松本竜也は怪我で戦力外 素行が野球賭博で実はヤバイと発覚!「期待してたのに残念」という声も

10月5日に野球賭博が発覚した福田聡志投手(32才)の他に、怪我で戦力外となっていた巨人の松本竜也投手(22才)も野球賭博を行っていたことが判明して球界が揺れています。また、「A氏からの誘いを断った」と言っていた笠原将生投手(24才)も本当は野球賭博をしていたことがわかりました。

また、福田聡志投手の野球賭博報道のときにはA氏とう謎の人物が出ましたが、今回新たにB氏という人物の登場しました。名前も誰だかもわかりませんが、とにかく大変なことになってきました。

松本竜也投手の近況は、プレーではなく野球賭博に関心があったようです・・・。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

巨人 野球賭博に関係する人物


・知人A氏(名前が誰だか不明)
・飲食店経営者B氏(名前が誰だか不明)

・巨人:福田聡志投手(32才)・・・10月5日に野球賭博発覚
・巨人:笠原将生投手(24才)・・・A氏からの誘いを断っていたはずが21日判明
・巨人:松本竜也投手(22才)・・・10月21日判明

巨人 松本竜也 野球賭博


松本竜也投手は、
2014年6~10月頃までのおよそ4ヶ月間、笠原将生投手を通してプロ野球の約10試合で野球賭博を行っていました。

笠原将生投手は
2014年4~10月頃までのおよそ半年間、A氏とプロ野球の約10試合で勝敗をかけて野球賭博を行いまいた。そして2015年8月頃までA氏と交際し金品を受け取ったそうです。
そしてA氏の他にも、飲食店経営者B氏と
2014年4~10月頃までのおよそ半年間、プロ野球の10~20試合で野球賭博を行っていました。そして2015年9月までB氏と交際があり、野球賭博のほかに「賭け麻雀」「賭けゴルフ」も行っていたそうです。


 
 

[スポンサードリンク]

 
 

巨人 松本竜也 怪我 戦力外


2013年の3月に、胸から鎖骨あたりに違和感があり、「右側第1肋骨の疲労骨折」と診察されました。その後回復し、打撃投手の役目を担いましたが、怪我が悪化してしまい、7月には肋骨を切除する手術を受けました。
しかし、高校時代よりも球速が落ちる結果になってしまい、オフシーズンには自主トレで体づくりに励みました。

2014年には1軍でプレーすることはなく、2軍に。開幕戦で先発に登板して自己最多の16試合に出場しましたが、3勝10敗に終わりました。
この年、実は野球賭博に関わっていたのですね・・・福田聡志投手・笠原将生投手といっしょに。

そして今シーズンも、松本竜也投手は1軍の登板はありませんでした。

巨人 松本竜也 素行


笠原将生投手と同じようにヤンチャなキャラは持っていましたが、素行の悪さが問題になるということはなかったそうです。しかし今回、野球賭博をしていたことがわかり、見えないところでの素行の悪さが判明してしまいました。

巨人:松本竜也の野球賭博 ツイッターの反応



 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP