大阪ダブル選挙の得票数で大阪維新の会が圧勝だった理由は「副首都大阪の確立」「二重行政の根絶」に先に掲げたから

大阪府知事と大阪市長を決める大阪ダブル選挙が11月22日(日)に行われ、投開票されましたが、知事選は、「大阪維新の会」で現職の松井一郎知事(51才)が再選、市長選は「大阪維新の会」の吉村洋文さん(40才)が初当選しました。大阪府知事と大阪市長どちらも得票数・投票率において「大阪維新の会」の圧勝という結果でした。

松井一郎知事と、吉村洋文新市長は、今年5月の住民投票で否決となった「大阪都構想」に再び挑戦してさっそく設計図作成に着手するということです。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

大阪ダブル選挙の結果 得票数と投票率


2015年大阪市長選の投票率は、50.51%でした。
2011年大阪市長選の投票率は、60.92%だったので10.41%下回ったかたちです。

★大阪府 知事選

政党 候補者名 得票数 投票率
大阪維新の会 松井一郎(51才) 2,011,988人 64.00%
無所属・自民党推薦 くりはら貴子(53才) 1,049,270人 33.37%
無所属 美馬幸則(65才) 82,601人 2.63%
       
全体得票数   3,143,859人 50.51%

2015年大阪府知事選の投票率は、45.47%でした。
2011年大阪府知事選の投票率は、52.88%だったので7.41%下回ったかたちです。

★大阪府 知事選

政党 候補者名 得票数 投票率
大阪維新の会 吉村洋文(40才) 595,127人 56.42%
自民党(自民・共産から支援) 柳本あきら(41才) 406,286人 38.52%
無所属 中川ちょうぞう(59才) 34,743人 3.29%
無所属 高尾英尚(33才) 18,594人 1.76%
       
全体得票数   1,054,750人 45.47%

 
 

[スポンサードリンク]

 
 

橋下徹の影響力


橋下徹さんは、今年5月の住民投票で「大阪都構想」が否決されたあと、「維新の党」から離脱し、橋下徹さんが党首になって地域政党「大阪維新の会」を立ち上げました。

今回の大阪ダブル選挙で「大阪維新の会」が圧勝したことによって橋下徹党首の影響力が戻ってくる可能性は高いといわれています。松井一郎知事と吉村洋文新市長が「大阪都構想」を進めていくにあたり、実際に指揮をとるのは橋下徹さんになりそうですね。

「大阪都構想」ではなく、「副首都大阪の確立」「二重行政の根絶」に先に掲げた


5月の住民投票では「大阪都構想」の可否を問い、否決さました。そのとき否決した有権者の票を得るため、また、わかず半年でまた同じ目的で選挙するというイメージや批判を避けるために、今回は「大阪都構想」というコーワードを使うことはあえて控えて、「副首都大阪の確立」「二重行政の根絶」を公約にかかげました。

「大阪都構想」よりも、教育や子育てなどに重点をおいた「橋下改革」を継承することを訴えたことが、無党派層からの支持を得ることにつながったようです。

 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP