8月9日【長崎原爆の日】黙祷の時刻は何時だ。「長崎平和祈念式典が平和への誓いが行われる」

8月9日は、長崎「原爆の日」です。
広島のほうが話題になってしまいますが、長崎でも「長崎平和祈念式典」が開かれ、原爆が落ちた時刻にあわせて黙祷が捧げられます。
長崎原爆の黙祷をする時刻が何時なのか知って、長崎県民でなくとも一緒に黙祷をしましょう。

今年2016年は、8月6日にリオ五輪が始まり、期間中に「長崎原爆の日」があることもは忘れないでおきたいものです。
黙祷の時刻ややり方、「長崎平和祈念式典」などについて触れていきます。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

■ 8月9日【長崎原爆の日】黙祷の時刻


長崎「原爆の日」黙祷の時刻は、

8月9日 午前11時2分

です。

1945年(昭和20年)長崎に原爆が落とされた日付・時間と同じで、この時間に合わせて黙祷が行われます。

原爆が投下された時刻11:02に、長崎の鐘やサイレンが鳴ります。

■ 黙祷のやりかた

黙祷のやり方は、簡単です。
難しく考える必要はありません。
1分間、黙って祈ります。

ちなみに「黙祷」とは「黙って祷る(祈る)」という意味です。

平和への祈りを捧げましょう。
長崎県外にいる人は、長崎の方向に向いて黙祷しましょう。

■ 8月9日 長崎 原爆が落とされた場所


8月9日 午前11時2分、長崎に落とされた原爆はコードネーム「ファットマン」といいます。
原爆を落とす場所は、当初第一目標が福岡県小倉市、第二目標が長崎市でした。
福岡県小倉市には当時、軍需工場があったからです。

福岡県小倉市の上空は天候の悪さや、日本が原爆を警戒して煙をたいたり対空攻撃をしたので、アメリカ軍は目標を変更して、長崎市に原爆を落としたのでした。
長崎市は山などに囲まれていたのですが、福岡県小倉市は平たんな場所だったので、もし福岡県小倉市に原爆が投下されていたら、もっと大変なことになっていました。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

■ 8月9日【長崎原爆の日】長崎平和祈念式典


8月9日、長崎市の平和公園で「長崎平和祈念式典」が行われます。
平和公園は、原爆が投下された中心地です。

「長崎平和祈念式典」では毎年、長崎市長によって平和宣言がされます。
世界に向けて「核兵器の廃絶」と「世界恒久平和」を訴え続けるためです。
時刻11:02に1分間の黙祷が行われたあと、平和宣言と、平和の誓いが行われます。

長崎県長崎市松山町9「平和公園」

■ ネットの反応



 
 

<スポンサードリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEW

PAGE TOP