台風20号2015がたまご 最新の米軍とヨーロッパ進路で発達を確認!日本に 近づいてくる模様

9月15日(火)現在、昨日発生した台風20号2015のたまごが、さらに発達ししました。もうすぐ台風に発達する見込みです。また、進路についても週末には関東地方を暴風域に巻き込む勢いで北西に進行する予想となっています。いまはグアムの北東、マリアナ諸島北部にありますが、台風に発達後は「ヴァムコー」という名前になり、日本列島に接近することは間違いないと思われます。台風18号から変わった温帯低気圧と台風17号の影響により発生たい東日本豪雨は未曾有の被害をもたらしました。心配される予想進路を、気象庁、米軍、ヨーロッパの最新データでチェックします。

【スポンサードリンク】

 
 

台風20号2015たまご


今年は台風が大量発生する年などと言われていましたが、残念なことにその通りになってしまい、7月から8月にかけては沖縄や九州に中心に大暴れして甚大な被害をもたらし、台風17号と台風18号が発生した9月、ついには東日本豪雨というとんでもない事態を引き起こし、栃木県常総市の鬼怒川の決壊や、宮城の被災地で苦しむ人々をさらに苦しめるものとなりました。

気象庁のデータではまだたまご、つまり熱帯低気圧なので台風扱いにはなっていません。台風20号2015たまごは、9月15日(火)朝時点で現在マリアナ諸島に存在し、中心位置は北緯 16度50分・東経 149度40分にあり、北北西の方角に時速15kmの速度で進路をとっています。中心気圧は1002hPa。中心付近の最大風速は15メートル、最大瞬間風速は23メートルだといいます。

そして、このたまごは台風20号に発達するという気象庁からの発表もありました。

マリアナ諸島で発生した台風は日本にくる可能性が高い


これまでの台風の発生状況からしてマリアナ諸島で発生した台風は、特に今頃の時期はとても高い確率で日本列島へ向かう進路で北上していく傾向にあるので注意が必要です。まだどのくらいの強さや規模の台風に発達するかは未知数なので、天気などにどの程度の影響を及ぼすかはわかっていません。

ただ、日程として今週の週末から始まる大型連休「シルバーウィーク」にちょうど台風20号の襲来が重なりそうなのです。外出や旅行などの予定を立てていたひとも大勢いると思います。なぜよりによって連休に台風がやってくるのか?全く自然というやつはどうなっているのでしょう。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

雨の降り方に注意


16日(水)から18日(金)にかけて東日本、北日本へと雨が降ることが予想されています。なかでも17日(木)には大雨予想となっており、東日本豪雨の被災したばかりの茨城や栃木の被災地にも再び雨が降ると言われています。雨の降り方に警戒する必要があります。

来週になれば晴れ間が戻るという予想もありますが、台風20号の動き次第では雨のシルバーウィークになることもありえます。台風20号たまごの最新進路予想やその動きいは注意が必要です。
気象庁台風ぜんたい
※特典:気象庁HPより
米軍地球儀
米軍台風19号
※特典:米軍JTWCより
ヨーロッパ台風-0920
※ヨーロッパ(ECMWF)より※9月20日の予想進路画像
 
 

<スポンサードリンク>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEW

PAGE TOP