中野翔太警察官の経歴やプロフィールからその人物像に迫ってみてわかったこと

いま注目の人物、埼玉県警の現職警察官の中野翔太さん31才はどんな人間なのか?経歴やプロフィールからその人物像に迫っていきたいと思います。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 
中野翔太さんは現在31才。

埼玉県川越市にお嫁さんと子供は男の子が二人、そしてお嫁さんの母親と祖父という全部で6人で住んでいます。5年前の2009年頃、中野翔太さんが25才の頃にお婿さんとして入ったのでした。息子が産まれたときには、お嫁さん側の家族から「70年ぶりの跡継ぎができた」と大変喜ばれたといいます。

一緒に暮らすお嫁さんの実家は、地元では名家として知られていて、家には蔵と畑があり、お金には困らない生活を送っていたようです。昨年の9月はじめ頃からは家の庭で、義祖父からトラクター操作の指導を受けながら畑を耕したという中野翔太さん。そこには様子を見守るお嫁さんの姿もありました。

お嫁さんも同じ埼玉県警の警察官であり、職場結婚でした。実際、警察官の職場恋愛や結婚は多いらしく、中でも特に女性警察官はその傾向が強いと言われています。「彼氏ができなくて困っている」と言っていた女性が突然職場結婚したりするのです。ちなみに結婚すると人事異動で夫婦の職場は別々になります。

中野翔太さんは高校卒業後に警察官になりました。目立つタイプではありませんでしたが、昇進もしており、親戚からは真面目で一生懸命で優秀だったと評判がよかったです。ただ、以前に2回、内容は明らかにされていませんが処罰を受けています。真面目な性格ゆえ感情が関係しているかもしれません。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 
中野翔太さんの現在の警察での勤続年数は13年4ヶ月。経歴を整理してみると、このようになります。

2002年、高校卒業後18才で警察官の職に就き、
2009年、お嫁さんと職場結婚し、婿入り。
2014年9月初旬から義祖父にトラクター操作の指導を受ける。
2014年10月は、刑事課勤務。

警察官勤続年数13年4ヶ月のうち、
捜査経験年数が8年6ヶ月
交番勤務が4年10ヶ月
となります。
捜査経験年数8年6ヶ月の中では、捜査1課に配属された事もありました。
そして、どのタイミングかは不明ですが、処罰を2回受けています。

いち警察官から真面目に一生懸命努力して、刑事課へ昇進したものの、処罰を受けて交番勤務に逆戻りしたのでは?と推測してしまいますね。それでも若干31才で巡査部長というのは大出世なのではと思ってしまいます。

巡査部長と聞いてすぐ思い浮かべるのは、マンガ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の大原部長ですからね。大原部長は55才の設定ですから、そう考えるとやはり中野翔太さんはとても若くして巡査部長になったと思われます。

ちみみに巡査部長の給料は、例として35才で嫁と子供二人の場合で月給が40万円となり、年収では600万円となります。これだけもらっていれば十分ですよね。中野翔太さんはお婿さんなので家賃などはないに等しいでしょうから、差し迫ってお金が必要ということはないでしょうね。

ただ、家庭でのお婿さんという立場が、本人にとってもしかしたら苦しいものになっていて、仕事でのストレスを発散したり癒やす場所がなくなっていたことも考えられます。
 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP