終回結末までネタバレ「菅野美穂があの人を・・・」(上巻の前半)

菅野美穂さん主演のドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人」の原作小説を読んだのであらすじから結末ネタバレに迫ります。

ドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人」は、タワーマンションを舞台に繰り広げられる、母親たちのプライド・虚栄心・嫉妬などが交錯する「女たちの闇」が描かれると同時に、連続幼児失踪事件「ハーメルン事件」もおこる、サスペンスです。

原作小説を読んでドラマの結末ネタバレを紹介するので、ドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人」を見れなかったひとや、テレビで見るほど興味はないけど内容は知っておきたい人は参考になればと思います。

原作小説上巻の前半に触れます。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

■菅野美穂主演ドラマ「砂の塔」キャスト


■スカイグランドタワー豊洲■

■26F
・佐々木弓子 42才(松嶋菜々子)
 亜紀より少し前に引っ越してきた。
 NY生まれで、旦那は海外赴任中。
 自宅でラワーアレンジメント教室をオープン。
 ママ友問題で苦労する亜紀を助けてくれる。
■25F 高野家
・嫁:高野亜紀 38才(菅野美穂)
 専業主婦。下町の商店街生まれ。
 旦那は普通のサラリーマン。
・旦那:高野健一 42才(田中直樹(ココリコ))
 堅食品会社のケータリング事業部で働く。
 偶然安かったタワマンを無理して買ったがローンが心配。
・長男:高野和樹 15才(佐野勇斗)
 家族の面倒見がいい高校1年生。
・長女:高野そら 5才(稲垣来泉)
 幼稚園生。元気で甘えん坊。

■最上階50F 阿相家
・嫁:阿相寛子 46才(横山めぐみ)
 最上階に住むボスママでプライドは雲より高い。
 旦那は社長でセレブな生活。
・旦那:阿相武文 54才(津田寛治)
 イベント企画運営会社社長。
 嫁に頭があがらない代わりに外で羽を伸ばしまくる。
■45F
・橋口梨乃 45才(堀内敬子)
 夫婦でハーバード出身の教育ママ。
 いい人っぽいが、実はボスママ。寛子の機嫌を伺っている。
 子供は2人。長女・成美と、幼稚園の美央。
・橋口成美 15才(川津明日香)
 和樹のクラスメイト。クラスの人気者。
■38F
・柳 汐里 36才(音月 桂)
 子の言いなり。派手なブランド品が好み。
■32F
・三浦篤子 32才(佐藤乃莉)
 赤ちゃんがいることを理由にママ友会から逃げる。
■2F
・尾野綾香 27才(ホラン千秋)
 若いママ。自慢は大学時代ミスコンに選ばれたこと。
 2Fに住んでいるのがコンプレックス。

■亜紀の幼馴染で初恋の人
・生方航平 28才(岩田剛典(三代目J Soul Brothers))
 タワマンのセレブママが子供を通わす体操教室のコーチ。
 子供にも親にも好かれる好青年。
 家族やタワマンの人間関係に苦しむ亜紀のよき相談相手。
■健一の会社の上司
・猪瀬伸二 53才(木村祐一)
 部下がタワマンを買ったことにいちいち絡むねっちこい性格。
■亜紀の母親
・三田久美子 70才(烏丸せつこ)
 亜紀の大学生の時に旦那が亡くなり、多額の借金を残したまま別の男のもとへ行ってしまった。
 そのせいで亜紀はお金で苦しんだので、亜紀から恨まれている。
 今もことあるごとに亜紀に会いにくる目的とは?
■警視庁捜査一課「特殊捜査班」
・名物刑事:荒又秀実 54才(光石研)
 タワマン周辺で起きる連続誘拐事件を捜査。
 超愛妻家。
・若手刑事:津久井琢己 29才(上杉柊平)
 先輩刑事の荒又を尊敬。

■菅野美穂主演ドラマ「砂の塔」あらすじ


平凡ながらも家族仲よく暮らしてきた主婦、高野亜紀(菅野美穂)は、家族で憧れのタワーマンションに引っ越してきた。
豪華ホテルのようなマンションでの新たな生活にウキウキする一家だったが、それも束の間…
そこに住むセレブ主婦たちが作った『タワマンルール』に、亜紀はア然としてしまう。
◆“何階に住んでいるか”によってエレベーターの場所まで違い、小学生同士でさえも低層階の住人が高層階の人々に見下されてしまうという「フロア差別」
◆一回5000円!高額すぎるが、参加しないと村八分にされてしまうという「地獄のランチ」
◆“子ども達の成長のために”という名目ながら、実は母親たちの“見栄の展示会”である「強制ハロウィン」
他にも「ゴミ出しにも正装」「園バスは学費の順に並ぶ」などなど、外部から見るとどう考えても“変”なローカルルールに、皆が縛られているのだ。

プライドや虚栄心にまみれたタワマン主婦たちに振り回されつつ、子ども達がこの新たな環境で浮いてしまわないために、必死で馴染もうとする亜紀。

■幼馴染と再会
ママ友たちの勧めにより、とある体操教室を見学に行く亜紀。そこで、かつて隣に住んでいた年下の幼馴染・生方航平(岩田剛典)に再会する。
優しいコーチとして子ども達からの人気も絶大で、なおかつタワマン主婦の頂点に君臨するボスママ・寛子(横山めぐみ)が見え見えの色目を使っている中、実は亜紀にも他人には語れない“生方との秘密”があって———

■佐々木弓子との出会い
そんな中、亜紀は上の階に引っ越してきたばかりだという佐々木弓子(松嶋菜々子)と出会う。夫は海外赴任で子供はいなく、自宅でフラワーアレンジメント教室を開いている本物のセレブ。優雅で上品な容姿にもかかわらず、全く偉ぶることのない彼女に惹かれ、亜紀は弓子に心を許し、幼い娘・そらを連れて弓子の家を訪ねるようになる。本音で話せる唯一の友人ができて喜ぶ亜紀。

■連続幼児失踪事件「ハーメルン事件」
その頃、連続幼児失踪事件=通称「ハーメルン事件」が世間を騒がしていた。警察の捜査を嘲笑うように次々と幼児が失踪していくが、誘拐犯の手がかりは一切見つからない。ただ一つ、失踪現場に必ず残されている一輪の花=黄色いカーネーションを除いては…
その花には一体、どんな意味があるのか…?

警察の捜査が行き詰まる中、ベテラン刑事・荒又(光石研)は失踪した子の親たちの裏事情を知る中で、ある推理に辿り着く。
「犯人は、子育てをおろそかにしていた母親の子どもを狙ってるんじゃないのか…つまり犯人の狙いは、『愚かな母親たちへの断罪』!?」

豪華な衣装をまとい、すました笑顔を浮かべているタワマンの母親たち。
しかし彼女たちにはそれぞれに、人には言えない秘密があった。
そしてそれは、亜紀にさえも…

引用:http://www.tbs.co.jp/sunanotou/story/

 
 

[スポンサードリンク]

 
 

■菅野美穂主演ドラマ「砂の塔」ドラマ原作読んで最終回結末までネタバレ(上巻の前半)


原作小説上巻の前半に触れます。後半はまた別の記事で。

■高野一家が引っ越してきた
荒又と津久井の刑事2人。子供が行方不明になるのはこれで3人目だ。

そんななか、亜紀たち高野一家が引っ越してきた。
間取りは2LDK。中古での購入だが1500万円も安くて買えたしキレイだ。
テレビをつけると幼児連続誘拐事件のニュースが流れるが、ここはセキュリティ万全だと安心する。

そらを連れて幼稚園のバスが停まる場所へ行くと、セレブが4人いた。
50Fの阿相寛子、45Fの橋口梨乃、38Fの柳汐里、2Fの尾野綾香だった。
いきなり洗礼を受ける亜紀。はしゃいでいたことを注意される。

連続幼児失踪事件「ハーメルン事件」は公開捜査になったが、犯人からは何も要求がない。
ハーメルンとは、グリム童話に出てくる笛吹男のこと。
1人の男が大勢の子供を連れて消えてしまうという童話だ。
現場には、幼児の服と黄色いカーネーションが残されていた。

亜紀は1Fうえに最近引っ越したという優しそうな佐々木弓子に出会い、友達になりたいと思う。
しかし去っていく亜紀を見る目は、氷のような冷たい目に変わっていた。

■タワマンルール
亜紀はママたちから「ハロウィンパーテイー」のことを言われる。
一方、「フロア差別」はママだけでなく、その子供たちの間でも同じだった。そらは自分の母親が「地味」だといわれる。

ある日亜紀は、軽トラックの若い男性に、2Fの尾野綾香が後ろから抱き着いてキスをするのを偶然目撃して驚く。

ランチ会に誘われて亜紀が行くと、牛肉のワイン煮込みなど豪華なケータリングが。
会費はなんと5000円!驚く亜紀。
ママたちはセレブ自慢をして、亜紀は小さくなる…クリーニング屋の娘とは言えなかった。
そこへ26Fの佐々木弓子が登場。ハロウィンの飾り付けをするそうだ。

その時、ロビーから亜紀に来客の知らせがあり、行ってみると母親・久美子だった。
久美子は金の無心にきたのだ。亜紀は怒りながらも1万円を渡し、久美子は帰った。

■生方航平と再会
荒又と津久井の刑事2人は、3人目に失踪した幼児の事情聴取だ。
母親は、子供がいなくなった時間スーパーにいたというが防犯カメラに写っていなかった。
実際は、男と浮気していたのだ。
ちなみに2人目の失踪幼児の母親は、パチンコ。
1人目の失踪幼児の母親は、ネグレストだった。

犯人が残した「黄色いカーネーション」花言葉を調べると「軽蔑」だった。
もしかしたら犯人は「軽蔑すべき母親たち」の断罪なのでは?と荒又は指摘する。

亜紀はそらと26Fの佐々木弓子の部屋に挨拶に行った。部屋がハイセンスすぎて感嘆の声をあげる亜紀。
弓子は子供はいないが、キッズ向けのフラワー教室もやっているそうだ。

亜紀はママたちに誘われ、そらを連れて体操教室に見学にきた。そこでコーチが生方航平だと知り、動揺して立ち去る。
生方航平も亜紀に気づいて、追ってきた。
生方航平は亜紀の家の隣人で幼馴染だったが、亜紀は「人違いです」と誤魔化した。

そらは体操教室にかよいたいと希望するが、亜紀は生方航平に会いたくないので困る。
それを察して、和樹がそらを連れていくと言ってくれた。
当日、体操教室のあと和樹はそらとショッピングモールで亜紀にサプライズプレゼント(小箱)を買い、バッグに忍ばせた。

■歓迎ランチ会
亜紀の歓迎ランチ会が行われた。行ってみると高級レストランで主婦合コンだった。
若い男性が待っていたのだ。
会が始まると2Fの尾野綾香は飲み過ぎて潰れ、50Fの阿相寛子はそんな彼女を見下す。
亜紀は耐えきれず、トイレに行くと言って、店を出てしまった。

すると合コンの男がついてきて、亜紀が拒否すると突き飛ばされた。
その時、バッグから小箱が落ちて用水路に。
倒れる亜紀の手をとったのは、生方航平だった。
生方航平は「旦那のいない昼間に合コンですか」と非難した。
亜紀は事実を言えなかった。

亜紀が落ち込んで帰宅すると、和樹は不思議に思い、小箱のことを聞く。
落としてしまったと亜紀が話すと和樹は不機嫌になった。

合コンで飲み過ぎた2Fの綾香は、自宅で横になっていた。
そこにママ友クループLINEで、画像が流れてきた、「何これ」驚く綾香。

■綾香の浮気発覚
翌日のキッズルームでは、2Fの綾香はハブにされていた。
まだLINEを見てない亜紀がやってくると、ママ友から画像を見せられた。
画像は、綾香が軽トラックの若者にキスする写真だった。

綾香は、画像をばらまいた犯人が亜紀であると決めつけてきた。
2Fだから見下しているんだろうと。亜紀は否定するが信じてもらえない。
そして綾香が衝撃事実を明かす。
なぜ、亜紀の部屋は相場より安かったか?理由がわかった。

亜紀が住んでいる部屋の前の家族は、ママがママ友の中で孤立して、電車に飛び込み自殺した、
だから、事故物件ということで安くなっていたのだ。

驚く亜紀。

50Fの阿相寛子は上層階のママ友を連れて自宅へ。
今度のハロウィンは上層部だけでやろうと言い、亜紀はひく。
下層部のママたちをバカにする話題で盛り上がる。
皆が賛成するなか、亜紀が反論すると白い目で見られた。

すると寛子が今日、亜紀の部屋に行こうと強引に提案した。
亜紀はいったん帰宅して慌てて片付けや準備をする。
そこに26Fの佐々木弓子がやってきて、助けてくれた。弓子のおかげで部屋は見事に変わる。

寛子たちがやってきた。皮肉を言いたい寛子だったが、ハイセンスに飾られた部屋に文句を言えなかった。
他のママたちは感嘆の声をあげた。

■和樹とそらが亜紀へのプレゼント
亜紀は、26F弓子にお礼を言いに行った。
そこで弓子から、和樹とそらが亜紀へのプレゼントを買っていたと知る。あの小箱がそうだったのだ。

もう夜だが、亜紀は小箱を落とした用水路へ行き必死に探す。
そこに生方航平が通りがかり、一緒に探してくれた。そして見つかった。
帰宅すると、和樹とそらの前で小箱をあけ、ネックレスをつけた。

またお礼を言いに弓子に会いに行くと、花かごをプレゼントされた。

連続幼児失踪事件「ハーメルン事件」に進展が。
3人目の失踪現場付近から、小石についた微量の血液が検出された。
本人のものだった。

■弓子
弓子はタブレットから、綾香の浮気画像数枚を削除した。

2Fの尾野綾香は夫に浮気がバレて、夫はしばらく家を出ていった。
綾香は子供に、こうなったのは亜紀のせいだから、そらと仲良くしてはダメと言い聞かす。
綾香の部屋はラベンダーのブリザードフラワーが飾られていた。
花言葉は「不実な人」だ。

45F橋口梨乃の部屋にはホオズキのアランジがされた花かごがある。
ホオズキの花言葉は「偽り」だ。

50F阿相寛子の部屋にはピンクのユリの花かごがある。
花言葉は「虚栄心」だ。

26F佐々木弓子の部屋には、壁一面に並んだタブレットがある。
・2F尾野綾香
・45F橋口梨乃
・50F阿相寛子
・25F高野亜紀
モニターにはそれぞれの部屋が映っている。
それと、手元のタブレットには、亜紀が生方航平と用水路で笑顔で会話する様子も!
弓子は「嘘つきね」とつぶやく。

■タバコの吸い殻
ある日の朝、50F阿相寛子がやってきた。
敷地内でタバコの吸い殻が見つかったらしく、重大な規約違反だからと証拠写真つきでチラシを作って配っていた。

連続幼児失踪事件「ハーメルン事件」
小石についた微量の血液は本人のものだった。
しかし荒又は怪しむ。子供が知らない人に無理やり連れていかれたら、騒ぐはずだ。
だから犯人は、顔見知りか、子供の心を操るのが上手な人間だ。

35Fの直美が出産前の安定に入ったので、ベビーシャワーをしようとなった。
そこで幹事として亜紀に白羽の矢がたった。

■阿相武文と健一
高野健一は、業績の悪くなった会社から高いノルマを押し付けられ参っていた。
そんな気持ちでタワマンのバーにいると偶然、阿相武文と出会い、意気投合する。
阿相武文はケータリングを入れてもいいというのだ。
そして健一は、ママ友を集めて試食会を開いてほしいと亜紀に頼む。

また、健一がバーでタバコを吸おうとしたのを目撃した2Fの綾香が、ポイ捨て犯はお宅だろうと亜紀に言いに来た。
亜紀は否定するが、健一に聞くとポイ捨てはしてないが、ベランダで吸ったと認めた。
亜紀がママ友たちに謝罪すると、旦那を嘘つき呼ばわりされる。

50F阿相寛子からは、旦那の会社に営業する代わりに、ベビーシャワーで試食会をしてもよいといわれ、幹事をやらされる亜紀。
へとへとになって帰宅すると、のんきな健一の言葉で火が付き、爆発してしまった。

荒又と津久井の刑事2人は、幼稚園に聞き込みに行った。
すると3人目の失踪した子供の母親が浮気していことは、ママ友は全員知っていた。
荒又は確信し、犯人は女・・・主婦かもしれない。

阿相武文は健一の会社と200万円の契約することを決めてくれた。
ただし今月ではなく来月だ。試食会を先にして嫁・寛子の顔を立てるためだという。
手付金も求めるが断わられ、健一は自費で自分の会社に10万振り込んだ。

■ベビーシャワー、ダイパーケーキ
幼稚園帰りに亜紀は偶然、生方航平と会った。
生方航平はどうして自分を避けるのか不思議がっている。
生方航平は途中で引っ越したので、亜紀のその後を知らなかった。
亜紀は、大学1年のときに店が潰れたことや、母が出て行ったことなど話す。
航平が知っている亜紀の実家は、理想の家族だったので驚く。

亜紀は、自分と同じように、親のせいで子供が恥をかかせたくないから、実家を知っている人とは距離を置いていると話す。
航平は、誰にも話さないと約束してくれた。

帰宅するとベビーシャワーの準備を始める。
しかし花瓶を落としておむつを濡らしてしまい意気消沈する亜紀。
そこに弓子が偶然きたので事情を話すと、助けてくれるという。
和樹とそらも手伝ってくれた。

ダイパーケーキ(おむつで作ったケーキ)が出来上がった。
50F阿相寛子もびっくりするほどの出来だった。弓子のおかげだ。

その時、添付ファイル付きの怪しくも興味をそそられるメールが届いた。
亜紀はメールを開いた。

※上巻の前半はここまでです。続きは後半で。
この時点では、松嶋菜々子演じる佐々木弓子がかなり怪しいです。
しかし弓子が犯人というのも、ひねりがないので違うかも。
最終回では菅野美穂演じる亜紀が、子供を守るために犯人を殺すのでは?
>>上巻の後半
 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP