【南海トラフ地震】5月17日の予言がデマなら政府はなぜ隠蔽をするのか?

2026年から来た未来人が「南海トラフ地震」が5月17日に起きると予言したとして、多くの人が注目しています。
ただ、一方でこの「南海トラフ地震5月17日予言」は、デマではないかという見方もあります。
また、「南海トラフ地震5月17日予言」について政府はあることを隠蔽しているようです。それはいったい・・・。

もし「南海トラフ地震5月17日予言」がデマなら、政府はなぜ隠蔽をするのでしょうか。
予言に真実味がないからでしょうか、それとも予言が的中するからでしょうか
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

南海トラフ地震とは


「南海トラフ地震」とは、「フィリピン海プレート」と「アムールプレート」の境目の「南海トラフ」という沈み込み帯が震源になって起きる巨大地震のことです。
場所的には、四国から東海地方にかけての西日本エリアになります。

もし起これば、東日本大震災を超える巨大災害になると予想されています。

「南海トラフ地震」はおよそ90~150年、もしくは200年の周期で起きているという説があります。
100年と200年の周期が、交互に繰り返しているという説もあり、諸説さまざまです。

2013年1月時点では、マグニチュード8~9の規模で、30年以内に発生する可能性は60~70%と予想されていました。
1946年に起きたマグニチュード8クラスの昭和南海地震をもとに計算された予想だといいます。

南海トラフ地震 5月17日予言はデマ?


「南海トラフ地震」は、5月17日という予言があります。
予言したのは、2chに登場する2062年から来た未来人です。

■未来人 東日本大震災を予言

その未来人は、2062年からタイムトラベルで現代に南海トラフの調査目的でやってきたそうです。
最初に現れたのは2010年11~12月で、2011年3.11東日本大震災および原発事故を予言するうような書き込みをして、東日本大震災が起きた際に、言い当てた人物として注目を浴びています。

■未来人 熊本地震を予言

そして熊本地震についても「2016年4月15日」と日付を指定していて大注目されました。

■未来人 南海トラフ地震を予言

さらに衝撃的だったのが「次は5月17日」と書き込んだことです。
未来人は、どこで大地震が起こるのかは、ルールがあって言えないらしく、暗号や日付などでしか伝えることができないといいます。タイムパラドックスでも起きてしまうんでしょうか。

■未来人 南海トラフ地震の予言はデマ?

東日本大震災、熊本地震を予言してきた未来人ですが、南海トラフ地震5月17日の予言はデマなのでしょうか。

デマだといわれる理由にはいくつかあると思います。

一つ目は、2chに登場しているということです。2062年から来た未来人が2chに書き込みっておかしい、しかもオカルト版ですから、デマだと思われても仕方ないでしょう。
そもそも本当に未来から来たのか?と信用されずデマだといわれます。

二つ目は、2chオカルト版では大地震の予言をしている人はとてもたくさんいるので、その中で誰かの予言が当たったとしてもおかしくはないだろうという理由です。
今までの未来人の予言も、たまたま当たっただけだろう、だから南海トラフ地震5月17日の予言はデマだろうということです。

三つ目は、信じたくないからです。南海トラフ地震は5月17日に起きてほしくないからです。これは日本人みんなの願いでしょう。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

南海トラフ地震 5月17日 政府が隠蔽?


南海トラフ地震5月17日予言について、政府は何も公表がありませんが、実は政府は事実を隠蔽しているという噂があります。
政府も5月17日に南海トラフ地震が起きると予言しているのでしょうか。

■政府が隠蔽?1.海上保安庁

2chユーザーの母親が九州北部の海上保安庁に勤めていて、海上保安庁内ので「5月16日までに地震に備えるよう」通達があったという情報があります。

5月1~2日のG7大臣会合でも、南海トラフ地震が話題にあがったんだとか。

■政府が隠蔽?2.モグラの大量死

普段は地中で暮らすモグラ。
そのモグラが、高知県や愛媛県で大量死しているのが発見されたのですが、政府はそれを隠蔽したといわれています。
地中で生きるモグラが地上に出てきて大量死するのは、地震の前兆だそうです。

これは南海トラフ地震の被害予想です。
5月17日に予言通り起これば、大変なことになるのがよくわかります。

■政府が隠蔽するのはなぜ?

アメリカの映画やドラマによくある理由ですが、政府はパニックを避けるために隠蔽したのかもしれません。
もしくは自分たちだけは備えをして、要人たちは被害を受けないようにしている可能性もあります。
 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP