【ジブリの動物神】二木真希子が死去。wiki風プロフィールの経歴・作品は名作ばかりで凄い

ジブリ作品の動植物の作画では不可欠なアニメーターで「ジブリの動物神」との異名を持った、二木真希子さんが死去されました。
享年58才でした。晩年を過ごすことなく死去されていまいました。
死因は病気のようです。

二木真希子さんのwiki風プロフィールの経歴・作品を観ると、「ジブリの動物神」といわれるだけあって、すごいです。
ジブリの作品は、日本を代表する文化のようなものでもあると思います。二木真希子さんは死去されましたが、その作品は永遠に残りますね。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

二木真希子 死去 死因は病気


5月13日(金)午後6時頃。
二木真希子さんは死去されました。享年58才でした。
病気療養中だったので、死因は病気と思われます。
ただ、病名については公表されていません。

葬儀は親族だけで執り行われました。

二木真希子 wiki風プロフィール 経歴


二木真希子(ふたき まきこ)さんは、愛知県出身1957年6月19日生まれ。
大学は、愛知教育大学の美術課程を卒業しました。

そして、スタジオジブリでアニメの原画担当として勤めたのち、独立してフリーのアニメーターとなりました。

■二木真希子 スタジオジブリ作品

二木真希子さんはスタジオジブリ作品を多く手掛けたアニメーターです。

・風の谷のナウシカ
・天空の城ラピュタ
・となりのトトロ
・魔女の宅急便
・おもひでぽろぽろ
・紅の豚】
・耳をすませば】
・もののけ姫
・千と千尋の神隠し
・ハウルの動く城
・ゲド戦記
・崖の上のポニョ
・借りぐらしのアリエッティ
・コクリコ坂から
・風立ちぬ
・思い出のマーニー

こんなにたくさんの作品に関わっていたんですね。
  
 

[スポンサードリンク]

 
 

■二木真希子 ジブリの動物神

二木真希子さんは、「ジブリの動物神」という異名を持っていました。
木々や、動物の描写がとても優れていたんだとか。

名作「もののけ姫」のラストシーンでコダマが現れるのは、二木真希子さんが希望したからだといいます。
監督から信頼されていたから、その希望が採用されたんでしょうね。

■二木真希子 フリーでの作品

二木真希子さんはフリーになってからは、著書「世界の真ん中の木」を出版したり、児童文学作家の上橋菜穂子さんの「精霊の守り人」シリーズの挿絵を手がけました。

・著書「世界の真ん中の木」

・「精霊の守り人」シリーズの挿絵

二木真希子 死去 ネットの反応


 

 

<スポンサードリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEW

PAGE TOP