横浜市傾きマンションの傾く画像!住友不動産・旭化成建材のデータ偽装施工不良で一番つらいのは住民たち

2006年から販売を始めた三井不動産の横浜市のマンションが、施工不良によって傾くということがわかりました。いくつかの杭が硬い地盤に達していなかったことが原因でマンションが傾いてしまいました。

10月14日よるに住民説明会が行われましたが、住民からの怒りのクレームや不安による質問が殺到したのでしょう、およそ5時間という長時間となりました。安全対策の実施や補償に関する要望書が出されたといいます。


 
 

【スポンサードリンク】

 
 

傾きは以前からわかっていた


問題の「傾きマンション」は、横浜市都筑区の大型マンション「パークシティLaLa横浜」。ショッピングモールに隣接する好立地で、2006年(平成18年)に販売されました。4棟構成で合計705世帯あり、最高12階立ての大型マンションです。

2014年11月、4棟のうち1棟の住民が「外廊下の手すりがずれている」という報告を、販売元の三井不動産レジデンシャルにしました。

その1棟に住む他の住民の部屋は、以前から玄関のドアが開け閉めしづらくなっていたそうです。今回、傾きマンションだと判明し、やっぱりそうだったのかと思ったそうです。

他にも、60代の男性は、マンションの棟と棟をつないでいる廊下の手すりが、ずれていることに気づき「欠陥マンション」であるとピンときて、さっそく三井不動産に連絡しましたが、「東日本大震災の影響で問題はない」と言われました。三井不動産サイドの対応の遅れに怒っています。

横浜市が調査


横浜市の調べによると、建物を支える杭52本のうち、最低6本の杭が硬い地盤に達していませんでした。さらに、他の杭2本が長さが足りずしっかり打ち込まれずに、その結果、マンションは傾いてしまったのです。

傾きは最大で2.4cm。

三井住友建設が施工データを調査すると、上記の杭を含めて合計10本の部分で、データ偽装が確認されました。また、傾いていない他の2棟でも28本の杭でデータ偽装がありました。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

旭化成建材がデータ偽装を認める


10月14日(水)よる、三井住友建設から「傾きマンション」の「杭を支持層へ打ち込む工事」を請け負った、東京都千代田区の「旭化成建材」が、基礎工事を行う際に行った地盤調査のデータを偽装していたことを認めました。

「施工報告書」という、現場の施工の状況データに、ほかから転用・加筆をしたそうです。関与した人間は、最低でも1名の、外部から出向してでやってき社員だそうです。

「旭化成建材」の広報担当者は、建物の補強や改修にかかる費用は全額補償するとコメントしています。一方、データ偽装の原因については調査中ということです。

ツイッターの反応



 
 

<スポンサードリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEW

PAGE TOP