フェンタニル注射液は副作用がヤバいオピオイド。過剰摂取は危険すぎたプリンスの死因

音楽のカリスマ、プリンスさんの死因ともなったフェンタニル注射液は、モルヒネの数百倍の効果がある、副作用に便秘もある麻酔・鎮痛剤、合成オピオイドです。
過剰摂取は危険でヤバすぎるのですが、プリンスさんは依存症だったのでしょうか、過剰摂取してしまったようです。

そんな合成オピオイド「フェンタニル」とは、どんなものなのか、便秘を含む副作用や、プリンスさんも使ったであろう注射液について触れていきます。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

■ フェンタニルとは


フェンタニルとは、注射液で麻酔や鎮痛を目的に使われる合成オピオイドです。
強力な鎮痛剤であり、合成麻薬となります。
※オピオイドとは、ケシから採取した成分で、鎮痛・陶酔作用があります。

同じ合成オピオイドのモルヒネよる強力で、その効果はモツヒネの100~200倍にもなります。

「チャイナホワイト」という通称で、合成ヘロイン薬物としても流通しています。

■ フェンタニルの副作用


フェンタミルの副作用は
・眠気
・めまい
・吐き気
・嘔吐
・便秘
といったものがあります。

■フェンタニルの副作用 便秘はモルヒネより軽度?

フェンタニルの副作用に便秘がありますが、モツヒネ(便秘発生頻度5~52%)に比べると起こりにくいという説があります。
しかし、フェンタニル(便秘発生頻度9.9~52%)とモルヒネの便秘頻度大差ないようです。

また、フェンタニルには、重度の副作用として依存性があげられます。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

■フェンタニル重度の副作用 依存性

フェンタニルを続けて服用することで、薬物依存になることがあります。
そして、過剰摂取によって死に至る場合もあります。
また、フェンタミルを摂取してから体温があがると、皮膚からの吸収が増えて、過剰摂取と同じことになります。

ほかにも重大な副作用として
・呼吸抑制・無呼吸
・血圧低下
・不整脈・期外収縮・心停止
・興奮・筋強直・換気困難
・チアノーゼ
などがあります。

■ フェンタニル注射液


フェンタニル注射液には強い鎮痛効果があります。
・ガンの激しい痛み
・全身麻酔
・局部麻酔
における鎮痛に、フェンタニル注射液を使います。

静脈に注射すると、すぐに鎮痛効果があり、30~45分間ほど効果が続きます。

■ ネットの反応



 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP