野村宏伸が田原俊彦と再会したのは「干された」自分から脱却できたから

芸能人のしくじりから、人生の教訓を学んでいきたいと思います。
俳優の野村宏伸さんは、大ヒット名作ドラマ「教師びんびん物語」で田原俊彦さんと共演して一躍売れっ子となりましたが、ある出来事をきっかけにして「干された」状態となりました。

野村宏伸さんが「干された」理由は田原俊彦さんであるともいわれていますが、調べてみると「一度成功したら一生安泰だ」という勘違いが原因のようです。

野村宏伸さんと田原俊彦さんは「干された」ことなってから10年間会わない時期があり、再会を果たします。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

■ 野村宏伸 田原俊彦と再会


野村宏伸さんと田原俊彦さんは1988年のフジテレビドラマ「教師びんびん物語」で先輩後輩の教師役が話題となり、野村宏伸さんは後輩の榎本役で大ブレイクしました。

翌1989年には続編「教師びんびん物語Ⅱ」が放送され、視聴率は最終回で驚異の30%超えを記録し、大ヒットしました。
翌1990年にⅢも制作される予定でしたが、野村宏伸さんが出演を拒否したため、制作はされませんでした。
その理由は、野村宏伸さんが演じる榎本はなよなよしたキャラで、街を歩くとからかわれていて、それがいい加減イヤになってしまい、出演を拒んだそうです。

■田原俊彦BIG発言騒動とジャニーズからの独立
「教師びんびん物語」の大ブレイク後、田原俊彦さんはBIG発言騒動とジャニーズからの独立によってテレビから姿を消し「干された」と世間からみられました。
同じく野村宏伸さんもテレビから消えて「干された」と世間からみられました。

■野村宏伸 田原俊彦と再会
最後に田原俊彦さんと会ってから10年がたち、野村宏伸さんと田原俊彦さんは2012年3月30日TBSで放送された「爆報フライデー」で再会しました。
再会場所は「教師びんびん物語」の舞台となった学校の校庭です。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

■ 野村宏伸は干された理由は田原俊彦?


野村宏伸さんが「干された」理由は、田原俊彦さんであるという噂がありますが違うようです。

野村宏伸さんは「教師びんびん物語」でなよなよした榎本役を演じてブレイクしたことが、すっかり「野村宏伸=ナイーブ」というイメージが定着されてしまいます。

そのせいで、野村宏伸さんはなよなよした榎本役を世間から求められることになり、苦悩したそうです。
「教師びんびん物語Ⅲ」を断った理由も苦悩ありきです。

野村宏伸さんと田原俊彦さんは仲が悪かったということはなく、むしろ作品中と同様に良き先輩後輩でした。
最初は田原俊彦さんに対してとっつきにくかったそうですが、役を演じているうちに打ち解けていったそうです。

そんななか、1994年に田原俊彦さんのBIG発言騒動が起こります。
田原俊彦さんに長女が産まれたときの記者会見で
「何事(結婚も出産も)も隠密にやりたかったけど、僕ぐらいビッグになってしまうとそうはいきません」
と発言し、生意気だとしてバッシングにあいました。

ただこれは、よくあることですが、実はマスコミがいいように編集してつなぎ合わせた言葉でしたが、当時はそんなことが暴露されることはなく、BIG発言騒動となります。
これが原因で「干された」と表向きはなっていますが、実際は同時期に田原俊彦さんはジャニーズからの独立をしたのが、直接の原因だといわれています。

田原俊彦さんはジャニーズから独立しただけでなく、それまで自分がジャニーズでかつ売れているのをいいことに、マスコミ関係者の女性になりふり構わず手をつけていたようです。
なので、ジャニーズから独立するとわかり、それまで泣き寝入りしていたマスコミが一斉に田原俊彦さんの発言をつついて一斉にバッシングしたようです。

田原俊彦さんが「干された」状態になると、それにともなって野村宏伸さんも仕事も減っていきました。
なので、野村宏伸さんが「干された」理由は田原俊彦さんだといわれています。

しかし実際は、野村宏伸さんが、世間から求められるなよなよした役に苦悩して、自分から仕事を断ったのが原因だったようです。
野村宏伸さんはそんな苦悩がありつつも、当時は売れっ子だったので「一度成功したら一生安泰だ」だと勘違いもしていたようです。
まさか仕事が激減することになるとは思わなかったのでしょう。
これは、ふつうのビジネスでも共通することですね。
気を付けたいと思います。

野村宏伸さんは田原俊彦さんと再会するまで10年かかりましたが、それは榎本のイメージにとらわれることのない俳優としての自分ができたから、やっとふんぎりがついたのでしょう。
 

<スポンサードリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEW

PAGE TOP