【薬物疑惑】元アスリートXは誰だ「貴乃花説」丸刈り激ヤセと宗教っぽいブログが理由らしいが。

2月2日に清原和博容疑者が逮捕されてから「清原和博の次に逮捕されるのは誰だ」という報道がスポーツ新聞や週刊誌などで次々に起こりましたが、その後被告として保釈されてからは沈静化していました。ところがここにきてまた「元アスリートX」の覚せい剤薬物疑惑が浮上しました。次に逮捕されるのはこの「元アスリートX」でないかというのです。

ネットでは、貴乃花親方説が浮上しています。それは、報道にある数々の特徴や「激ヤセ丸刈り」「ブログが不気味」に当てはまるからです。果たして本当に貴乃花親方が薬物使用しているのでしょかうか?信じられないですが。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

元アスリートXとは


清原和博容疑者の次に逮捕されるという噂の、元アスリートXとはいったい誰なのでしょうか。

80~90年代に活躍

報道によれば、80~90年代に活躍し、国民的人気者になった超一流アスリートだということです。

プライベートでは家族がらみのトラブル

プライベートでは、相次ぐ家族がらみのトラブルによって、スポーツ紙や週刊誌、ワイドショーから何度も追いかけられるほどのお騒がせ者です。

現役引退後

元アスリートXは、現役を引退した後もスポーツ界に深く携わり、メディアへの露出も多いといいます。
また、現役時代と比較してあり得ないくらに「激ヤセ」したり「目の焦点が定まっていない」「ブログが意味不明で不気味」などネットで話題になりました。

最近メディアに露出した際にも、ネットでは「もはや別人」「病気じゃないの?」と驚く声が。

元アスリートX 覚醒剤薬物疑惑


いままでメディアで大々的に扱われることはありませんでしたが、最近、元アスリートXの覚醒剤など薬物使用について、捜査当局が目を光らせるいるといいます。

頭を丸刈りに

捜査当局が元アスリートXに目をつけていたのはかなり昔からでしたが、本格的な内偵調査が始まったのは「頭を丸刈りにした頃から」です。

毛髪鑑定対策か

いままで逮捕された著名人たちは、薬物の毛髪鑑定対策として髪の毛を丸刈りにするなど極点に短くしたりしていました。また、「激ヤセ」「激太り」などの体型の変化がありました。
元アスリートXが疑いをかけられるのは、これらに当てはまるからでもあります。

元アスリートXは誰だ?


清原和博容疑者の次に逮捕されるという噂の、元アスリートXとは誰なのか?上記情報をもとにネットではさっそく特定作業を行われました。

元アスリートXの特徴まとめ

★現役時代
・80~90年代に活躍
・国民的人気者になった超一流アスリート
★プライベート
・相次ぐ家族がらみのトラブルが話題に
★現役引退後
・スポーツ界に深く携わり、メディアへの露出も多い
・激ヤセ
・頭を丸刈り
・目の焦点が定まっていない
・ブログが意味不明で不気味

ネットで噂されているのは、なんと元横綱の貴乃花親方です。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

元アスリートX 貴乃花親方説

貴乃花親方は1972年生まれの現在43才です。

>★現役時代
>・80~90年代に活躍
>・国民的人気者になった超一流アスリート

1990年5月、17才8ヶ月で入幕しましたが、それ以前80年代、小学校・中学校時代から全国大会で優勝するなど活躍して注目されていました。
入幕してからの90年代は、弟の若花田との「若貴フィーバー」で相撲は大人気となり、2年後に19才で初優勝を果たしました。1993年には20才で大関となり、1994年には横綱に昇進します。
まさに、国民的人気者になった超一流アスリートでした。

>★プライベート
>・相次ぐ家族がらみのトラブルが話題に

プライベートでは1992年に、人気女優の宮沢りえさんとの婚約を発表し大きな話題となりました。ところが2か月後に婚約解消をは発表し、これもまた話題となりました。
1995年には元フジテレビ女子アナの河野景子さんと、まさかのデキ婚で話題となりました。

1998年には家族トラブルの話題で持ち切りでした。
貴乃花が通っていた整体師に洗脳されて、師匠で父親の二子山親方と、兄で横綱の若乃花と、不仲になっている報道がありました。特に兄とは絶縁状態にまでなっているというものでした。
それでも1年後に和解しています。

>★現役引退後
>・スポーツ界に深く携わり、メディアへの露出も多い
>・激ヤセ
>・頭を丸刈り
>・目の焦点が定まっていない

貴乃花は2003年に現役を引退しました。それから1年後「激ヤセ」が報じれました。あばら骨が浮き出るほどの異常な激ヤセでした。
現在は丸刈りにしています。

>・ブログが意味不明で不気味

最近話題になったブログはこのようなものです。

忠誠と信義を重んじ、この人生に身を捧げる思いを、過去にない意地と懇親を抱いて皆様のご期待にお応えし、相撲道復活の道筋を常に歩み続けたいと思う毎日です。

人生は長くとも短いと申しますが、今日死に直面しても悔いはない人生を訓示として、我が身我が友我らが仲間と共に身を削る覚悟に至りました。

相撲道の普及は、我が人生の名代でもあります。我が故郷我が生き甲斐でもあり、記憶を辿れば、幼心に芽生えた軍神のように生まれてきた思いがいたします。日本の国益のお役に立てるための、相撲道の本懐を遂げるためのものです。

言うが易し行うは難しい、と社会の気風を打破してこの後の相撲界に大きな貢献に鉾を立てて、将来を担う力士たちの柔軟なしなやかな心を育てて参ります。これからもご支援ご指導を賜りますよう何卒宜しくお願い申し上げます。
引用:http://www.takanohana.net/message/index.html

難しすぎて、意味不明です。意味不明な記事はほかにもあり、ネットでは「宗教的」「カルト的」などの声があがっています。

こういったことから、貴乃花親方に薬物疑惑があるわけですが、現在は日本相撲協会の理事であり、スポーツニッポン評論家でもあります。そういった立場の人が覚醒剤を使用するとはとても思えませんが・・・。どうなんでしょう。
 
 

<スポンサードリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEW

PAGE TOP