【自民党また】乙武洋匡の不倫相手を画像つきで新潮がスクープ(前半)「一心同体!乙くんといる自分が一番好き」

自民党でまた不倫騒動です。今度は自民党から出馬予定を報じられていた乙武洋匡さん(39才)です。週刊新潮が不倫相手の画像つきでスクープを報じました。また。不倫相手は1人だけでなく、5人もいたので衝撃です。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

乙武洋匡 自民党から出馬予定


乙武洋匡さんは、友人であるタリーズコーヒージャパンの創業者、松田公太議員が代表を務める「日本を元気にする会」から出馬すると約束してサインもしていました。

しかし、乙武洋匡さんのブレーンである、政財界やスポーツ界に幅広く人脈をもつ経営者からのアドバイスで、「日本を元気にする会」ではなく「自民党」から出馬することにしたようです。

乙武洋匡さんは既に茂木敏充選対委員長と話をすすめ、自民党からの出馬はほぼ固まっているといいます。

東京都知事が夢

乙武洋匡さんは最終的には、東京都知事になるという、胸に秘めた夢があります。まずはその足固めとして、東京選挙区を狙っているんだとか。

誕生日パーティーを出陣式に

4月6日、乙武洋匡さんは40才の誕生日を迎えます。誕生日の前日、母校の早稲田大学の付近にある「リーガルホテル東京」3FのMAX1000人収容の大宴会場で、盛大に誕生日パーティーを開催予定です。

パーティーには、オリンピックメダリストの有森裕子さん、社会学者の古市憲寿さん、など著名人が発起人です。そして会費はなんと1万円。乙武洋匡さんはこの大掛かりな誕生日パーティーを、選挙への出陣式にしようと考えている模様です。

五体不満足・立派な経歴・育メン「いいひと」

乙武洋匡さんは、生まれつき両手両足のない先天性四肢切断という障害者でしたが、早稲田大学在学中1998年に著書「五体不満足」を出版し450万部のベストセラー、一躍脚光を浴びました。重い障害を持ちながらも暗さ・劣等感を感じさせない向日姓で、従来の障害者のイメージを覆したからです。

「爽やか乙武クン」として圧倒的な支持を得たその後は、スポーツライターや日テレ報道番組「ZERO」のキャスターを務めるなどメディアで活躍しました。

また、杉並区の小学校で3年間教諭を経験し、2013年からは東京都の教育委員も務めるなど、教育者としての顔もあります。さらには、ゴミ拾いボランティ「グリーンバード新宿」の代表も務めています。

プライベートでは、2001年に早稲田大学の1年下の後輩女性と結婚して、現在は8才の長男・5才の次男・1才の長女という3人の子供を持つ父親です。長男誕生時には育休と取得した育メンでもあります。

こんな、完璧ないい人である乙武洋匡さんが、まさかの不倫をしていたことを週刊新潮がスクープしました。しかも不倫相手は5人もいたから衝撃です。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

乙武洋匡 不倫相手の画像


不倫相手の女性

乙武洋匡さんの不倫相手の女性は、年齢20代後半の美女です。大河ドラマ「真田丸」の主人公の嫁を演じる実力派女優の黒木華を思わせる魅力的な女性です。

「エール・フランス293便」は、パリのシャルル・ド・ゴール空港へと飛び立っていきました。機内では通路側の席に座り、2人は肩を寄せ合い
乙武洋匡「俺ら一心同体でしょ」
不倫相手「一心同体!乙くんといる自分が一番好き」
と新婚夫婦のようなラブラブな会話をしていました。

不倫相手の画像

続きは後半の記事で

このあとも長いので続きは後半の記事で紹介します。

不倫相手の女性と会ったり旅行する際には、ダミーの男性を同行させて、3人での移動を装うなど、周囲にも嘘ついて旅行に出掛けています。誠実なイメージの乙武洋匡さんとは真逆です。

この女性とは4年半の不倫関係で、他にも不倫相手は4人、合計5人の不倫相手がいました。

>>後半記事
 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP