ソルフェジオ周波数【528hz】効果とは。本物の音源はどれだ「DNAを修復する奇跡の周波数」

ソルフェジオ周波数の「528hz」に効果があると人気です。
ソルフェジオ周波数とは癒しの周波数のことで、「528hz」は特に「DNAを修復」する効果があるということで一番人気です。
YouTubeにはたくさんルフェジオ周波数の「528hz」の音源動画がアップされていますが、本物がどれだかわからず迷うこともあります。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

■ ソルフェジオ周波数とは?


「ソルフェジオ周波数」とは、癒しなど様々な効果がある周波数のことで、全部で9種類あります。

・174Hz:意識の拡大と進化の基礎
・285Hz:多次元領域からの意識の拡大と促進
・396Hz:罪悪感や、恐怖・トラウマからの解放
・417Hz:挫折や困難からの回復。変化に挑戦する心、知性
・528Hz:無限の可能性、奇跡、DNA細胞の修復、メンタルを癒す
・639Hz:人間関係の回復・向上
・741Hz:問題の解決や、表現力の向上
・852Hz:直感力の覚醒、研ぎ澄ます
・936Hz:高次元、宇宙意識とつながる

どれも凄い効果ばかりですね。
その中でも、現在最も注目されているのが
「DNA細胞の修復」の効果がある
528Hzです。

■ ソルフェジオ周波数「528Hz」の効果がスゴイ


1秒間に528回振動することを「528Hz」といい、
「528Hz」の周波数あるいは音階には、
・DNA細胞の修復する効果
・メンタルを癒す効果
があるといわれています。
ただ、医学的に証明されているわけではありません。

DNAは、毎日大量の数が損傷しています。
その原因は、
・紫外線
・X線やγ線
・タバコの煙
・がんの化学療法や放射線療法
などがあります。
紫外線は日常的なものですから、日に当たるだけでDNAは損傷しているということですね。

DNAはこちらのGIF画像のように、2重らせん構造になっています。
ADN_animation
引用:ウィキペディア

らせん同士をつなぐ塩基と呼ばれる横棒パーツは、
A(アデニン)とT(チミン)の組み合わせ
C(シトシン)とG(グアニン)の組み合わせ
という2通りの組み合わせがあります。↓図


例えば、A(アデニン)が損傷しても、片方のT(チミン)が残っていればA(アデニン)が修復される仕組みになっています。

ところが例えば、A(アデニン)とT(チミン)両方が損傷すると、修復できずDNAは破壊されてしまいます。
これが老化です。

しかしソルフェジオ周波数「528Hz」は、そうやって破壊されたDNA細胞をも修復する効果があるといわれている奇跡の周波数なのです。
なので、老化防止(アンチエンジング)にもつながりますね。
がんにも、効果が期待できるといわれています。
ただ、医学に証明されているわけではありません。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

■ ソルフェジオ周波数「528Hz」 本物は?


ソルフェジオ周波数「528Hz」をyoutubeで検索すると、とてもたくさん見つかります。
たくさんありすぎて、どれが本物かわからなくなりますが、どうやらこちらが本物のようです。

実際、本物の効果があるようで、youtubeのレビュー蘭にも、効果に驚いたという声が挙がっています。
ちなみにこの動画の映像にも、覚醒・進化の促進効果があるそうです。

ソルフェジオ周波数「528Hz」は、BGMとして流しているだけで、効果があるそうなので、騙されたと思って一度試してみてはいかがでしょうか。

■ ソルフェジオ周波数「528Hz」 ネットの反応


 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP