株式会社イーエスピーの評判からわかる怖さ。運転手は健康診断を受けていなかった

株式会社イーエスピーのバスが39人の死傷者を出す
大事故を起こして大きなニュースになっています。
この事故で未来ある若者の命も奪われました。

そんな株式会社イーエスピーの評判を調べていくと
事故を起こした運転手が健康診断を受けていなかったことが
わかりました。

また、生存者からの証言により
すごいスピードでカーブを曲がろうとしたことも判明しています。
  
 

株式会社イーエスピーとは


株式会社イーエスピーは、
株式会社キースツアーからバスの運行を委託された会社です。

会社名  :株式会社 イーエスピー
本社住所 :東京都羽村市富士見平二丁目1番地5
代表取締役:髙橋美作
設立   :2008年7月8日
資本金  :300万円
従業員数 :195名
事業内容 :警備事業、バス観光事業
     ※バス観光事業認可:関自旅一第12号・東京都登録旅行業第2-6850号

株式会社イーエスピーの評判「バスがボロい」


キースツアーに委託されバスの運行をしていた
株式会社イーエスピーですが、
「バスが相当ボロい」と評判でした。

株式会社イーエスピーはもともと警備会社で、
2014年からバス観光事業を始めました。
中古バスを買ってバス事業を始めたそうなので、
バスがボロかったというのもうなずけますね。

株式会社イーエスピーの評判「行政処分を受けていた」


株式会社イーエスピーは、今回事故が起きた1月15日のたった2日前、
1月13日に、行政処分を受けています。

行政処分を受けた理由は、
運転手13名のうち10名について健康診断を受けさせていなかったからです。
2015年2月に国交省を監査をした際に判明しました。

じつは、事故当時運転していた運転手の土屋広さん(65才)は、
健康診断を受けていなかったそうです。
なぜかというと、株式会社イーエスピーで働きはじめてまだ2週間ほどしか
たっていなかったからだとか。
こうなってくると、土屋広さんに問題があったと考えてしまいます。

株式会社イーエスピーのバス ルート変更していた


事故を起こした株式会社イーエスピーのバスは、
予定とは違うルートを走っていて、事故を起こしました。

同社の担当者によると、
「時間調整などのために別のルートを走ることはあるが、
今回別の道を走った理由は分からない」ということですが、
予定どおりのルートを走っていれば事故は起きなかったのでは?
と思わずにはいられません。

※予定
1月14日よる23時、東京の原宿を出発

関越自動車道の東松山インターチェンジ

一般道

上信越道・・・ここでなぜか国道18号を走り、AM2時に事故。出発から3時間後です。

目的地は長野県の斑尾高原

高速ではなく、したみち(国道18号)を走れば当然時間がかかります。
なぜしたみちを走ったのか?今回の事故の最大の謎といえます。
 
 

株式会社イーエスピー 運転手に問題はなかったのか


株式会社イーエスピーのバスの運転手は、2人体制でした。
土屋廣さん(65才)と勝原恵造さん(57才)、
2人ともバス運転経験は10年以上のベテランで
病歴もなく、過労の訴えもなかったそうです。

出発前のアルコールチェックも行い体調に問題はなく
具合が悪そうにも見えなかったそうです。

土屋廣さんは、
事故当時運転していたといわれている運転手です。
昨年の12月は、2回しか運転していません。
1週間に1回も走っていないのです。
というにも、12月から働き始めた新人だったからです。
健康診断も受けていません。

株式会社イーエスピーのバス事故犠牲者


今回のバス事故でなくなった人は18~38才までの
その大部分が10代~20代の学生など若者です。

運転手2人と男性9人・女性5人が死亡し、
27人が重軽傷を負う大惨事となりました。

一瞬でものすごい力が体にかかり、体内の臓器がやられ
亡くなった人たちの多くが、即死に近い状態だったそうです。

株式会社イーエスピーのバス事故 生存者の証言


生存者の証言を読むと、2005年のJR福知山線脱線事故を思い出します。
あのときも、普通じゃないすごいスピートを出して、事故を起こしました。

すごくスピードが出ている感じがして。
その勢いのまま、カーブを曲がった時の遠心力は、そういう感じだった。
衝撃みたいな感じがあったので。ガタガタガタっていう。
それで、ちょっとおかしい。違うな、これって思って、ガタガタガタってなった時に、悲鳴が上がった。
そこで、わたしの記憶はないんですけど、次に目が覚めたら、バスじゃなくて外にいて、
落ち葉とか土の上に寝ていたので、『あ、外にいるんだな、自分』っていうことがわかって。
それで、隣にバスがあったので、『ああ、事故が起きたんだな』という感じです
※引用:ヤフーニュース

(バスの運転が危ないと感じた?)後ろだからか、
ちょっと揺れが『きょう揺れが大きいな』という話はありました。『荒いんじゃない』みたいな。
(事故当時の様子は?)事故が起きる瞬間は、ちょうどみんな寝ている時間帯で、
寝ていたら、いきなり大きな衝撃が起きて、
気づいた時には、バスの中が真っ暗で、状況がつかめない状態で。
なんとかもがいていたら、バスの外に出ていた。
(シートベルトはつけていた?)自分はつけてなかったです。ほかの人もつけていなかったのではないか。
最初の説明の時点で、『シートベルトを必ずつけてください』という文言もなかったんじゃないかと思います
※引用:ヤフーニュース

(何がきっかけで気づいた?)車が右往左往、すごいスピードで、
車内が遠心力で左右に揺れる、強い揺れを感じて。
僕も寝ぼけたままだったんですけど、おかしいと思って。
そこで頭を打って、気を失って、気づいた時には、バスが倒れた瞬間でした。
尋常じゃないほどのカーブの曲がり方だったので、これはおかしいなと思いました。
非常に悲しいですし、友だち2人が、まだどういう状況かわかっていないので、
現実を受け止めきれていない。これが本当に現実なのか、よくわからない状態です
※引用:ヤフーニュース

これらの証言から、バスがすごいスピードでカーブを曲がりきれずに
反対車線にはみ出してガードレールから飛び出して事故を起こしたことが
わかります。たいへん衝撃的な内容ですね・・・。
友人を亡くしたり、友人が重軽傷を負った人も多いと思います。
亡くなった人々のご冥福をお祈りするとともに
怪我を負った人々の一日も早い回復をお祈りします。
 
 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP