セブンイレブンがドーナツ全面刷新。種類など何が変わるのか、売れない原因は何だったのか

コンビニ首位のセブンイレブンがレジ横で販売しているドーナツを
1月19日(火)から全面刷新すると発表し、
ネットやツイッターで話題となっています。

理由を簡単に言うと「売れないから」ですが
その売れない原因とは何だったのでしょうか
また、全面刷新することで
何が変わるのでしょうか?
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

セブンイレブンがドーナツ全面刷新


セブンイレブンは一昨年2014年の10月に
「セブンカフェドーナツ」という名称で
ドーナツの販売を始めました。
肉まんと同じようにレジ横で販売する形式です。

ローソンは2015年4月からドーナツ販売を開始しました。
セブンイレブンと同様にレジ横で販売する形式です。

ファミリーマートも2015年4月から
「FAMIMA CAFE DONUT(ファミカフェ ドーナツ)」という名称で
販売をはじめました。
レジ横ではなく、菓子パンと同様、買い物客が自分で手に取れる形式です。

こういった大手コンビニ勢がドーナツ市場に参入したことによって、
人気ドーナツ店「ミスタードーナツ」との
「ドーナツ戦争勃発」ということで話題になりました。

しかし、やはり餅は餅屋ということなのでしょうか?
ミスタードーナツには勝てなかったのか、
このところ、売れ行きが伸び悩んでいたそうです。

全面刷新を決めたのは、「売れないから」が理由だと思われます。

ドーナツ市場


2016年のドーナツ市場の見込みは、1149億円です。

セブンイレブンは2016年度の売上目標を600億円に設定していましたが
今のところ、
首位セブンイレブンと2位ローソンの2社の売上を足しても
510億円にとどまる予想となっています。
全然足りてないですね。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

セブンイレブン ドーナツが売れない原因は?


セブンイレブンは1月19日(火)から
ドーナツを全面刷新するとのことですが、これで果たして売れるように
なるのでしょうか?

現在の種類・カロリーはこのようになっています。(値段は税込み)

・ふんわりリングドーナツ110円 234kcal
・ふわもちシュガードーナツ120円 212kcal
・ふわもちリングドーナツ110円 193kcal
・もちもちいちごリングドーナツ100円 206kcal
・もちもちスイートリングドーナツ100円 223kcal
・もちもちリングドーナツ(チョコ)100円 216kcal
・濃厚ショコラドーナツ138円 320kcal
・塩キャラメルドーナツ120円 280kcal
・チョコ&ナッツドーナツ130円 256kcal
・濃厚キャラメルドーナツ138円 304kcal
・きなこドーナツ(豆腐・豆乳・おから入り)100円 286kcal
・きなこドーナツ(豆乳入り)100円 250kcal
・チョコオールドファッション100円 404kcal
・いちごチョコオールドファッション128円 394kcal
・カスタークリームドーナツ120円 253kcal
・ホイップドーナツ110円 252kcal
・ホイップドーナツ110円 258kcal
・ストロベリーホイップドーナツ120円 248kcal
・蔵王クリームチーズのホイップドーナツ115円 258kcal
・安曇野牛乳のホイップドーナツ110円 266kcal
・白バラ牛乳のホイップドーナツ110円 252kcal
・ジャージー牛乳のホイップドーナツ110円 257kcal
※引用:セブンイレブンHP

かなり種類がありますが、地域ごとで販売される種類が異なるので
この種類をすべて販売しているという地域はないです。

全面刷新前の今までのセブンイレブンのドーナツに対して
ツイッターではこのような意見があります。

・ミスドで買って食べるほうが美味しい
・セブンイレブンのドーナツ不味すぎる
・だって不味い。味を見なおしたほうがいい。
・レジ横にあると店員にいちいち頼むのが気が引ける。自分で取りたい。
・確かにドーナツ不味かった
・菓子パンの延長でしかない。ミスドに対抗するなら店内で揚げてくれ
・なんだかんだでミスドがいい

このように、セブンイレブンのドーナツは不味く、
結局ドーナツはミスタードーナツが美味しいという意見が多数です。
一応、セブンイレブンのドーナツが美味しいという意見はありますが
少数派にどとまっています。

売れない原因はシンプルに、不味いからというメインで
あとは、肉まんみたいにいちいち店員に頼むのが手間なようです。

セブンイレブン ドーナツ全面刷新 何が変わる?


セブンイレブンはドーナツ全面刷新をするとのことですが、
具体的には何が変わるのでしょう?

セブンイレブンの発表によると
それぞれのドーナツに合わせて原料と製法から見なおし、
食感と美味しさにいっそうこだわったそうです。

例えば「チョコ&ナッツドーナツ130円」は、
生地には、くちどけの良い小麦粉を使用し
湯種を入れることで食感が「ふんわり、もちもち」になるんだとか。

新メニューも追加され、
「ツイストドーナツ(メープル風味)110円」は、
昔ながらの人気の揚げパンだそうです。

ユーザーからはあまり期待されていないかもしれませんが、
全面刷新後、試しに買って食べてみる人たちはきっといるので
そこでどんな感想を持たれるかが、売上が今後伸びていくかどうかの分かれ道かも
しれませんね。

1月19日はツイッターにセブンイレブンの新ドーナツの
感想が書き込まれるかもです。
 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 3月 21日
    トラックバック:flare研究室

PAGE TOP