【死去】今坂勝広の死因は病気「胃がん」。弟の晃広もボートレーサーだった。

5月21日(土)よる6:55。
ボートレーサーの今坂勝広さんが死去されました。
死因は病気「胃がん」だということです。
享年40才でした、

弟の晃広さんもボートレーサーでした。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

■ ボートレーサー今坂勝広 経歴プロフィール


今坂勝広さんは、静岡県出身1976年1月4日生まれ、A型です。
身長160cmと小柄で体重は52kgでした。

ボートレースが大好きな人で、かける意気込みはすごく、一生懸命だったといいます。
そんな今坂勝広さんは、その闘志あふれるレースぶりから、あだ名が「ガッツ今坂」と呼ばれました。

■ ボートレーサー今坂勝広 成績

静岡支部所属です。
デビューは1994年11月、75期生としてボートレース浜名湖にて。
同期には、徳増秀樹さんがいます。

最初の優勝は、1997年1月の児島一般戦です。
G1では、2003年6月の江戸川賞48周年記念で初制覇を達成しています。
SGでも、2010年3月の平和島クラシックで5着、10月の桐生ダービーで4着と、ファイナルに進出しています。

通算1483勝、優勝は61回。
1999年後期から32期連続でA1級だったトップレーサーです。

昨年12月の「BP呉23周年記念第5回富士通フロンテックカップ」にも出場して、成績は「15311 16213」でした。
最後のレースは、昨年12月30日の浜名湖11Rです。(フライング)

■家族は、弟の今坂晃広もボートレーサー

家族は、弟の今坂晃広さんもボートレーサーです。
1977年9月12日生まれ、38才でA型。

兄の今坂勝広さんと同じくA1級で、優勝11回を果たしています。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

■ ボートレーサー今坂勝広 死去 死因は病気


静岡支部長の渡辺哲也さんが最近見舞いに行ったときは元気な様子だったんだとか。
40才の死去はあまりに早すぎます。

■ ネットの反応



 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP