住吉会の永富直也「空手から彼女との出会いまでの生い立ち」新井礼人に嫉妬も?

同居中の交際相手の3才の子供、新井礼人ちゃんに
1時間半にわたって暴行を繰り返して死亡させた
住吉会の永富直也容疑者(20才)に対して
日本中の人々が怒りにふるえています。

ネットではFacebook画像や出身中学、空手で優勝した過去などが
つぎつぎと判明しています。
新井礼人ちゃんへの暴行を止めに入った
交際相手で新井礼人ちゃんの母親も暴行を受け、
事件後には息子を守れなかった後悔のメッセージを友人あてに送っています。

住吉会の永富直也容疑者の
出身中学・空手・Facebook画像など生い立ちと
交際相手で新井礼人ちゃんの母親との出会い、
新井礼人ちゃんに対する暴行の経緯や内容などをまとめました。
 
 
 

永富直也 出身中学校


永富直也容疑者は、
埼玉県の松伏町立松伏中学校という
県立の公立中学校の出身です。

松伏中学校の住所は、
埼玉県北葛飾郡松伏町大字大川戸1136です。
中川と大落古利根川の間に挟まれた地域にあります。
徒歩25分の位置に、県立松伏高校もあります。

永富直也 小学校時代、空手で優勝


2005年12月11日、
今から10年前、10才の頃、
永富直也容疑者は千葉県の空手大会で優勝しています。
10才というと小学4年か5年ですね。

極真会館下総支部の松伏道場のブログに
優勝当時にトロフィーを持った永富直也少年の写真がありましたが
現在は削除されています。

中学校がある松伏町は、すぐとなりが千葉県なので
千葉県の空手大会に出場したのでしょうか。

また、永富直也容疑者は空手以外にも柔道もやっていて
東京都大田区の大会でも優勝経験があります。

空手と柔道、両方で優勝経験がある武闘派です。

永富直也 ツイキャス


永富直也容疑者はnaoyaaaaaan1213というIDで
昨年2015年の8月31日の20:48と21:58の2回だけ
ツイキャスで放送していますが
来場者は少なめだった模様です。

永富直也 Facebook画像


Facebookで「永富直也」を検索すると
永富直也容疑者と容姿が酷似している
サングラスの男性画像がヒットします。

特徴からして、このFacebook画像の人物は
永富直也容疑者であると思われます。
またこの画像は、
ツイッターの
@naoyaaaaaan1213アカウントの画像とも同じで
現在ツイッターは鍵がかかっています。

永富直也 住吉会


永富直也容疑者は、住吉会の組員であることが
ニュース報道でわかっています。

空手と柔道で優勝経験のある身長195cm、体重120キロ。
街で見かけたら絶対に避けたいタイプです。

後輩によると、性格は荒っぽいことで知られていた模様です。
通行人と目があったことにムカついて殴ったこともあったといいます。
3才の礼人ちゃんに対しても同じ感覚ということでしょうか。

永富直也と、交際相手で新井礼人ちゃんの母親


新井礼人ちゃんの母親は、永富直也容疑者より年上の22才で
昨年2015年の夏にSNSを通じて知りあい
今年2016年1月8日から東京都大田区のマンションで同棲しました。

同棲からわずか20日ほどで事件が起きました。
 
 
 

永富直也 3才の新井礼人ちゃんを暴行


「しつけ」虐待は以前からあった

永富直也容疑者は「しつけ」と称して
以前から礼人ちゃんに平手打ちをしていていました。
1月18日頃からです。

近所のひとも、叩いているのを見かけたことがあるといいます。

礼人ちゃんの母親が暴行を止めに入ると、
よけいにエスカレートしていったといいます。

1月25日(月)よる8時半頃

永富直也容疑者は3才の新井礼人ちゃんに暴行をはじめました。
理由は「夕食中ににらんできた」「説教中にテレビの方を向いた」です。
そして1時間半にわたり執拗に暴行を繰り返したのです。

・殴る蹴る
・正座をさせて、「かかと落とし」をする
・ボーリング玉に見立ててガラスケースに投げ飛ばす
という信じられない暴行をしました。
しかも、ニヤニヤしながら行ったというのです。

正座した礼人ちゃんに対して、
ベランダのほうを指して「あっち行け。死んでしまえ」と笑いながら脅したといいます。

母親は礼人ちゃんをかばいましたが、
「おまえが甘やかしているからだ」と彼女も暴行をうけ
「ギャー」と続く悲鳴を、近所の人も耳にしています。

10時頃、礼人ちゃんが痙攣し、過呼吸になって
ぐったりすると暴行は止まりました。
礼人ちゃんの母親はパニックになりましたが
「息をしているから大丈夫だ」といわれ
礼人ちゃんが寝返りもしていたので大丈夫だと思い、気を落ち着けました。

暴行を受けた新井礼人ちゃんは
38度の高熱を出し、「苦しい、ママー、ママー」と訴え
水を与えても吐いたり、失禁したりしました。
礼人ちゃんの母親は病院に連れて行こうと言いましたが
「病院に行ったら、虐待がバレて一緒にいたお前も捕まる」と
永富直也容疑者から脅されました。

1月26日(火)よる10時頃

母親が頭を冷やしたり手当をしたものの
礼人ちゃんは、もはや起きあがれませんでした。
唇は青くなって、受け答えも普通ではなくなくなりました。

1月26日(火)よる12時すぎ

暴行から24時間以上がたち、やっと、
礼人ちゃんの母親は119番で救急車を呼び、救急隊にいは
「1月25日(火)に公園の滑り台から落ちて怪我した」と
説明しましたが、これは虐待を隠すために、
そう話すように永富直也容疑者から指示されたものです。
いわゆる口止めです。

救急隊が到着したとき、礼人ちゃんのほっぺたやお尻には
アザが複数みられ、耳は両方とも緑色でした。

礼人ちゃんは心肺停止状態、病院に搬送後には死亡が確認されました。
死因は、頭部への強い衝撃による硬膜下血腫でした。
左耳からは出血がありました、コレは脳に衝撃を受けた結果です。
ほかにも両眼底出血・顔面打撲といった3才にしてはヒドすぎる怪我もありました。

虐待を疑った医師が警察に通報して、事件が発覚しました。

1月28日(水)あさ

警察車両に乗るときも乗ったあとも、スマホをいじり
「やることはやった。人生に悔いはない」という
永富直也容疑者は、大森署から東京地検に送検されました。

マンションの部屋からは
血のついた布団、ガーゼが見つかっています。
刃物が見つかっていて、これは礼人ちゃんに暴行するとき
ちらつかせたものとみられています。

昨年12月の3才児健診では、礼人ちゃんにアザはありませんでした。

母親が友人にメッセージ

母親は、事件後に友人にメッセージを送っています。
自分が母親だから守らなければいけないのに
守れずに死なせてしまった。という後悔のメッセージです。

幼児への虐待事件が後を絶たない

2015年7月、静岡県沼津市では、
29才の無職の男が交際相手の1才の子供に暴行をして死亡させました。

2010年4月、大阪府堺市では、
23才の無職の男が交際相手の1才の子供に暴行をして死亡させました。

永富直也容疑者はおそらく、子供のまま大人になってしまった20才
ではないかと思われます。
そして、交際相手である母親から愛情を受ける礼人ちゃんに嫉妬もしていて
「睨まれたこと」と「嫉妬」があわさって今回の激しい暴行に至ったのでは
ないでしょうか。
 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP