デビルズノットの実話ウェストメンフィス3事件 真犯人のネタバレを日曜ファミリア世界法廷ミステリーで公開?

映画「デビルズノット」の実話モデルとされているウェスト・メンフィス3事件が、2015年10月11日(日)  19時00分からフジテレビで放送の「日曜ファミリア・世界法廷ミステリー6~映画になった衝撃裁判 トリックvs悲劇の女たち~」で紹介されます。

1993年に8才の少年3人が殺害され、1ヶ月後に当時18才のダミアンたち3人が逮捕され、あっという間に有罪判決が下りました。ところが1998年に被害者の遺体から人の歯形、靴から毛髪という新証拠が見つかりますが、ダミアンたちとは一致しなかったのです。ならば誰のものなのか?真犯人はいったい誰?

映画「デビルズノット」

  

デビルズノットの実話ウェストメンフィス3事件 真犯人のネタバレ

登場人物


●3人の被害者
被害者X少年マイケル・ムーア8才
被害者Y少年スティーブン(スティーブ)・ブランチ8才
被害者Z少年クリストファー(クリス)・バイヤーズ8才

●3人の容疑者 通称「ウェスト・メンフィス3」
容疑者Aダミアン・エコールズ当時18才
容疑者Bジェイソン・ボールドウィン当時18才
容疑者Cジェシー・ミスケリーJr当時18才

●真犯人?
クリス君の継父のジョン・マーク・バイヤーズ
スティーブ君の継父テリー・ホッブス

★ウェスト・メンフィスの「ロビンフッドの丘」の小川で3人の遺体


場所はアーカンソー州ウェスト・メンフィス・
1993年5月5日、マイケル・ムーア君、クリストファー(クリス)・バイヤーズ君、スティーブン(スティーブ)・ブランチ君という3人の8才の少年たちの失踪届けが、クリスの継父のジョン・マーク・バイヤーズによって出されました。

失踪届けを受けても、警察はすぐには動かず、翌朝になるまで本格的に捜索はしませんでした。

そして翌日6日、3人の遺体が、ウェスト・メンフィスの「ロビンフッドの丘」の小川で見つかりました。

3人は全員裸で、靴ひもで手首と踵を結ばれた状態であり、それぞれひどく殴られて虐待のあとがあり、中でもスティーブ君は最悪でした。

頭蓋骨の骨折、鼠径部に刺傷、そして睾丸が切り落とされ、陰茎の皮膚が除去されていたのです。解剖によってスティーブ君は失血死、マイケル君とクリス君は溺れ死んだとわかりました。死亡推定時刻はおそらく6日の早朝とされました。

★ずさんな捜査 ベイリン・リッジ巡査がレストランの遺留品を紛失


殺人事件が起こった6日、殺人が行われたと思われる5日から6日早朝にかけてのよるに、「ロビンフッドの丘」の近所にある「ボージャングルレストラン」に、泥と血にまみれたアフリカ系アメリカ人男性が女子トイレにいたと、レストランの店長が警察に2回通報しました。

2回通報したことで警察はようやく重い腰をあげ、女子トイレを調べました。壁やタイルには、犯人の遺留品の可能性がある血痕がありましたが、警察のベイリン・リッジ巡査はこれらを紛失してしまいます。

また、「ロビンフッドの丘」の殺害現場から「レストランの女子トイレ」へそのまま移動してきたので、遺留品や証拠の血液サンプルが混ざってしまった可能性もありました。

★3人の容疑者


警察は、ダミアン・エコールズ当時18才、ジェイソン・ボールドウィン当時18才、ジェシー・ミスケリーJr当時18才、という3人を容疑者として挙げました。

主犯格とみられたダミアン・エコールズは、貧しい家庭に育ち、ソーシャルワーカーのン訪問をたびたび受けたり、学校にもほとんど行っていませんでした。また、以前彼女と駆け落ちしたときにトレーラーを襲って捕まり、有罪となった過去がありました。

さらにダミアンは町では変わり者として知られる人物。いつも黒い服装で、ヘヴィ・メタル音楽を好み、精神病歴もありました。

残る二人も、今までに暴力沙汰や万引きを行い逮捕歴があり、普段から警察から目をつけられていました。

そして彼ら3人には、悪魔崇拝者という共通の噂がありました。メディアは彼らを普段から問題を起こす不気味な存在の悪魔崇拝者として煽るような報道を行い、町の人々はモラルパニックに陥っていたそうです。

★3人を逮捕


1993年5月7日、遺体発見から2日後、警察はダミアンを尋問しました。

6月3日にはジェシーを尋問します。ジェシーは知的発達が遅れていてIQ72。ゲイリー・ギッチェル警部立会いのもと、ベイリン・リッジ巡査によって行われた尋問は実に10時間に及びましたが、録音されたのはたった46分でした。

尋問に耐えられなくなったジェシーは、マイケル君たちを捕まえる手伝いをしたと自白したのでした。

警察は、マイケル君たちを殺した方法が残虐であることから、悪魔崇拝者による犯行だと断定していました。ダミアンたち3人が犯人だという物的証拠は何もありませんでした。

しかし警察は、ダミアンたちを逮捕しました。ジェシーが自白したことが理由です。彼らがオカルト好きでヘヴィメタル音楽を聴くこと、悪魔崇拝者の噂があること、今までに逮捕歴があることなどが、警察をそうさせたようです。

★ダミアンたちウェスト・メンフィス3の裁判


1993年、ダミアンとジェイソンはいっしょに裁判が行われました。IQが低いジェシーだけは別に行われました。

ダミアンたちの弁護側は、物的証拠が何もないことや、ジェシーの自白は辻褄が合わない点が多い強制されたものであること、などを主張しましたが、それらはすべて無視されるかたちに。

アーカンソーの法律システムでは、検察側が有利になる判決になることがほとんどすべてだという実態がありました。

検察側の証人にはオカルトの専門家が現れて、事件の残虐な内容は悪魔崇拝の儀式に一致する点などを証言しました。被害者が全員8才というは、魔女の数字「8」に当てはまるとか、被害者が3人という「3」もオカルトでは重要な意味を持つ、という具合に、ダミアンたちに不利となる証言をしていったのです。

そうして、物的証拠がなく、警察は血液サンプルも紛失していたりしたにも関わらず、3人は有罪判決となってしまいました。

もちろん無罪を訴えたダミアンたちですが、1994年の初頭には、主犯格とされたダミアンには死刑が、ジェイソンとジェシーには終身刑が言い渡されました。
 

 

★新証拠が見つかり、ついに無罪、釈放


1998年、判決が下ってから4年後、ウェスト・メンフィス3事件の新たな証拠が発見されました。

被害者の遺体からヒトの歯形が、靴から毛髪が見つかったのです。しかも、ダミアンたちのDNAとはどれも一致しませんでした。

それから、検出されたDNAを含む証拠すべてが、ダミアンたちの無罪を証明するものとなりました。

再審を行うことの可否を決めるため、公判が行われることになったにですが、ダミアンの死刑執行が迫っていた2011年8月19日に、司法取引が行われ、ダミアンたち3人は「無実を主張しつつ有罪であることを認め」10年の執行猶予つきで釈放されました。

ウェスト・メンフィス3と呼ばれた彼らはそれまで18年間もの長期間、刑務所に服役していましたが、司法取引の内容には、そんな仕打ちをした「アーカンソー州を訴えない」という項目があったそうです。理不尽ですね・・・。

★結局、真犯人は誰だったのか


結局、真犯人は誰だったのか?1998年に見つかった新証拠、被害者の遺体からヒトの歯形、靴から見つかった毛髪・・・。

怪しいといわれているのは、被害者クリスの継父ジョン・マーク・バイヤーズです。

★継父ジョンの暴力、逮捕歴
この事件を調べた犯罪専門のプロファイラーは、最も酷い暴力を振るわれたクリスに近い人物が容疑者で、その人物には力的な性質があると分析しました。

また、検視官によると、クリスの顔の傷は、ベルトのバックルで打たれたものであり、裁判のときに継父ジョンは、クリスたちが失踪した5日のよるにクリスをベルトで叩いたことを認めています。

そして継父ジョンはクリスにだけでなく、妻にも暴力を振るって有罪になった過去がありましたが、裁判の最中には明らかにされない事実でした。

今回の殺人事件の数週間前には、クリスが性的虐待を受けてる懸念を妻が学校に連絡していましす。

本当は警察はジョンが真犯人だと知っていながら、ウラで警察とジョンと法廷がつるんでいたのではないかともいわれています。

★凶器とみられるナイフと血痕
ウェスト・メンフィス3事件を題材にした映画に出演した際、ジョンは出演料のお返しとして監督にクリスマスプレゼントに、長年愛用してきたハンティングナイフを送りました。

ところがそのナイフには血痕らしきものがあり、監督は警察に知らせ、分析の結果、クリスの血液と一致したのです!

調べに対してジョンは、最初はハンティングナイフを使ったことはにあと主張しましたが、血痕が見つかる一転して、鹿を解体するのに1度だけ使ったと。

しかし、クリスの血液と一致したことを聞くと、今度は、どうしてクリスの血がついたかわからないなど、主張を二転三転させています。

★歯形について
遺体から見つかったヒトの歯形は、ダミアンたちの歯形とは一致しませんでしが、その歯形は「歯並びの悪い人物」といわれていました。

そして、ジョンはまさに「歯並びの悪い人物」でした。関係者の中で該当していたのです。ところが、ダミアンの弁護士が裁判のやり直しを求めて歯形の証拠が提出された直後に、なんと歯をすべて抜いて入れ歯にしてしまいました。

そんなこと明らかに不自然でしが、歯を抜いた理由についてジョンは、喧嘩でなくしたとか、薬の副作用だとか、苦しい言い訳をしています。

★靴から見つかった毛髪のDNA
DNA鑑定の結果、スティーブ君の継父テリー・ホッブスのDNAを一致したそうです。ということは、真犯人は二人?ジョンとテリーということなのでしょうか

真犯人はいまだ捕まっていません。
 
 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP