night-view-1304332_640

【砂の塔】7話あらすじネタバレと感想「夫婦の秘密写真とは」「犯人は生方航平なのか?」

2016秋の人気ドラマ「砂の塔」第6話のあらすじとネタバレと感想を紹介します。

「砂の塔」第6話では、どうやら弓子と健一に共犯の過去があるようだとわかりました。
ハーメルン事件は5人目の被害者が山梨で発見され、新展開を見せますがいまだ誰が犯人なのか、予想がつかない状況です。

また第7話では、また、亜紀夫婦には家庭を崩壊させるほどの秘密があるとか・・・。それは1枚の写真なのですがいったいどんな写真なのでしょうか?
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

■菅野美穂主演ドラマ「砂の塔」キャスト


■スカイグランドタワー豊洲■

■26F
・佐々木弓子 42才(松嶋菜々子)
 ママ友問題で苦労する亜紀を助ける一方、そうなるよう追い詰めた張本人。
 過去に1人殺している? 
 子供を1人失っている?
 健一とはある秘密を共有する仲。(殺人?子供?)
■25F 高野家
・嫁:高野亜紀 38才(菅野美穂)
 専業主婦。下町の商店街生まれ。
・旦那:高野健一 42才(田中直樹(ココリコ))
 堅食品会社のケータリング事業部で働く。
 偶然安かったタワマンを無理して買った。
 弓子とある秘密を共有している。(殺人?子供?)
・長男:高野和樹 15才(佐野勇斗)
 高校1年生。闇を抱えている。
・長女:高野そら 5才(稲垣来泉)
 幼稚園生。元気で甘えん坊。

■最上階50F 阿相家
・嫁:阿相寛子 46才(横山めぐみ)
・旦那:阿相武文 54才(津田寛治)
 イベント企画運営会社社長。健一を顎で使う。
■45F
・橋口梨乃 45才(堀内敬子)
・橋口成美 15才(川津明日香)
 和樹のクラスメイト。クラスの人気者。

■亜紀の幼馴染で初恋の人
・生方航平 28才(岩田剛典(三代目J Soul Brothers))
 タワマンのセレブママが子供を通わす体操教室のコーチ。
 子供にも親にも好かれる好青年。
 家族やタワマンの人間関係に苦しむ亜紀のよき相談相手。
■亜紀の母親
・三田久美子 70才(烏丸せつこ)
 亜紀の大学生の時に旦那が亡くなり、多額の借金を残したまま別の男のもとへ行ってしまった。
 そのせいで亜紀はお金で苦しんだので、亜紀から恨まれている。
■警視庁捜査一課「特殊捜査班」
・名物刑事:荒又秀実 54才(光石研)
 タワマン周辺で起きる連続誘拐事件を捜査。
 超愛妻家。
・若手刑事:津久井琢己 29才(上杉柊平)
 先輩刑事の荒又を尊敬。

■ハーメルン事件の犯人
 ???

 
 

[スポンサードリンク]

 
 

■菅野美穂主演ドラマ「砂の塔」第7話 あらすじ


健一と弓子の過去になにがあったのか?
弓子は過去に1人殺していると、予告動画で言っていますがそれは誰なのか・・・
「夫婦の秘密」が映った写真も気になります。

※放送を見て更新※

■和樹に担任と面談 
亜紀は、面談の席で和樹が相変わらず授業をサボりがちで改善の兆しがないと聞く。
担任から父親は来ないのかと聞かれるが、もう二度と会わないと言っていた弓子に健一が会っていたところを目撃した亜紀は、健一を拒絶。
息子は自分ひとりで守ると虚勢を張る。

■和樹が撮った写真が入選
そんな中、亜紀は和樹の同級生・成美から和樹が撮った写真が入選し、次の日曜日に表彰式があることを知る。
久しぶりの明るいニュースに心躍る亜紀は、表彰式に来ていくためのスーツを買ってやるが、和樹は部屋に引きこもったまま。
亜紀は気持ちを奮い立たせて、表彰式に出席して欲しいと声をかけ続ける。
亜紀の必死の説得に、和樹はようやく明るい表情を見せ、表彰式に出席すると約束したのだが…その先には、思いがけない展開が待っていた!

■「夫婦の秘密」➝衝撃の写真
一方、弓子から「あの夫婦の秘密」だと1通の封筒を渡された生方は、葛藤の末、思わず封筒を開けてしまう。
そこに入っていたのは、ある一枚の写真。
その後その写真を見た亜紀は、これまで積み上げてきた全てを完全に覆すほどの衝撃を受ける!
それは死んだはずの人間の記憶―――。

■ハーメルン事件 5人目の被害者
その頃、ハーメルン事件では5人目の被害者が発見される!
失踪した子供達の秘められた共通点に気付いたのか、荒又刑事は意味深につぶやくのだった…「母親に見えているのが、本当の息子の姿とは限らない」。

いよいよ明らかになる隣人・弓子の真の目的と、壮絶な過去…
そして、それらはハーメルン事件と不気味な符合を見せていく!
物語はついに最終局面へ!
第7話、全ての謎が明らかになる!
引用:http://www.tbs.co.jp/sunanotou/story/ep6.html

生方航平は、亜紀の実家のクリーニグ屋の知り合いのおばさんに会いにいき、亜紀と健一のことを尋ねた。
和樹は中学生になったとき、学校に行きたくないと相談しに来たが、亜紀から「お兄ちゃんなんだから行かなきゃだめ」と言い、その頃から和樹はおかしくなったという。

和樹は橋のうえで生方航平と偶然会う。
亜紀は「私は大丈夫」と見栄を張るが、生方航平は亜紀を守ろうと必死だ。

■菅野美穂主演ドラマ「砂の塔」第7話 ネタバレ


●ハーメルン事件の犯人は誰なのか?
生方航平?弓子?まさかのお兄ちゃん?
●弓子と健一の過去の秘密とは?クリスマスの靴下の意味とは?
 弓子には子供がいたのか?だとしたらどうしたのか?
●弓子が生方航平に渡した「夫婦の秘密」写真とは?

※放送を見て更新※

■和樹に担任と面談 
和樹は亜紀に嘘をついて模試に出ていなかった。
健一は結局、面談に来なかった。弓子と会っていたからだ。しかし健一は亜紀に仕事だと嘘をついた。
健一と弓子があっているのを目撃した亜紀は、

亜紀は父の墓参りで母親に会う。
そこで健一の話題に。
なんと健一はバツイチで、前妻は亡くなっていると、亜紀と母は子供たちに秘密にしていた。

亜紀は弓子に「健一は好きにしていい。ただ子供たちは私が守る」と言う。

亜紀は部屋で、和樹の育児日記アルバムを見返すが「これだけは言えない。絶対に」とつぶやく。

■ハーメルン事件 5人目の被害者
5人目の被害者・前田ちあきちゃんは山梨の山中で見つかった。
傷はあったが犯人によるものではなく、古くからある親からの虐待の可能性があった。

■和樹が撮った写真が入選
成美が亜紀に、和樹の写真がコンクールに入賞したと知らせる。表彰式が日曜日にあるらしい。

■「夫婦の秘密」➝衝撃の写真
生方航平は、弓子から受け取った「夫婦の秘密が入った封筒」を、弓子に突き返すが、弓子は受け取らない。
そして
「君は臆病。子持ちの女の人生を背負うのが怖いだけ。弱虫」と言われ、生方航平は封筒を開けて写真を見て驚く。

生方航平は健一に会い写真が真実か問うが、健一は亜紀に秘密にしていることだという。
しかしそこに亜紀が通りかかる。ついに写真を見る亜紀。
そこに映っていたのは・・・
健一と弓子の結婚式の写真だった!
前妻が亡くなったというのは嘘で、前妻は弓子だった!
そして、和樹を産んだ母親は弓子だった!

和樹が1才になった頃、弓子が離婚したいと言って和樹を置いて消えたらしい。
なぜ今になって健一たちの前に現れたのか、健一もわからない。
しかし亜紀は、弓子が和樹を取り戻すために現れたと考える。

亜紀は2才の頃からつけた育児日記を、弓子に見せて、和樹の母親は自分だけだと主張する。
しかし弓子は反論する。
母親は、苦労の数だけで成るものなのかと。
いまの本当の和樹を知っているのかと・・・。
亜紀は「一度和樹を捨てたあなたに絶対に負けない」と言い放った。

■ハーメルン事件 6人目の被害者
6人目の被害者が。れお君だ。
「ハーメルンについていきます」とメモを残して。
今度の母親に落ち度は見当たらないがシングルマザーだった。また、黄色いカーネーションもなかった。

れお君はいつもニコニコする子供だと教師は言うが、荒又刑事はなにか言いたげな田村卓哉君に気づいた。
実はれお君は、イジメにあっていた。母親は知らなかった。
つまり「子供のイジメに気付けなった母親」だった。
黄色いカーネーションと子供服も見つかる。

■コンクール表彰式
部屋に引きこもる和樹に亜紀は
何があっても私は和樹のお母さんだからとドア越しに伝える。
しかし日曜は、不良友達からLINEで呼び出しが・・・。

和樹はドアを開け10月29日のことを打ち明ける。
その日は不良友達と一緒にいた。
彼らは万引きをしていたが、根性なしといわれるのが悔しくて和樹は貯金でモノを買って万引きしたフリをしていた。
しかしもう、彼らとは縁を切るという。
亜紀は和樹の手を握りしめ、コンクール表彰式のために奮発して買ったスーツを見せる。

日曜の表彰式当日。
和樹の首にアザのようなものを亜紀は見つけるが、体育の授業でぶつけたという。
そして和樹は、亜紀とそらを先にコンクール会場に行かせた。
作品は、子供が母親を抱く写真だった。しかしその写真の母親は子供のほうを見ていなかった。

その頃和樹は自宅を荒らして金を探していた。
不良からLINEが。ノルマは10万円。なければ極刑だと。

■和樹はイジメにあっていた
何かを察した亜紀は自宅に戻るが、部屋は荒らされ、和樹はいなかった。
和樹は金を持って不良らに会いにいった。しかし10万に足りなかった。
不良らは和樹を殴るが、その様子を成美が目撃し、亜紀に知らせる。
和樹は不良らに連れ去られた。実は中学時代からずっとカモられていた。

和樹は倉庫で、不良らにリ〇チに合う。亜紀が買ったスーツをボロボロにされ抵抗するがボコボコにされる。
亜紀は成美と合流し、和樹を探しに行く。
不良らがリ〇チをさらに続けようとしたその時、現れたのは弓子だった。
リ〇チの様子を動画に撮っていて、これは犯罪だから少年院行きだと脅す。
そしてもし和樹にこれ以上何かすれば、私があなたたちを殺すと。
私はもう過去に1人殺したと。

気絶した和樹を、弓子はやさしく抱きよせる。
亜紀が到着した時には、和樹は救急車に搬送されるところだった。
気絶した和樹に、イジメを気付けなかったことを謝罪する亜紀。
弓子は、積み重ねてきた年月が役に経たないことを亜紀に突きつける。
そして救急隊員から付き添いの母親は誰かといわれ、弓子が名乗る。

■生方航平が亜紀に想いを告白
救急車に乗れなかった亜紀。
雨が降るなか橋で生方航平に会うが「大丈夫だから!」と去ろうとする。
しかし生方航平は
「俺はやさしくないし、いいやつでもない。亜紀さんを見るたび、なんで結婚なんかするんだ。オレが奪ってやると思ってた」と告白し、亜紀を抱きしめた。

■菅野美穂主演ドラマ「砂の塔」第7話 感想


※放送を見て更新※

健一と弓子の間に出来た子供は和樹だったという、ネットユーザーたちの予想はアタリでした。

一方、和樹がイジメられていたというのは意外でした。
不良たちとは仲良くしている印象だったので。
しかし今回のリ〇チを弓子が助けたことで、今後の和樹の気持ちが、亜紀から弓子へ移るのか注目です。

弓子が過去に1人殺したというのが誰なのか?謎のままですね。

ハーメルン事件6人目の母親は「子供のイジメに気付けなった母親」
亜紀とリンクしましたが、何を意味するのか?謎です。
犯人は、和樹がイジメられているのを亜紀が知らなかったのを、知っていた人物でしょうか?
そうなると弓子がまた怪しくなってきます・・・。

そして生方航平は、ついに亜紀への気持ちを告白しました。
亜紀と彼がどうなってくのか注目です。
その行方によっては家庭崩壊、母親失格となりますから。
やはり生方航平がハーメルン事件の犯人なのでしょうか?
 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP