木全美千男社労士が炎上!ブログ「社員をうつ病に罹患させ退職に追い込む方法」2ch・ツイッターでは「完全にアウト」「ネトウヨ」

社労士の木全美千男さんによる、モンスター社員をうつ病にさせて退職に追い込むための方法を教えるブログ、その名も「モンスター社員を解雇せよ! すご腕社労士の首切りブログ」が炎上しています。11月24日に更新された記事は、「社員をうつ病に罹患させる方法」というものでした。
 
  
 

【スポンサードリンク】

 
 

■ 木全美千男(きまたみちお)プロィール


 

名前は、木全美千男(きまたみちお)さんといい、特定社会保険労務士・税理士・行政書士・法務博士です。1988年に 社会保険労務士に登録、1989年に税理士登録しています。

愛知県出身で南山大学の経営学部を卒業後、中部電力に入社し社会経済生産性本部での勤務、そして会計事務所での勤務などを経て、独立しました。

現在は「きまた会計事務所」の所長と「有限会社モンジュアソシエイト」の代表取締役を務めています。財務・税務・人事労務の専門コンサルタントをしているとのことです。

■ ブログ記事「社員をうつ病に罹患させる方法」


記事は、Q&A方式になっていて、質問者が社内のモンスター社員を会社から追放する方法について相談しています。彼らは、上司に逆らう・遅刻・タバコさぼりといった行動が普通ではないらしく、「会社が法的に責任を取らない」カタチで「うつ病」にして辞めさせたいと内容です。

それに対して木全美千男社労士の答えは、「可能だが少し手間がかかる」とのこと。まずは、上司に逆らう・遅刻・タバコさぼりを就業規則で禁止して、違反したら厳しく罰するそうです。その際に、反省文も書かせるそうです。ここで木全美千男社労士は「適切合法なパワハラを行い、適切で強烈な合法パワハラをしよう 」などと書いています。なんだか陰湿で怖いですね・・・。

そのやり方についても具体的に記してあって、ステップ1が、ノートに自分がしてきたミスや他人にかけた迷惑の数々や、悲しかったことを書かせて、その原因は本人に非があるように関連付けて書かせるのだそうです。これは洗脳ではないでしょうか。うつ病というのは自分を責める病気だから、たくさん後悔させればうつ病を発症しやすいのだといいます。

ステップ2は、精神的にやられたそのモンスター社員を今度は降格・減給して、経済的にダメージを与えるんだとか。理由は適切にでっちあげるそうです。社労士が「でっちあげる」なんて指導をしてよいのでしょうか?

ステップ3では、万が一のことが起きても、うつ病の原因との因果関係を否定できる証拠を作っておくことだといいます。これは犯罪レベルでは?証拠を作っておけば、会社の帰責事由を否定できるんだとか。裁判でも会社が負けることはないそうです。

ステップ4は、本人が本当にうつ病になる直前に、休職命令を与えてもよいとこたえています。そして、休職満了によって退職も可能だというのです。その際には、社労士のサポートが必要になると、木全美千男さんは遠回しに自分を依頼をするように宣伝していますね。

記事のラストで木全美千男さんは、「モンスター社員に精神的打撃与えることが楽しくなりますよ。  以上」と、衝撃的な言葉を残しています。どうかしています。一人の人間を精神的・経済的・社会的に追い込むことを「楽しくなりますよ」と言っているのですから。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

■ ツイッターの反応


2ch・ツイッターは炎上し、木全美千男社労士に対する怒りの声であふれています。


 
 

<スポンサードリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEW

PAGE TOP