【土浦花火大会2017】日程と穴場7選!臨時駐車場にアクセスすればそのまま花火を楽しめる

日本三大花火の一つ「土浦花火大会2017」の日程と穴場スポットを紹介します。有料の桟敷席がありますが、お金を払わずにできるだけいい穴場スポットから見たい人は多いですね。

「土浦花火大会2017」は1925年から続く歴史と伝統ある花火の競技大会。最優秀の花火には「内閣総理大臣賞」が贈られるほどです。

穴場スポットには、当日臨時駐車場となる場所もあるので車でアクセスする人にはぴったり。電車で行く場合も駅からのシャトルバスから行きやすい穴場があります。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

■「土浦花火大会2017」日程と見どころ


■日程と見どころ

名称:土浦全国花火競技大会
日程:2017年10月7日(土)
時間:18:00~20:30(2時間半)

場所:茨城県土浦市 桜川畔(学園大橋)

来場者数:70~80万人(前年度)
打ち上げ本数:競技花火と余興花火合わせて約2万発
屋台:約1000店

■見どころ

土浦全国花火競技大会は普通の花火大会と違い、全国の花火業者約60社が競い合う競技大会です。
日本三大花火の一つといわれ、1925年から続く歴史と伝統ある大会。

競技は3部門
● スターマイン(速射連発!)
● 10号玉(発色や煙火の開き方を審査)
● 創造花火(型物や新しい技術を披露!)
各部門の優勝者の中から、もっとも優れた業者には内閣総理大臣賞が授与されます。

18:00~20:30の2時間半で2万発の花火が打ちあがり続けます!

↓動画はこちら。すごい迫力です。

ほかにも花火グッズや花火弁当などがあります。
■花火グッズ
花火がモチーフでデザインされた
Tシャツ・ポロシャツ・パーカー・風呂敷・手ぬぐいなど。
■花火弁当
公式サイトから予約して色々なお店の花火弁当を購入できます。
▶土浦全国花火競技大会公式サイト

■「土浦花火大会2017」穴場スポット7選!


土浦全国花火競技大会には穴場がたくさんあります。

■穴場スポット1 アジュール土浦付近の空き地

●眺め
周りに高い建物がないのでも花火がよく見えます。
●アクセス
打ち上げ会場からは少し遠いですが、近所にコンビニや公園があるのでトイレが便利。

住所:茨城県土浦市滝田1-8
最寄駅:JR「土浦駅」

■穴場スポット2 国民宿舎水郷

国民宿舎の水車があり、地元民にも人気の穴場スポットです。
●眺め
視線をさえぎるものがないので花火がよく見えます。
●アクセス
打ち上げ会場から遠いので、車の人は渋滞を避けられるメリットがあります。

住所:茨城県土浦市大岩田255
最寄駅:JR「土浦駅」

■穴場スポット3 「イオンモール土浦」横の6号バイパス下

●眺め
打ち上げ会場から近いので花火がよく見えます。
ただしイオンモールは当日休みで立入禁止になるので、駐車場からの花火観覧は出来ないので注意ポイントです。
●アクセス
有料シャトルバスの降り口から徒歩数分の場所にある手頃な穴場スポット。

住所:茨城県土浦市上高津367
最寄駅:JR「土浦駅」

■穴場スポット4 筑波山の中腹

●眺め
花火と夜景の両方が楽しめるのがメリットですが、より花火を楽しむには双眼鏡があると良いかもしれません。
●アクセスは?
打ち上げ会場からかなり遠いので車がマスト。

住所:茨城県つくば市筑波1

■穴場スポット5 上高津貝塚ふるさと歴史の広場

●眺め
周りに高い建物もなく、広い芝生でゆったり花火観覧できます。
●アクセス
打ち上げ会場から遠いので混雑を避けられるメリットがあります。
大会当日は臨時駐車場になっています。

住所:城県土浦市上高津1843

 
 

[スポンサードリンク]

 
 

■穴場スポット6 霞ケ浦総合公園の風車

●眺め
遠いので迫力にかけますが、花火をゆったり見るのは最適な穴場スポット。
●アクセス
打ち上げ会場から遠い分、混雑や帰りの渋滞を避けられるメリットがあります。
大会当日は臨時駐車場になっています。

住所:茨城県土浦市大岩田1051

■穴場スポット7 宍塚公民館辺

●眺め
周りに高い建物がないので花火がよく見えます。

住所:茨城県土浦市宍塚2070

■ほかにも穴場はある

・霞ヶ浦の堤防や
・桜川の土手
・土浦駅の駅ビル
など、花火の穴場スポットは他にもあります。

屋台の並んだ場所の先には、田んぼが広がっていてここから花火が見えます。

■「土浦花火大会2017」アクセス情報


■車でのアクセス

東京方面から
 常磐自動車道「桜土浦IC」降車
 国道6号経由で約5km
水戸方面から
 常磐自動車道「土浦北IC」降車
 国道6号経由で約5km
※当日は午前中から混雑し始め、午後3時頃には渋滞で大混雑します。

※公共交通機関の利用が推奨されますが、駐車場はたくさん用意されています。
■駐車場
無料や有料も合わせると、5000台近くあり駐車場は充実しています。
・土浦駅東駐車場(有料)1200台
・土浦駅西駐車場(有料)470台
・霞ヶ浦総合公園駐車場(13時から)600台
・土浦一中校庭 300台
※駅近の大型駐車場はなにかと便利なので、埋まるのが速いです。

■交通規制
当日は交通規制が敷かれます。
▶交通規制マップはこちら

■電車でのアクセス

最寄り駅:JR常磐線「土浦駅」
上野駅から各駅停車で約70分、特急で約45分。
「土浦駅」からは花火会場までシャトルバスが出ています。

■駅からはシャトルバスが便利
土浦駅東口~会場(学園大橋)
・行き15:00~19:00
・帰り19:00~21:15
値段(片道):大人240円・子供120円
所要時間:約10分

■「土浦花火大会2017」穴場じゃなくて目の前で観たいなら桟敷席!


穴場スポットはあくまで穴場スポットなので、目の前で花火を見えません。目の前で大迫力の花火を観たい人は、やっぱり有料の桟敷席がオススメです。

■桟敷席の値段
・全マス(約1.7m×約1.7m,6人まで)22000円
・半マス(約1.7m×約0.85m,3人まで)11000円
■販売受付期間
7月20日(木)正午~7月27日(木)よる11時まで
■購入方法
・電話申込 0570-084-073
 当選確認後にゆうちょ銀行で支払い
・ネット申込
 ▶https://l-tike.com/st1/tsuchiura-hanabi
 
 

<スポンサードリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEW

PAGE TOP