【2062年未来人】暗号解読により5月17日は嘘!デマ書き込みに惑わされた!2019年まで猶予あり。

5月17日、深夜に「2062年から来た未来人」から2chに書き込みがあり、それは朝に南海トラフが起こるという内容でした。
しかし、5月17日のその時間に南海トラフは起きませんでした。

そして「2062年から来た未来人」から最近届いた暗号の解読について調べていくと、5月17日の書き込みは嘘で、未来人騒動に便乗したデマである可能性が濃厚となりました。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

【2062未来人】5月17日に現る


「2062年から来た未来人」が5月17日に現われ、朝の6時53分に南海トラフ地震が起きると書き込みがありました。

許されることなのかどうかわからないが
今日、南海トラフは起こってしまう。
時間は、6:53AM
津波は34m
相当な被害が出る
それによる首都直下併発で100万人は死人が出るだろう

引用:http://raptor.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1463415966/

その時間(6:53AM )に南海トラフ地震は起きませんでした。
しかし、まだ油断はできません。今日5月17日が終わるまでは。

また、「2062年から来た未来人」はなぜか鉄道ゲームのWikiを荒らしていきました。

【2062未来人】はなぜ鉄道wikiを荒らしたのか?


これについては、
・タイムパラドックスを避けるため
・何をしたら過去を変えることができるのかの実験
・時空警察に「過去への警告」がバレないための暗号
などと憶測が流れていますが、真相は不明です。

さらに固定IPアドレスであることが判明してたようで、これによって未来人の特定ができそうです。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

【2062未来人】暗号と解読


「2062年から来た未来人」から最近届いた暗号はこちらです。

■暗号
016 61 101
QS HMGKH URD XSXBIC NMIZ VDC AOYB GU QZVD RQCPDDQ YRD
I ZAN

■解読
・逆さから読み、空白文字を削除
・1行目の数字の意味は「区切り」
・NAZI(ナチ)→ナチの暗号機エニグマ

エニグマシミュレーターで解読

■解読した結果
【最新の暗号と解読】
DRYQDDPCQ → NIMARUNINI → 2022
DVZQUGBYOAC → NANAZEROYON → 704
DVZIMN → NANKAI → 南海
CIBXSX → TROUGH → トラフ
DRUHKGMHSQ → NIGETEKURE → 逃げてくれ

2022 704 南海 トラフ 逃げてくれ

2022年7月4日 南海トラフ逃げてくれ

ただ、この暗号は現代人の暗号解読力を試すデモンストレーションだそうです。
2022年7月4日というのは「2062年から来た未来人」の生年月日なんだとか。
この日には南海トラフは起きません。

そして、テストをクリアした現代人に本番の暗号が届いています。

5|2|9|1
GER
-8
MDGE
13+4+7+5=25

40212△18,841019,598214,
6141512,20611△13,47632,
586513,487911-12,179215,
54643,162612,48865,204153,
3834,258813,60615△8,166115-16,
4893,556157,28856,43126,
791320,303183,

この暗号の難易度は過去最高レベルだそうですが、デモンストレーションによって解読力がついたので、解けるのではないかと。

また、解読期限は2019年までだそうです。
ということは、2020年に南海トラフが起きるということなのでしょうか?

【2062未来人】南海トラフ5月17日予言は嘘?


「2062年から来た未来人」は最新の暗号を伝える際にこう書き込んでいます。

私は過去に、2度警告をした。
2011.3.11の警告を3ヵ月前に的確に行い、
2016.4.15の警告はピンポイントで的確に行なった。

3度目の今回は、最高難度の暗号での警告、と言う形で申し訳ないとは思っている。

これを読む限り、どうやら5月17日は南海トラフの予言ではなかったようです。

朝の6時53分に南海トラフ地震が起きるという書き込みは、成り済ましの可能性が出てきました。
「2062年から来た未来人」は、人口変動につながるような大災害などについては、公表できないと明言しているので、暗号を使っています。
なので、5月17日の書き込みはやけに具体的なので、未来人騒動に便乗したデマ・嘘でしょうね。

 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP