【しくじりから学ぶ】米村でんじろうのWikiにない大学3浪経歴など。嫁の名前や婿なこともついでに紹介

サイエンスショーが人気の、面白い理科の授業をする先生、米村でんじろうさん(61才)。

そんな米村でんじろうさんのWikiにない大学3浪や、大学に入っても落ちこぼれた、教師になって面白い実験をしてもクレームを受けたなどいくつかのしくじり経歴も紹介します。

嫁の名前や、じつは婿なこともついでに紹介します。

米村でんじろうさんは、数々のしくじりをしていますが、結果的にそれらを乗り越えて成功しています。
そういった人生のしくじりから教訓を学びたいと思います。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

米村でんじろう 本名、年齢


米村でんじろうさんの本名は「米村傳治郎」といいます。読み方は同じです。
珍しい漢字を使う本名なので、わかりやすいように平仮名にしたのでしょうね。

1955年2月15日生まれの現在61才です。

米村でんじろう 結婚や嫁、家族について


米村でんじろうさんは大学在学中に、現在の嫁である律子さんに出会っています。
嫁の律子さんも旦那と同じく大学で教員免許を取得したようです。

米村でんじろうさんはしばらく無職だったので嫁の律子さんが働いて支えたそうです。
なんだか芸人の嫁みたいですね。
ちなみに「米村」という苗字は、嫁家の苗字で、でんじろうさん家の苗字は「戸谷(とや)」です。
なので、でんじろうさんは婿さんということになります。

米村でんじろう 出身の田舎町で自然科学を満喫


千葉県市原市の出身です。今は開発が進んで道路も舗装されていますが、当時は山奥の田舎町でした。
魚とりや虫取り、山菜とりを楽しみ、夜空はとてもきれいでした。
遊び道具はゴムパチンコがエスカレートして火縄銃になったんだとか。

■理科の実験大好き

そんな自然の遊びの中、学校の理科の授業とNHKの実験番組が、自然科学を教えてくれました。
理科の授業での工作や実験が大好きで、成績も他は2~3なのに理科だけは5でした。

■中2から理科の実験が減った

ところが中学2年くらいから理科の授業で実験の回数が減り、テスト勉強には興味がやる気が出ませんでした。
一生懸命になれるのはやりたいことだけという素朴な少年でした。宿題もやっていません。

■15才で大阪万博

しかし15才の頃に大阪万博があり、宇宙旅行やロボットに出会い、将来は科学者や技術者になりたいと憧れを抱きます。

米村でんじろう 高校から大学へ。しかし3浪【しくじり】


高校は千葉の県立市原市高校の普通科に進みました。
当時は普通科の高校に行ったら大学に行くのが普通だったのででんじろうさんも大学に行きたいと思いました。
大好きな理科系を志望したものの、一期校の旧帝大系に歯が立たず、3浪して二期校だった東京学芸大学の理科教育科に進学しました。

■教師になる気はなかった

理科教育科にしたのは、入れそうだったからです。
教師になる気は全くありませんでした。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

米村でんじろう 大学で落ちこぼれる【しくじり】をパソコンが救う


大学2年までは勉強についていけたものの、3年からは専攻していた物理学で相対性理論や量子学になり、ついていけなくなりました。
好きな物理の勉強が分からないことがコンプレックスになり、落ちこぼれて単位も落としていきます。

■卒業したくて研究室に【成功】

しかし卒業はしたい理由で研究室に入り、パソコンにハマります。
お金も彼女もないが時間があったので毎日パソコンをいじっているうちに、研究室で一番使えるようになりました。
そして先生からプログラミングを頼まれるほどになり、でんじろうさんは自信を取り戻しました。

■社会に出たくなくて大学院に

大学院に行ったのは、社会に出たくないからという理由が半分以上です。
大学院で理科教育専攻科を2年で修了します。

■大学院のあとまた3年【しくじり】

大学院で修了したあと、今度は研究者になるべくドクターコースのある大学院を受けますが、落ちます。
受けては落ち、受けては落ちで、結局大学受験3浪のときのように3年がたちました。

米村でんじろう 29才で社会で出る


でんじろうさんは29才でやっと社会人になりました。
ドクターコースは落ちているので研究者への道は見えず、就職するには年を取り過ぎで、不安になります。
そんななか、科学の楽しさを伝える理科の先生になるのもいいかもと思い、教員採用試験を受けて、都立高校の物理の先生になります。

■面白い実験・授業を発案【成功】

その都立高校は素行の悪い荒れた高校で、誰も授業を聞きません。
そこで米村でんじろうさんは、生徒の興味をひくため何か面白いことをしようと考えました。
・みんなに手をつながせて静電気で軽く感電させてみる
・外に連れ出し、野山の草花や椎の実をビーカーで茹でて食べさせる
といったものです。
次第に生徒たちが面白がって興味を抱いて、能動的になってくれました。
この高校では8年間教えました。

■進学校に異動して行き詰る【しくじり】

都立高校のあと進学校に異動します。
3年がたった頃、授業以外にも部活・修学旅行・生活指導などをしなければいけない先生の仕事に違和感を覚え、行き詰りました。
・実験で生徒がケガしたら大変
・くだらない実験より成績アップの授業を優先して
などクレームやバッシングも相次ぎました。
また、都立高校時代からNHKの実験番組で助手やアドバイザーをしていたこともあり、教師以外で科学の仕事ができないか模索します。

■教師を辞める

39才の始業式のあと、校長に辞職を伝え、あっさり承諾されます。
40才で、安定した公務員を捨てて、フリーランスになったわけです。食べていける見通しもないのに。

米村でんじろう 教師を辞めたら勝手に周りが動いた【成功】


米村でんじろうさんが教師を辞めると、なぜか勝手に周りが動いたといいます。
「面白い授業をする先生がいる」ということで、ドキュメタリー番組が取り上げて大きな話題となりました。
それをきっかけに問い合わせが殺到して、テレビ出演やサイエンスショー、講演を行うことになりました。

米村でんじろうさんは
・小学・中学・高校で理科以外勉強をしなかった
・大学受験で3浪した
・大学で落ちこぼれた
・大学院ドクターコースで3浪した
・研究者になれなかった
など、しくじりがありますが、それを乗り越えて、
・大学でパソコンが得意になった
・面白い授業をする理科の先生になった
などして、現在のサイエンスプロデューサーになりました。

サイエンスプロデューサーになってからは、仕事は一切断らず請けました。
フリーランスなので、一度断ると次がなくなる不安があるからです。
しかしそれが功を奏して、なんでも引き受けることで仕事の幅も広がっていきました。

米村でんじろうさん曰く、人生はシミュレーションしても思い通りにはならないので、人生の方向性をひとつに決めないほうがいいと言っています。
もし米村でんじろうさんが強すぎる信念を持っていたら、フリーランスになったあと仕事を選んで断ってしまい、今の自分はなかったというのです。確かにそうでしょうね。
 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP