桃田賢斗の「反省してない」4つの理由にスナックママ彼女とのキス画像が加わり「チャラい」確定

謝罪会見で、号泣した田児賢一選手は「反省している」といわれる一方で、桃田賢斗選手は「反省していない」といわれています。

桃田賢斗選手がなぜ「反省していない」といわれるのか、調べてみると4つの理由がありました。

また、そんななか週刊新潮がスナックママ彼女とのキス画像を報じ、以前から「反省していない」と同時にいわれていた「チャラい」という噂も確定してしまったのでした。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

桃田賢斗「反省してない」といわれる4つの理由


桃田賢斗選手が「反省してない」といわれる理由は4つあり、どれも謝罪会見での様子や発言・態度についてです。

理由1.謝罪の場でチャラい髪型
理由2.謝罪会見で頭を下げていなかった
理由3.ニヤついていた、笑いをこらえてるようにみえた
理由4.自覚のない言い訳・問題の意味がわかっていない

■理由1.謝罪の場でチャラい髪型

桃田賢斗選手は、茶髪だった髪色を黒く染めたのはよかったですが、髪型そのものが「チャラい」から「反省してない」といわてました。ただ黒く染めただけであると。
謝罪会見なのだから、それに見合う髪型をするべきでした。

田児賢一選手が特にセットしていない髪型だったのに対して、桃田賢斗選手はかっこよくセットしていたのも、余計に際立った理由ですね。

■理由2.謝罪会見で頭を下げていなかった

頭は下げていたのですが、会見中の話すときの態度が問題だと思います。
終始前かがみで頭を下げるような低姿勢で話していた田児賢一選手に対して、桃田賢斗選手は姿勢よく堂々としていました。なので「頭を下げていなかった=反省してない」といわれたのでしょう。

■理由3.ニヤついていた、笑いをこらえてるようにみえた

謝罪会見での桃田賢斗選手の表情を見ると、申し訳なさそうな顔で謝罪の言葉を述べる田児賢一選手に対して、桃田賢斗選手は涼しい顔をしているように見えます。

話しているときは、ニヤついて笑いをこらえてるように見えるといわれると、そう見えなくもないです。目の涙袋がくっきりしているので、笑ったときの目に似ていますね。もともとそういう顔なのかもしれませんが。
よく言えばさわやかということになるのですが、謝罪会見なので、反省しているのなら少し表情を作ってもよかったのでは。

■理由4.自覚のない言い訳・問題の意味がわかっていない

「入ってはいけない所に入る好奇心、楽しんでいる自分もいた」
「自分もスポーツマンで勝負の世界で生きているので、
ギャンブルに興味があり、やめられない自分がいました」
この言い訳が「反省してない」といわれる一番の理由ではないでしょうか。

「勝負の世界で生きているから違法賭博をやった」というのがインパクトありすぎて、真面目にスポーツをしている選手たちをなんだと思っているんだと批判されてしまうのです。

問題の意味がわかっていないのは、表情を見るとそう思えます。子供が自分がしたことの意味をわからず怒らているときのような顔に見えます。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

■理由まとめ

たしかに桃田賢斗選手は反省してないように思えますし、事態の深刻さをわかっていないまま謝罪会見に臨んだように見えます。
一方、田児賢一選手は号泣したので反省が伝わってきますし、田児賢一選手と桃田賢斗選手は自然と比較してしまう会見でもありました。

髪型
 田児:ふつう。
 桃田:黒いけどかっつけてる。
頭を下げる
 田児:終始下げながら。
 桃田:姿勢よく堂々と。
ニヤつき
 田児:神妙な顔つき。
 桃田:さわやかだし、笑ってるみたいに涙袋くっきり。
言い訳
 田児:事態を重く受け止めている
 桃田:わかっていない言い訳 

桃田賢斗選手ひとりで謝罪会見をやってもおそらく「反省してない」といわれたでしょうが、田児賢一選手が同席したことによって、桃田賢斗選手のよくない部分が際立つ会見となりました。

桃田賢斗 スナックママ彼女とのキス画像で「チャラい」確定


謝罪会見で「反省してない」、これまでの髪型画像なども踏まえ「チャラい」といわれていた桃田賢斗選手でしたが、スナックママ彼女とのキス画像を週刊新潮が報じたことで、「チャラい」が完全に確定しました。

週刊新潮の報道がなければ、終息したかもしれませんが・・・スナックママ彼女とのキス画像、そして闇スロットをしていたことも判明し、まだしばらくこの話題は続きそうです。
 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP