女性の誘いを上手に断る方法。ポイントは「ポジティブ表現」否定語は使わずやんわり肯定的に断る

職場で気になっている女性から、仕事終わりに食事に
誘われたとします。
もちろん「行く」と即答したいところですが
あいにくその日は仕事を定時で終わらせることができそうにありません。

しかしせっかく気になる女性のほうから誘ってくれたのですから
上手に断れないと二度と誘いの声はかかりそうにありません、
さてどうしたものでしょう。

断なければいけないのは明確です。
ただ、彼女が傷つかないように、また誘ってもらえるように
断らなければいけません。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

女性の誘いを上手に断る方法。ポイントは「ポジティブ表現」


女性の誘いを上手に断る方法、
ポイントは「ポジティブ表現」で断ることです。

例1)
「とっても行きたいんだけど、今日は残業に8時までは仕事がかかりそうなんだ。
 もしそれまで待っていてくれれば、食事はボクがおごるよ」
行きたいというポジティブな表現をしていますね。
また、待ってくれればおごるという、そこまでして行きたいというポジティブ表現もしています。

例2)
上記でその日女性が行けない場合に
「そうかぁ、残念。それなら明日はどうかな。」
ポジティブですね。

女性から誘われたときに、いきなり「行けない」とはっきり言ってしまうと
「NO!」とつきつけられたのと同じで、女性は傷つきます。
不愉快にも感じますし、その時の印象が強く残ってしまい
『誘ってもキツイ言い方で断れられる』ということで、
ハートが弱い女性はもう誘わなくなるでしょう。

しかし、ポジティブ表現で断れば、
女性のプライドを傷つけることなく、
男性側の「行きたいよ」という気持ちも伝わるため好意的に受け止められ
また誘ってくれます。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

否定語は使わず、やんわり肯定的に断る


断るのに「否定語は使わない」というのは矛盾していますが
やんわり肯定的に断るようにしましょう。

例2のように、「それなら明日はどうかな。」とやんわり肯定的に言えば
「うんわかった、それじゃぁ明日ね。」と言ってもらえるかもしれません。
そうなれば、お互いに気分が悪くなることもありませんね。

「否定語は使わず、やんわり肯定的に断る」というのは
何も女性からの誘いを上手に断るときにだけ限ったことではありません。
普段のなにげない会話のなかでも応用することが可能です。
というか、女性に対して否定語は使わないほうが良いです。

例えばデートのときに彼女が「ランチはパスタが食べたい」
と言ったとします。その時男性が
「パスタは食べたくないよ」と言ってしまうとこれは
「否定語」であり、「NO」をはっきり突きつけたのと同じです。
男性にそんなつもりがなくても、女性は傷ついてしまいます。
人によっては自分自身を拒否されたようにも感じてしまうから注意です。

なので、こういう時は
「パスタいいねー。でももうちょっとサッパリしたのがいいな。
 お寿司とかどうだろう。」
といった具合に
・ポジディブ表現
・否定語は使わない
・やんわり肯定的に断る
これらの要素を踏まえます。

モテる男はポジティブ表現で女性と会話している


女性相手には、言葉の使い方ひとつひとつに慎重になるに
越したことはありません。

彼女が「この人とは相性がいい」と感じるかどうかは
男性の言葉の使い方、選び方にかかっているといっても過言ではありません。

モテる男はポジティブ表現で女性と会話しているといわれます。
これは本人が意識的にそうしている場合もあるし、
育った環境などのせいか無意識にしている場合もあるようです。

モテる男は女性の主張に「NO」と反論しているように
感じさせないように配慮して話をしています。
そういう男は女性に好かれます。

モテる男の第一歩として、言葉使いをポジティブ表現にすることから
始めるのも大切です。
 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP