MF山口蛍の怪我「左眼窩底骨折」の症状。全治しても後遺症はあるのか【日本代表シリア戦で鼻を強打】

サッカー日本代表のMF山口蛍選手が、ロシアワールドカップ2次予選のシリア戦で相手選手とヘディングでボールをクリアする際ぶつかり、鼻を強打しました。すぐ病院に搬送され精密検査を受けた結果、山口蛍選手の怪我は「左眼窩底骨折」と診断されましたが、この「左眼窩底骨折」の症状や全治にどのくらいの期間がかかるのでしょうか。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

山口蛍が日本代表のシリア戦で怪我 


3月29日、ロシアワールドカップ2次予選のシリア戦で、サッカー日本代表のMF山口蛍選手は先発出場しました。しかし後半10分の時点で、シリアのMFハレド・アルムバイド選手とヘディングを競り合い空中と激突、相手の頭が顔面にぶつかり怪我をしました。

鼻からは大量の血が流れ、メディカルスタッフが止血をして、他の選手たちも心配して山口蛍選手に駆け寄りました。山口蛍選手はプレー続行不可能になり、原口元気選手と交代、顔には布が覆われて、山口蛍選手は担架でピッチの外に運ばれていきました。

試合終了間際、山口蛍選手は鼻をタオルで押さえたまま、救急車で都内の病院に搬送されたのでした。

病院で診断すると、最初は「鼻中心の打撲」とみられましたが、精密検査をすると「鼻骨および左眼窩底の骨折」だったことが判明しました。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

左眼窩底骨折 症状と全治


「眼窩底骨折」とは、眼球を支える薄い骨の骨折のことです。硬いものが当たって眼球が強く押されることが原因で起こります。

眼球は逃げ場を失い、眼窩の内圧は上昇し、眼窩の下や内側の薄い骨が、内圧の上昇に耐えられずに骨折します。

骨折がひどい場合は手術をするのですが、山口蛍選手の場合もそうなるのではないでしょうか。眼球を固定するためにシリコンを埋め込んだりする手術です。

症状は?

「眼窩底骨折」の症状は、目の周りの痛み・腫れ、あざ、頬や上唇のしびれ、眼球陥没、そして物が二重に見えたりする「複視」があります。

ごくまれに、視神経が圧迫されて視力が損なわれることがあります。山口蛍選手はそんなことにならないでいてほしいですが。

全治何か月?

「眼窩底骨折」の完治には骨折の具合や個人差によって、全治1~6ヵ月といわれています。

2015年11月7日に、サンフレッチェ広島のDF水本選手(30才)が左眼窩底骨折したときは、13日に病院で全治4週間と診断されました。

後遺症は?

「眼窩底骨折」によって、骨折した部分に目を動かす筋肉が挟まれると、うまく眼球が動かなくなって「複視」になることがあります。そうならないことを願います。

ネットの反応


 

 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP