平岡克朗の経歴プロフィールや思想と会社名!ステイトリーズ・ガーデンはインリンオブジョイトイのプロデュースもしていた

沖縄県のアメリカ軍普天間基地の上空を飛行中だったヘリコプターに、レーザー光線を照射したとして、平岡克朗容疑者(56才)が威力業務妨害で逮捕されました。そんな平岡克朗容疑者の経歴プロフィールや思想、会社名について触れていきます。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

平岡克朗の経歴プロフィール、思想


平岡克朗容疑者は現在56才で、宜野湾市に在住ています。映像関連の会社を経営しているとの報道ですが、ネット上では、その会社は有限会社ステイトリーズ・ガーデンという会社ではないかと推測されています。ただ、この会社は渋谷109の通販ショップで自社ブランドを売っているアパレル会社であり、映像関連ではないようです。

映像関連ではなくアパレル会社であるという違いはあるものの、会社の住所が自宅住所と同じ宜野湾市なので、おそらくこれだろうといわれています。インリンオブジョイトイさんという台湾出身の女性タレントをプロデュースもしていたそうです。平岡克朗容疑者は数年前まで東京に住んでいて、沖縄へ引っ越してきたんだとか。

平岡克朗容疑者は逮捕時にCCCPのパーカーを着用していたそうで、CCCPとは若者むけのファッションブランドです。年齢は56才ですが、気持ちは若いようです。

思想はけっこう過激みたいで、自民党批判やアメリカ政府批判をブログに書いているらしく、一方で、中国・ロシアや共産主義には賛成のようです。ちなみにインリンオブジョイトイさんも、マネージャーの影響でかなりの半日思想だといわれています。

事件概要


2015年7月1日(水)よる9時頃、沖縄県宜野湾市にある普天間基地の上空にて、アメリカ軍がUH-1ヘリコプターで飛行訓練を行っていました。その最中に平岡克朗容疑者は9時3分頃~12分頃の9分間に3度、レーザーポインターを使って緑色の光線を照射しました。これによってアメリカ軍の飛行訓練は中断する事態になりました。

当時UH-1ヘリコプターには上空300メートルを飛行し、アメリカ海兵隊員の男女が4人乗っていましたが、怪我はありませんでした。

2015年12月7日(月)午前、警察はこれまでの聞き込みにより浮上していた平岡克朗容疑者を、車と自宅を家宅捜索したのち逮捕し、レーザーポインターやパソコンを押収しました。平岡克朗容疑者は容疑を認めているそうです。ちなみに普天間基地の周りでは2014年7月以降、6件のレーザー照射通報があがっています。

レーザーポインターを使って飛行機やヘリコプターなどにレーザー照射をして、威力業務妨害で逮捕されたのは今回が全国で2人目となります。今まで逮捕者が1人しかいなかったら、自分は大丈夫だろうとたかをくくっていたのではないでしょうか?
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

レーザー照射事件の数々


2010年7月から2015年12月までの5年余りで、飛行機やヘリコプターなど航空機にレーザー照射をした事件は、日本全国で152件も報告されているそうです。そしてそのなかで1割ぐらいがヘリコプターとなっています。

2014年5月16日、川崎市麻生区を飛行中だった神奈川県警のヘリコプターに、LEDライトを照射して無職の阿部勇司容疑者(41才)が威力業務妨害容疑で逮捕されています。現行犯逮捕でした。

大阪国際空港の周辺では、今年の10月以降レーザー照射の被害が連続していて大阪府警が捜査をしています。海外でもレーザー照射事件は多発していて、テレビのニュースでも取り上げられたりしていますね。

レーザー照射の危険性


レーザー照射は、飛行機の操縦の障害につながる危険行為です。墜落してしまったりしたら大変なことになりますので絶対にやめてほしい行為です。イタズラでは済まされないですよね。レーザー照射を受けたパイロットは、一時的に視力を失うそうで、深刻なダメージを与えることにもなりかねません。
 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP