広島市世羅別館で食中毒!営業停止期間は?修学旅行の想い出がノロウイルスだなんて

広島市の中区になる「世羅別館」という旅館で、
修学旅行の小学生たち125人が集団食中毒の被害にあいました。
「世羅別館」は以前にも宿泊客が食中毒になり
広島市保健所から営業自粛要請を受けていたのですが
それを無視して営業を続けた結果です。

「世羅別館」はついに営業禁止を言い渡されました。
営業停止期間はいつまでになるのでしょう
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

広島市世羅別館で食中毒! 11月9~10日 横浜市の女子高校生43人


11月9~10日にかけて「世羅別館」に宿泊した
横浜市の女子高校生43人が下痢や嘔吐の症状を訴えました。

広島市保健所は12日の午前中に調理場を立ち入り検査したものの
この時は「世羅別館」の食事が原因だと
特定することはできなかったそうです。

ただ、そういった疑いはあったので
飲食部門について営業自粛要請を行いました。

広島市世羅別館で食中毒! 11月12~13日 3つの小学校で125人


しかし営業自粛要請に強制力はないので
「世羅別館」は従わずに営業を続けました。

11月12~13日、今度は
・滋賀県草津市立渋川小学校の小学生63人
・神戸市の小学生38人
・東大阪市の小学生24人
などが次々と食中毒の症状に見舞われたのです。

広島市世羅別館で食中毒! 11月13日の夜 営業禁止を言い渡される


11月13日の夜、広島市保健所は
11月9~10日にかけての横浜市の高校生43人の
食中毒の原因は「世羅別館」にあると断定して
飲食部門を営業禁止にしました。

11月9~13日にかけての、
・横浜市の女子高校生43人
・滋賀県草津市の小学生63人
・神戸市の小学生38人
・東大阪市の小学生24人
など、食中毒を発症した人は214人にも登りました。

一時入院した児童が13人いるものの、重症者はいないそうです。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

広島市世羅別館で食中毒! 原因はノロウイルスか


横浜市の女子高校生43人のうち、
7名からノロウイルスが検出されているそうなので
これが原因で間違いないでしょうね。

衛生管理がきちんと行き届いていなかったのではないでしょうか

食中毒被害にあった滋賀県草津市立渋川小学校の
仲野忠克教頭(59才)は、
「せめて仕出し弁当を取るなど配慮してくれたら、
子どもたちも苦しまなくて済んだ。
食中毒の疑いがあるという情報を事前に伝えてほしかった。
今後、医療費などの補償を求めたい」
と憤慨している模様です。無理もありません。

なぜ、事前に注意喚起せず、平然と営業を続けたのか?
「世羅別館」に問いただしたいところですが、
謝罪の文書を発表してはいるものの
メディアの取材に対しては、
弁護士にまかせているのでコメントできないと対応しているそうです。

広島市世羅別館 営業停止期間は?


「世羅別館」の営業停止期間はいつまでなのでしょうか?

食中毒の原因が「世羅別館」にあることは断定されましたが、
さらに詳しい原因、衛生管理や調理場の管理、
調理方法などが明らかになり、
今後の対策などもしっかりと広島市保健所に報告して
これなら大丈夫と認めてもらえるまで
営業停止期間は続くでしょうね。

おそらく年内の再開は無理ではないでしょうか
旅館としてはシーズンのはずなのに残念ですが、
自業自得ですからね・・・仕方ないです。

修学旅行の想い出がノロウイルスにだなんて・・・


一番かわいそうなのは、やはり被害にあった
高校生、小学生たちですよね。
せっかくの楽しい修学旅行が、
苦しいノロウイルスの想い出になってしまったのですから。

もう一度修学旅行に行くなんてことも
できないでしょうし、
たった一度しかない修学旅行が台なしになってしまい
本当に気の毒です。
 
 

<スポンサードリンク>

コメント

    • vita
    • 2015年 11月 27日

    本日配信の地元スーパーのメルマガに、世羅別館のおせちが掲載されており、びっくりです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP