【病気】岡村咲のアレルギーは食べられないものだらけ。スキャンダルはガセだから関係ない  

女子プロゴルファーの岡村咲さんは、遅延型食物アレルギーという病気と戦いながら、大好きなゴルフを続けている強い女性です。
子供の頃はなんともなかったのですが、高校生になってから咳・脱毛・血便など謎の体調不良が続き、卒業後プロになってから「遅延型食物アレルギー」という、食べ物が原因のアレルギーの病気だとわかったのです。

ちなみに、岡村咲さんにスキャンダルはないですが、アレルギーには全く関係ありません。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

■ 岡村咲 謎の病気は「遅延型食物アレルギー」だった


岡村咲さんは現在、遅延型食物アレルギーと戦っています。
しかし、小さい頃はなんともなく、なんでも食べていたし、犬も飼っていました。
ちなみに10才からゴルフを始めています。

■高校生で謎の病気を発症

岡村咲さんは高知中央高校に進学してから、体に異常が起きます。
最初はひどい便秘になり、次に極端に疲れやすくなり、階段を登っただけで疲れ果ててしまうくらいに。
ランイングにもついていけない、異常事態です。

そして血便や血尿といった症状も出て、髪の毛も抜けてきました。
髪の抜け具合はひどく、一度の入浴で排水溝が詰まってしまうほどだったといいます。

しかし、これだけの異常な状態なのに病院で検査を受けるとなぜか「異常なし」でした。
どう考えても病気なのに。

■19才でプロゴルファーに

岡村咲さんは謎の病気に悩まされながらも、高校卒業後の19才、2011年にプロゴルファーになります。
ただ当時はひどい喘息で、医者はプロ入りを反対しました。

■病気「遅延型食物アレルギー」だと判明

アレルギーの病気だとわかったのは、ツアーに出た初年度でした。
契約企業の系列病院で診察を受けたのですが、そのときの医者が偶然、海外で診察経験があったことが幸いしました。

■ 岡村咲 遅延型食物アレルギーで食べられないもの


岡村咲さんはアレルギーのため食べられないものがたくさんあります。
・小麦
・卵
・乳製品
・醸造イースト
・みそ・しょうゆ・みりん・酒などの発酵調味料全般
・酵母エキス
・醸造酢
です。
ケチャップやソースなどほとんどの調味料は食べることができません。
サトウキビもダメです。

摂取してしまうと、
めまい・だるさ・むくみ・冷えの症状が出たり、動悸が止まらなくなって意識を失うことも。
花粉でも同じような症状が起こるので、花粉の季節にはマスクをしながらゴルフをすることになります。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

■ 岡村咲 キャンピグカーで生活


岡村咲さんはキャンピングカーで移動して、車内で自炊することもあります。
なぜキャンピングカーなのか?その理由は、学生時代に遠征先から帰ってくるための時短方法でした。
親は、娘がゴルフをやっても学校にはきちんと通わせようと必死でした。

そんなキャンピングカーですが、今ではアレルギーの岡村咲さんにとってなくてはならない存在です。
岡村咲さんの食事は、アレルギー物質を抜いた「除去食」にしなければいけません。
食品メーカーが協力してくれて、岡村咲さんでも大丈夫なスポーツ飲料や調味料を作ってくれて、遠征先のホテルではその調味料とレシピを持参して、レストランで個別対応してもらっています。
ただ、すべてのホテルがそうではないので、キャンピングカーでの自炊も必要です。

■ 岡村咲 アレルギーの病気、最初は公表したくなかった


岡村咲さんは、最初は遅延型食物アレルギーという病気であることを公表したくありませんでした。
成績が上がらない言い訳に病気を使っていると思われたくなかったからです。
しかし岡村咲さんは遅延型食物アレルギーの病気を知るにつれ、いろいろな病気や障害と戦っている人たちの存在を知り、アレルギーがあってもゴルフを続けている自分が病気を公表することで励ましになるならと、考えが変わりました。

■ 岡村咲 スキャンダルはガセ!


ネットの検索ワード候補に
「岡村咲 スキャンダル」とありますが、これはガセです。
EXILEのTAKAHIROさんと女優の武井咲さんとのスキャンダルが昔あったのですが、岡村咲さんの下の名前が同じ「咲」だったので、勘違いして検索が多くなった結果、検索ワード候補になってしまったようです。
 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP