マクドナルドが昼マックを廃止!時間10~14時のお得意なセットが・・・

マクドナルドで昼マックを食べているひとに残念なお知らせです。

日本マクドナルドが、平日のお昼のセットメニュー「昼マック」の割引を廃止するという方針を固めました。輸入牛肉などの原材料の値上がりで増えているコストを吸収する狙いだといいます。昼マックを廃止を実行するのは今月10月中だというので、普段、平日お昼の時間に昼マックを食べているひとは財布に打撃です。

使用期限切れの鶏肉使用問題によって、日本マクドナルドはたいへんな売り上げ不振に陥っていました。8月には既存の店舗が19ヶ月ぶりに増えたこともあり、昼マックの廃止という実施的な値上げに踏み切ることになりました。しかし、これは客離れにつながる恐れもあります。
  
 

【スポンサードリンク】

 
 

マクドナルドが昼マックを廃止


廃止を予定している昼マックは、平日10:00から14:00までの時間帯に、セットメニューおよそ10種類を値下げするというものです。例えばビックマックセット670円は、都内のメイン店舗だと120円安い550円という具合です。
昼マック
・てりやきマックバーガー・・・通常価格600~660円 → 昼マック450円
・ダブルチーズバーガー・・・・通常価格610~680円 → 昼マック450円
・チキンフィレオ・・・・・・・通常価格620~680円 → 昼マック450円
・フィレオフィッシュ・・・・・通常価格600~660円 → 昼マック450円
・ビックマック・・・・・・・・通常価格630~700円 → 昼マック550円
・えびフィレオ・・・・・・・・通常価格630~700円 → 昼マック550円
・クォーターパウンダーチーズ・通常価格670~730円 → 昼マック550円
などがあります。※通常価格は地域によって異なります。

2014年10月にスタートしたマクドナルドの昼マック 時間は10:00から14:00


昼マックは、2014年10月にスタートしたので、1年で終了ということになります。昼マックはそれまでの割引サービスよりもさらに割引が効いたカタチでした。

しかし、円安によって輸入食材が値上げリして、輸入牛肉を使用したパディは2014年に比較して約30%高くなったようです。同時に人件費も上がっていて、これ以上昼マックを続けるのが困難と判断した様子。

昼マック廃止による客離れ対策として、昼マックと同じ価格水準になる500円セットの新商品を打ち出す方針だとか。一部の店舗ではすでに実験を始めていて、マックユーザーの反応を検証中しています。

昼マックの廃止は実質的な値上げです。マクドナルドが値上げをするのは、2014年4月の消費税のとき以来となります。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

マクドナルドはランチタイム売上が一番多い


マクドナルドはランチタイムに利用する客が一番多いので、10:00から14:00の時間帯の売上高は、全体の40%程度を占めるとみられています。ということは昼マック廃止の影響を受けるマックユーザーも大勢いますので、価格に敏感な客が遠のいていく可能性があります。

マクドナルド以外の外食でも、原料コストがあがっているため値上げを実施しています。
・すきや・・・・・・・・・・4月に牛丼並盛りを291円から350円に値上げ
・モスバーガー・・・・・・・5月におよそ9割の商品を平均10%値上げ
・ケンタッキー・・・・・・・3月に25品目を10~30円値上げ
・フレッシュネスバーガー・・・4月に12品目を10~40円値上げ、9月に10品目を10~70円値上げ
・バーガーキング・・・・・・・5月に43品目を10~150円値上げ

マクドナルドが昼マックを廃止 ツイターの反応



 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP