【恋愛テクニック】女性の目を見て話すのが苦手な男性へ。克服する方法を紹介

女性と付き合うようになるのには、まず出会いがあり
話をするところから始まります。
ところが、女性の目を見て話すのが苦手だと
最初の挨拶や会話がままならないという男性もいることでしょう。

女性は会話から男性のことを知ったり、
面白さや優しさなど性格や人間性なども知っていくので
女性と付き合ったり一夜をともにしたいとなれば
会話が絶対条件ですね。

しかし女性の目を見て話すのが苦手だという男性は、
せっかく目の前に転がってきたチャンスも、
目を見て会話することが緊張して出来ないために
モノにできないかもしれません。これではもったいないですね。

顔がイケメンでも、目を見て話すのが苦手だったばかりに
女性と関係を持つことが難しかったり、
逆にイケメンでない男性でも会話を頑張ったことで
女性から好かれたり、彼女が出来たりすることもあります。

可愛い彼女の顔を見ると、目をあわせることなど不可能で、
緊張でガチガチになってしまいますが、
それをなんとか克服できれば未来は明るいです。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

女性の目を見て話すのが苦手な男性へ


女性の目を見て話すのが苦手な男性は、
他にも、もともと話すのが苦手な「口下手」、
なかなか人と打ち解けられない「人見知り」
人前に出ると緊張する「アガリ症」
といった特徴も持ちあわせているかもしれません。

これらの症状をすべて解決するのは難しいので
とりあえずは、
「女性の目を見て話すのが苦手」という弱点を
克服するようにしましょう。

相手の目を見ないで会話する人は、
男女関係なく怪しいですよね。
きちんと相手の目を見て話してくれれば、
目をあわせないひとよりは間違いなく印象がよくなります。

男性が女性に話しかける際も、
目を見て話せば、心を開いてくれる可能性もあがるはずです。

「女性の目を見て話すのが苦手」な男性が
「女性の目を見て話す」ことが出来るようにするための
いくつかの方法を見てきましょう。
 

仕事や作業の流れの中で自然と目をあわせる


普段の仕事や作業の流れの中で、
女性に何かを教えたり、業務連絡をするときをチャンスに
話すときに目を見て話します。

これなら、かまえずに出来ますし、
仕事の内容によってはチャンスは何度もやってくるので
最初に目をあわせられなくても、
出来るまで何度でもやりなおしがききます。
かなり良い練習になることでしょう。

目を見る時間も、最初は一瞬から始めて
徐々に時間を長くしていくのも良いですね。

女性の頭を透視したつもりで


ちょっとSF的な考えかたですが、
相手の女性の頭を透視して、その先にある風景やモノを見ます。
現実には不可能な話ですが、そのつもりになりきるのです。

視線を彼女のほうを向いてますが、
見ているのは彼女の目や顔ではなく、
その先にある景色ということです。

これをやるには、自分は透視できるという思い込みが必要ですが、
面白いので一度やってみたらいかがと思います。
慣れてくると楽しめるかもしれません。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

女性の眉間などを見て話す


女性の綺麗で可愛い目を見ると吸い込まれそうになってしまう・・・
そして自分はフリーズしてしまう。

目を見るとこうなってしまうので
眉間やおでこ、眉毛などを見ます。
オススメは眉間です。
おでこや眉毛だと、下手すると視線が上になってバレますからね。

眉間を見ることに慣れてくると、気持ちにも余裕が出てくることでしょう。

女性の写真で練習する


他人には恥ずかしくて見せられない練習方法になります。

女性、特にアイドルやグラビアの女性の写真の顔の目を見て
話しかけるという、かなりストイックな練習になります。

写真は、カメラ目線がいいですね。こちらを向いてますから
目を見て会話の練習に持ってこいです。
雑誌のグラビアで十分ですし、雑誌がなければ、
ネットで画像検索してアップで見るのもアリですね。

最初は目を見続ける練習から始めて、
慣れてきたら、一方的ではありますが会話の練習をします。
この練習に慣れるということは、
超かわいい綺麗な女性と目をあわせることに慣れたと
同じですので、リアルで出会う女性が
アイドル以上の可愛さでない限り、
ひるむことなく目を合わせて会話することができるように
なるこでしょう。

女性の目を見て話すのが楽しくなる


上記の練習、
・仕事や作業の流れの中で自然と目をあわせる
・女性の頭を透視したつもりで
・女性の眉間などを見て話す
・女性の写真で練習する
これらを経て、女性の目を見て話すことが出来るようになると
会話が楽しくなるはずです。

そして、その先には、
女性と楽しくお付き合いしている自分がいるはずです。

 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP