【腰痛】椅子が痛いのは姿勢や座り方・立ち方で改善!ホンマでっかtvで夏嶋隆先生が衝撃の解説

現代人なら当たりまえのように毎日行う、椅子に座る・立つという行動や姿勢は、思ったよりも腰に負担を与えて、痛い腰痛の原因となります。特に、深いソファには要注意です。

椅子に座る・立つだけで「痛い!」と腰痛になったりしたら最悪です。
そうならないために、ホンマでっかtvで動作解析評論家の夏嶋隆先生が解説した、今すぐ自分でできる腰痛改善法「椅子の座り方・立ち方(姿勢など)」を紹介します。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

■ 腰痛の「痛い」にサヨナラ。「椅子は深く座って浅く立つ」


自分の真上にカメラがあると思って、その中になるべく細く収まるように動きます。

■腰痛改善。椅子の座り方・立ち方

イスのへりに足の後ろ側を触れて、座ります。
立つときは
体全体を前に出して、足を引いて立ちます。
こうすると頭がまえに行きません。

※腰痛になる人の立つ・座るは、足を動かさずに頭が前に出ます。

■腰痛改善。深いソファには要注意

深いソファの座り方
1.イス同様、足の後ろ側に触れます。
2.少し半身になった状態で座ります。
こうすると頭が前に行きません。
 
硬さのわからないソファのときに、どーんと座ると、衝撃が走って首コリを起こします。

ソファに座っているとき、足をのばすのであれば、足置きを使ったほうがいいです。
足置きがないときは、足の裏は床につけないほうが良いです。
両足の裏を内側に向ければ、首の可動域がUPして、腰痛のリスクが減ります。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

■ 腰痛改善 動作解析評論家の夏嶋隆先生


動作解析評論家の夏嶋隆先生によると、腰痛の原因はほとんどの人が自分で作っています。

腰痛になる主な原因は、日ごろの動きやしぐさのクセです。
現在腰痛を抱えていなくても、多くの人が腰痛予備軍といえます。

先生も腰痛で苦しんだ経験があり、その中で編み出した技です。
車いす生活になったほど、本当にひどい腰痛だったそうです。怖いですね。

そんな夏嶋隆先生が、ホンマでっかtvで紹介した「今すぐ自分でできる腰痛改善法」なので、ぜひ実践してみたらよいと思います。

■ 椅子が痛い、腰痛に苦しんでいる声



 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP