乙部綾子は現在ブログがないがパールダッシュで相変わらず美人広報な模様!

乙部綾子さんは、堀江貴文さんがライブドア事件を起こした3か月後まで、ライブドアで広報担当を務めていた女性です。
退社をブログで発表し、その後のアメーバブログは開設2日目で32万人という驚異のアクセスでした。

現在は別の会社で広報担当をしていますが、ライブドア事件が起きるまでの3年半は毎日走りっぱなしで、歩くことを忘れるくらいだったとか。
そんな乙部綾子さんは、堀江貴文さんとよく一緒にテレビ出演していて、美人広報として有名になった女性でもあります。

乙部綾子さんがライブドア美人広報になり退社するまで、そして退社してから現在。ブログもどうなったかまで、触れていきます。
堀江貴文社長のもとライブドアとともに成長し、また堀江貴文社長によって人生を滅茶苦茶にもされました。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

■ 乙部綾子がライブドア美人広報になり退社するまで


乙部綾子さんは、神奈川県横浜市出身1976年2月21日生まれAB型、現在40才です。
高校は都立竹見高校に通い、大学は山脇学園短大を卒業しました。

■航空会社時代~結婚

1996年20才の頃
短大を卒業後した乙部綾子さんは、航空会社日本エアシステムに就職し、3年半勤めました。
そのあとエジプト航空に転職して1年働きましたが、
2000年24才の頃
商社マンと結婚して寿退社しました。

結婚して専業主婦となった乙部綾子さんでしたが、外資系のIT企業で事務員として勤務します。

■ライブドア「美人広報」時代

2002年10月
その頃、堀江貴文さんのホームパーティーで直接自分を売り込み成功。
当時のライブドアは野心家を持った人間が集まる場所であり、乙部綾子さんの堀江貴文社長の秘書の紹介でした。
その秘書は元CAで、乙部綾子さんも元CAというCAつながりでした。
「私はここで働きたい!」と猛アピールしたそうです。
堀江貴文さんが経営する会社「オンザエッヂ(のちのライブドア)」で、社長室広報宣伝グループの社員となりました。
2003年1月
社員となってからわずか3ヶ月でアシスタントマネージャーに昇進します。

2004年
オンザエッヂは2月に株式会社ライブドアに社名変更し、この年、大阪近鉄バファローズの買収プランを発表したことで、広報担当の乙部綾子さんは堀江貴文社長と一緒にテレビやラジオに出演することが多くなりました。
乙部綾子さんは広報担当4人の中で、取材依頼の調整役だったので同伴していたのですが、秘書や不倫相手だと思われることもありました。
この頃から、乙部綾子さんはライブドアの美人広報として有名になります。
これは、広報の女性がスター化した初めての事例といえました。


 
 

[スポンサードリンク]

 
 

■ライブドア事件がショックで退社

2006年1月16日
順風満帆だったはずが、ライブドアが有価証券報告書の虚偽記載をした証券取引法違反容疑で、東京地検の家宅捜査を受ける「ライブドア事件」が起きました。
事件以降、乙部綾子さんは精神的ストレスを理由にメディアの露出を自粛することになります。

堀江貴文社長は逮捕され、グループ企業も続々と離脱、堀江貴文社長の後釜の熊谷氏も逮捕されました。
ライブドアは平松社長が新社長になり、脱ホリエ色を打ち出します。

そんな平松社長は、今まで貢献してきた乙部綾子さんに「広報からはずしてやる」とも言ったそうです。

そんななか、乙部綾子さんはこれまでと現在を振り返り
「幼稚かもしれないだけど、『皆で頑張っていた。』
私の知っているライブドアはもうないのかな・・・」
と語っていました。
また、ライブドアで毎日走っていた3年半は、人生にとってすごく大事な3年半だったとも。

そして捜査から2ヶ月
3月16日
この日はUSENがライブドアの株式取得をした日です。
その一方で乙部綾子さんは自分のブログでライブドラを退社することを発表して、翌3月17日に退社したのでした。

■ 乙部綾子 ライブドア退社後から現在


乙部綾子さんは、ライブドアを退社してから約1ヶ月後
4月18日に
芸能事務所ケイダッシュの関連会社「パールダッシュ」に再就職します。
この会社はケイダッシュや一般企業のPR業務をする会社です。

ライブドアを辞めようか悩んでいるときに「私を必要としてくれるところがあるなら」と語っていた乙部綾子さんは、現在この会社で必要とされ広報の仕事をしています。

■ 乙部綾子 ブログ


乙部綾子さんは、ライブドア時代は、ライブドアが運営するブログを更新していました。
そのブログも現在は削除されて、ありません。

ライブドアを退社後は、アメブロ「乙部綾子オフィシャルブログ『オトベノオシゴト』」を始めましたが、それも現在はなくなっています。ちょっと寂しいですが。
 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP