みのりフーズ社長の顔画像に注目集まる「商品はダイコーから1枚33円で買い80円で店頭に」

みのりフーズの実質的社長である岡田正男氏の
顔画像にネットで注目が集まるなか、
ココイチの廃棄商品「ビーフカツ」は産廃業者ダイコー会長から
「1枚約33円」で購入していたことがわかりました。
店頭に売られるときには「1枚約80円」で販売されていたということです。

ココイチのビーフカツを産廃業者ダイコー会長が
みのりフーズの実質的社長、岡田正男氏に横流しして
不正転売していた問題で続報です。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

ダイコーからみのりフーズへ1枚33円で


ダイコーはココイチから廃棄を依頼されたビーフカツを
みのりフーズに約1枚33円で売っていたということです。

ダイコーはビーフカツの仕入れは0円、
それをみのりフーズに1枚約33円で売ったわけです。
数量は約40,000枚のほとんどだということなので
ざっくり計算でも 33円☓40,000枚=1,320,000円 となります。
ダイコー会長は132万円ボロ儲けですね。
このお金は帳簿にない会長のポケットマネーになったと推測します。

しかもダイコーは、ココイチからビーフカツの
廃棄料金を正規手続きで受け取っているはずです。
いくらかは不明ですが、数十万円の売上にはなったのではないでしょうか。

みのりフーズはダイコーから約33円で購入したビーフカツを
スーパーで約80円で転売しています。
スーパーに何円で転売したかはわかりませんが
仲介したという知人男性にいくらか払っているとして
みのりフーズは何十円かの取り分を得ていますよね。

仮に30円だとすると、
30円☓40,000枚=1,200,000円 120万円の儲けとなります。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

みのりフーズが転売した商品


みのりフーズが転売した商品したとされる商品は、
ダイコーから購入したというココイチ廃棄商品では
今回のビーフカツ、
2014年夏のチキンカツ
豚のロースカツ、
メンチカツ
だとわかっています。

また、ココイチ商品ではありませんが
ビンチョウマグロのスライスが49箱、
焼き鳥のモモが136箱
骨付きフライドチキンが20箱
も見つかっており、これらもダイコーから
不正に横流しされた廃棄商品の可能性があります。

ココイチは2010年からダイコーに産廃処理を委託していて
2014年2月以降からわかっている分だけでも
ビーフカツ約9万枚
豚ロースカツ約15万枚
メンチカツ約10万枚
ナポリタンソース
ラーメンスープ
があります。

廃棄商品の闇がすべて暴かれるにはまだ時間がかかりそうです。

みのりフーズ社長の顔画像に注目が集まる


 
ネットでは、みのりフーズ社長の顔画像に注目が集まっています。
それは、テレビのインタビューで、
あっさりと不正を認めて伝票を破棄したことや、
ダイコーから「隠せ」と言われたことなどを話したことが
「意外と正直者だった?」と話題になったこともあると思います。

 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP