悪霊はらう治療を糖尿病7才にした会社役員の名前が出ない理由!ネットでは「騙される親もおかしい」との声

重度の糖尿病だった7才の男児に、足やお腹など体を触ることを「治療」と偽って、男児の両親から「悪霊をはらう成功報酬」として200万円以上と受け取ったとして、栃木県下野市に住む60才の会社役員の男性に対して、警察は逮捕する方針を固めたということです。

この男性は、自分には特別なな能力があると両親をマインドコントロールをしたようですが、名前が発表されていません。名前はなんというのでしょう?ネットでは「騙される親もおかしい」という声もあがっています。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

悪霊はらう治療を糖尿病7才にした


2015年今年の春までに、会社役員の男性は7才の男児が「1型糖尿病」と診断を受けていることを知っていながら、「1型糖尿病」に必要なインスリン注射を行わずに、自分の「特殊な能力」を使って男児の体を触るという「治療」を繰り返したそうです。

「糖尿病」は、生活習慣病のひとつとして知られますが、それは「2型糖尿病」といいます。この男児が患ったのは「1型糖尿病」であり、「2型糖尿病」とは原因が全く異なります。昔は、「小児糖尿病」と呼ばれたこともあったそうです。

「1型糖尿病」の原因は、インスリンが分泌されない自己免疫疾患です。インスリンは膵臓にあるβ細胞から分泌され、体のなかで唯一血糖値を下げるホルモンなのですが、インスリンがないと人間は糖尿病になってしまいます。しかし、なぜ自己免疫に異常が起こってしまうかは、原因がわからないでいます。

「1型糖尿病」の患者は、インスリン注射薬を毎日打たなければいけません。それなのに、会社役員の男性は、ただ体を触っていただけでした。頭おかしいです。

会社役員の名前は?発表されない理由!


「悪霊をはらう」会社役員の男性の名前は発表されていませんが、発表されない理由は、ずばり、まだ逮捕されていないからですね。警察は逮捕する方針を固めたというだけです。ただし、近いうち逮捕されるでしょうからその際には名前がニュースに出ると思います。

「悪霊をはらう成功報酬」が詐欺にあたるのかどうかで、容疑を固める作業を警察はしているのだと思います。逮捕されたら、テレビのワイドショーなどでもある程度時間をさいて報じられそうな内容ですね。

2chなどのネットでも、法律上は罪になるのかどうか議論になっています。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

ネットでは「騙される親もおかしい」との声


両親は、可愛い自分たちの子供を助けようと、まさに神頼みでこの会社役員の男性にすがりついたのだと思いますが、普通の精神状態だったら絶対にだまされないですよね。そういう追い詰められた人の心につけこんだこの男性は悪い人間だと思います。

たしかに騙された両親もおかしいといえばおかしいですね。ただ、そんなこともわからないくらい必死だったと思うので、可哀想だと思います。

 

<スポンサードリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEW

PAGE TOP