女性に好かれる男性の特徴、3要素をほどよいレベルで磨けば魅力的なモテ男に!

女性に好かれる男性の特徴として、心理学では
ある3つの要素を持っていれば魅力的に映るといわれています。

しかしこの3つの要素は、レベルを上げ過ぎるとかえって
女性が引いてしまうので、両刃の剣ともいえます。

しかし難しいことではないので
女性に好かれる男性の特徴として身につけて、
モテ男になりましょう。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

女性に好かれる男性の特徴は、この3要素


心理学でいわれる女性に好かれる男性の3つの要素は
このようなものです。

【1】「複雑さ」
【2】「新奇性」
【3】「不調和」

「3つの要素」と「女性からの好意」との関係は
山形の曲線グラフで表すことができます。
好感度と3つの要素

このように、
「3つの要素」のレベルを高めると好感度もあがるのですが
レベルが高すぎると、その時点から先は好感度が逆に下がっていくことがわかります。

3つの要素1.「複雑さ」


「複雑さ」とはどんな特徴のことかというと、
「女性が理解しにくい部分を持っている男性」という意味です。

ほどほどの「複雑さ」は、ミステリアスな人という印象を持たせることができ
いい意味でこの男性はどういう人なんだろう?と女性の興味を引くことができます。

しかしレベルがあがって行き過ぎた「複雑さ」は
女性の興味の対象からはずれ、ただの変人、理解できない奴となってしまいます。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

3つの要素2.「新奇性」


「新奇性」とは、物珍しいという意味ですが、
恋愛においてはどんな特徴のことかというと、
「『こんなタイプの人には出逢ったことがない』と思わせる」男性のことです。

彼女が理解できる程度の「複雑さ」で
彼女が今まで出逢ったことのない「新奇性」を演じるということですね。

3つの要素3.「不調和」


特徴要素3の「不調和」は、文字通り、
女性との調和が取れない状態のことです。

例えば性格の不一致というものがあります。
お互いに似ている部分があると好感度が持てますね。
ただ、あまりにも全てにおいて一致してしまうと気持ち悪いですし
全部わかってしまうので、この人をことをもっと知りたいとは思わなくなります。

やはり、ほどほどが良いということです。
「不調和」とは、意見や感想が違うということにもなるので
程よい意見や感想は、会話が弾むことにもつながりますよね。
「なるほど」という気づきは楽しいものです。

女性は自分の予想を裏切ってほしいと思っている


女性は基本的に、自分の予想を裏切ってほしいと男性に願っています。
ただ、それも女性の許容範囲を超えないことが前提です。

わかりやすいのが、サプライズ演出ですよね。
女性はサプライズが好きです。
ただし楽しめたり感動できる範囲でのことですよね。

やり過ぎなサプライズは、逆に女性を引かせてしまいますので
相手の女性のことをよく見ながら、
ほどよい感じで、3つの要素のレベルをコントロールするのがモテ男です。

まずはレベルを少しずつあげていって、
小さな「予想の裏切り」をして、女性を喜ばせてあげましょう。
 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP