【原因はタバコか】小倉智昭の膀胱がんのステージや生存率に注目。「とくダネ!」復帰はいつだ 

フジテレビ朝の情報番組「とくダネ!」でおなじみの小倉智昭さん(68才)が、膀胱がんの手術を受けるため、入院することとなりました。
膀胱がんの治療に専念するので、今週末から全ての仕事を休むんだとか。
長年吸ってきたタバコが原因でしょう。

そんな小倉智昭さんの膀胱がんのステージはいくつなのでしょうか。
また、余命や生存率も気になりますね。
「とくダネ!」に復帰した際には、激やせや脱毛が心配されます。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

小倉智昭 膀胱がんのステージと生存率


小倉智昭さんの膀胱がんのステージは、それほど深刻ではないようです。
関係者によれば「状況は深刻ではないと聞いています」とのことです。
本人も「1週間だけお休み」と言っています。

■膀胱がんのステージと生存率

膀胱がんのステージごとの状態はこうです。
ステージ0:ガンが粘膜や上皮にたまった状態。
内視鏡で治療できる場合があります。

ステージⅠ:ガンが粘膜層を超えたが、筋層には達していない状態
手術で膀胱を切除して治療します。

ステージⅢ:ガンが筋層に達してたまった状態
Ⅲからは、化学療法・放射線治療を併用となります。

ステージⅣ:ガンが筋層を超えた状態

そして膀胱がんのステージごとの生存率は
ステージⅠが約95%
ステージⅡが約80%
ステージⅢが約40%
ステージⅣが約25%
となっています。

小倉智昭さんは1週間だけ休みと言っているので、ステージⅠではないかと推測します。
ステージⅢになると5年生存率が一気にさがり深刻になりますが、今の感じだとそんな雰囲気はないですね。
 

■膀胱がんは再発率がとても高い

小倉智昭さんは手術をして無事治療が済んだとしても、膀胱がんは再発率がとても高い病気といわれています。

むしろ再発しないほうが珍しいくらいなんだとか。
ただ、再発しても早期発見・早期治療をすれば、生存率を高めることができるといいます。

 

[スポンサードリンク]

 
 

小倉智昭 余命は?


小倉智昭さんは今回膀胱がんで手術しますが、余命に大きな影響はなさそうですが。手術によって体力は奪われるでしょう。
また、入院生活によって少し痩せることも考えられます。

また、小倉智昭さんは糖尿病で、かつ2012年の春には白内障の手術も受けています。
さらに、昔はタバコを毎日3箱吸うヘビースモーカーでした。

膀胱がんの原因のトップにあるのは、タバコです。
吸わない人の2倍から4倍も膀胱がんになりやすいそうです。

禁煙して今は吸っていませんが、タバコが原因で、もしかしたら次は肺がんになる可能性もありますね。

糖尿病に加えて、がんも患った小倉智昭さん。
68才でバリバリ現役で元気な人ですが、がんはあっという間に余命を縮めます。
今後は膀胱がんが再発したときや、肺癌など別のがんが見つかったとき、余命が心配になりますね。

小倉智昭 「とくダネ!」に復帰はいつ?


小倉智昭さんは今週末から仕事を全て休んで、一週間休養するそうなので、「とくダネ!」に復帰するのは、5月23日の週からではないでしょうか。

がんといえば、激やせや脱毛といった見た目の変化がありますが、今回の膀胱がんは軽いようなので、そういった変化はなさそうです。
仮に脱毛しても、小倉智昭さんはカツラなので視聴者は脱毛に気づけないですね。
 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP