【健康法】NK細胞を活性化する方法は「笑いと食べ物」以外に「上司の悪口」があった!

「上司の悪口を言うと健康になる」と聞くと「何をバカな」と思うかもしれません。
しかし実は「上司の悪口」が「NK細胞」という免疫細胞を活性化させて、健康維持に役立つことがわかっています。

「NK細胞」を活性化するよくある方法は、「笑い」と「食べ物」だといわれています。
「笑いと食べ物」以外に「上司の悪口」が健康に役立つとは驚きですね。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

■ NK細胞とは?


「NK細胞」とは「ナチュラルキラー細胞」という免疫細胞のことです。
体内に発生したがんのもとになる細胞を攻撃してくれるのです。

また「NK細胞」の活性化には、精神状態が大きく関係しているといわれています。

免疫には「心の要素」が非常に重要で、ストレスを常に感じていると免疫力は低下するといいます。

■メカニズム

まずストレスによって交換神経が優位になります。
すると、脳の視床下部からホルモンや神経を介して副腎が刺激を受け、アドレナリンやコルチゾールなどのストレスホルモンが放出され、免疫細胞の機能を低下させます。
これにより、免疫全体を引き下げ、結果、病気にかかりやすくなったり、体調不良を招くことになります。

逆に、幸福感、達成感を感じたり、満足したりなどでストレスを解消すると、視床下部からセロトニン、ドーパミンといった「幸せホルモン」ペプチドが分泌されます。
また、笑うとβエンドルフィンという神経伝達物質が分泌されます。
これらの作用でホルモンが抑制されると、副交感神経が優位になり、結果として免疫力はぐっと上がります。

■ NK細胞を活性化する方法「笑いと食べ物」


「笑い」はNK細胞を活性化する方法として、健康に良いといわれています。

「笑い」は免疫系だけでなく、脳卒中や心臓疾患のリスクにも関係しているといわれています。
高齢者で「笑わない人」は「笑う人」に比べて、脳卒中や心臓疾患の病気を患っていることもわかっています。

「笑い」は、実は有酸素運動でもあります。
15分間笑うと、20~40kcalのエネルギー消費になります。

■食べもの

また、よく笑うひとは、野菜や大豆などを多く食べバランスのいい食生活を送っていて、人付き合いも豊富で社交性があるといういったこともわかっています。
全国8箇所で行った調査では、どこの地域でもよく笑う人はなぜか野菜を多く食べているのです。

■ NK細胞を活性化する方法「上司の悪口」


■上司の悪口

昔のサラリーマンは、夜に赤提灯の店で上司を悪口を言い、笑い飛ばすことで憂さを晴らしていました。
仲間と一緒に悪口で盛り上がれば快感が得られ、お互いに意思疎通が出来て仲良くもなれます。
それでスッキリして、翌日からまた仕事を頑張る。
これは日本的経営の必要悪でしたし、当時の上司はそれを笑い飛ばす余裕がありました。

ところがバブル崩壊以降は、企業でリストラが始まり、上司の悪口を告げ口されるリスクも出てきました。
しかもライフスタイルの変化や経済的な問題で、同僚と飲みに行く機会も減っています。
その結果、上手に上司の悪口を言えない人が増えているといいます。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

■日本人特有の『我慢する性格』

日本人の死因のトップは「がん」です。
日本人がガンになるのには様々な要因がありますが、その一つに
「日本人特有の『我慢する性格』」
も関係しているといわれています。

何かを我慢して、ストレスを自分の中で押し殺していると、下痢や胃潰瘍などのストレス性疾患になりやすいことは広く知られています。
また、イライラばかりしていると交換神経系が優位に、つまり緊張状態となり、血圧や血糖値の上昇を招くことにもなります。
そうしたこと以上に、我慢を続けることを体にもっと大きな影響を与えています。
それは健康維持にきわめて重要な「免疫力」を下げてしまうということです。

■上司の悪口は健康法

ストレス解消で免疫力を上げることができます。
日常的に嫌でも付き合わなければならない会社の上司への不満を発散するのは、もっとも効果的な健康法の一つです。

■懸念事項
上司の悪口を言ったとして、それが最終的に上司に知られるのでは?と不安にかられてストレスになってしまったら本末転倒です。
■では、上手な悪口とは?
上司の前で言うのはもちろんNGです。

1.
気を付けないといけないのは
「今日は無礼講だ。普段思っていることを本音で言ってくれ』
と言われたときです。
真に受けて言ってしまうのは危険です。
実際は、腹の内を探られているわけですから。

そういう場面では
「部長はそういうところが立派ですよね」
とほめておかないとダメです。

2.
大勢が参加する飲み会で言うのも危険です。
飲み会で悪口を言うとその場は盛り上がりますが、不特定多数が相手だと、特にSNSが発達した今では盛れ伝わりやすいです。
言う相手は選ぶ必要があります。

3.
言い方や言う内容も気をつけたほうがいいです。
悪意があまりに込められてるなど攻撃的すぎるといけません。
特に「学歴」「ハゲなどの身体的特徴」には触れないほうが無難です。
言ったほうは冗談まじりだったとしても、もし当の本人の耳に入れば、一生恨まれかねない話題です。

4.
悪口を言うときは、割とカッとなって勢いで言ってしまうことも多いです。
その前に頭の中を整理して
「あくまで会社のことを思って言っているんだ」
「この考え方は学者も主張しているんだ」
など理屈を補強しておくと、気が利いた悪口になります。

■上司の悪口は言う相手を選んで

上記の注意事項を踏まえたうえで、もっとも効果的にストレス解消ができるのは
「言う相手を選ぶ」ことです。

悪口や批判に対して
「その通りだ」
と共感してくれる相手に言うことが大事です。
共感してくれて初めてカタルシスが得られます。
本当に気心の知れた同僚や、会社の事情が分かっている嫁、あるいは同業他社に勤めている友人などもいいかもしれません。
 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP