【次期都知事選候補】桜井俊は若い頃、実家の群馬でモテていた(画像)ラーメン好きだが嵐は知らなかった。

「次期都知事選」。数々の候補者の名前があがるのなか、与党に「待望論」があるとして取りだたされている人物、それが、嵐の櫻井翔さん(34才)の父親で、官僚のトップだった桜井俊・前総務事務次官(62才)です。
桜井俊さんは若い頃、実家のある群馬、前橋高校でモテていたと、友人で落語家の立川談之助さんがコメントしています。
若い頃の高校時代の卒アル写真画像を見ると、確かにイケメンです。
また、ラーメン好きですが、息子の櫻井翔さんがメンバーを務める嵐については、その人気や知名度について全く知らなかったそうです。

6/17総務省事務次官交代式にて
桜井俊・前総務事務次官
「マスコミの前でこうやってお話をする機会はこれが最後であります」
事務次官を退任したのは、奇しくも舛添要一都知事が辞表を提出した2日後でした。

候補者として名前があがった直後には
「どこからもそういう具体的なお話があるわけではありませんし、仮にあったとしても大変光栄ではありますけれども、(都知事選)に出るつもりはありません」
と出馬を否定しています。

しかし、時事通信社の田崎史郎さんはこうみています。
「今の段階での否定ってのは、これは当たり前のことなんですね。出ない出ない出ない・・・って言って出たほうがやっぱりインパクトがあるわけです。そういう意味で桜井さんはそうなるかもしれない。憶測ですけれども」
「政権内部では桜井さんを推す声が根強くありますし、待望論がありますよ。」
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

■ 桜井俊 若い頃、実家の群馬でモテていた(画像あり)


桜井俊・前総務事務次官の出身は群馬県で、地元の群馬県立前橋高校を卒業後、東京大学の法学部へ進学しました。
1977年郵政省に入ると、携帯電話の普及など主にITの発展に力を注いできました。


2009年当時は、総務省 総合通信基盤局長を務め、周波数の有効利用政策や制度化、それらを医療や暮らしの安全などに利用するべく電波政策懇談会を開いて、全体の見直しなども取り込んでいました。

桜井俊・前総務事務次官をよく知る人物に、落語家の立川談之助さんがいます。
中学・高校の同級生で、現在も親交があるといいます。
高校の卒アルに映る桜井俊・前総務事務次官は、長髪でちょっとニヤけています。
↓こちら、44年前、高校時代の卒アル写真画像です。


さらに、高校時代は紛争みたいなことが結構あり、「制服自由化」なども唱えたので、桜井俊さんは制服を着てない写真画像もあります。
↓少々、過激なところもあったようです。


一方で、立川談之助さんはこう言います。
「頼りになるし、体が大きいし、モテるしね
修学旅行なんか行ってね 女子校とかいて口説くとね 仲良くなれる」
「気がいいんですよね 人と喧嘩してるところ見たことない」

キャリア官僚になってからも、桜井俊さんは高校の同窓会に毎年のように集まっていたそうです。
立川談之助さんによると、事務次官になった現在でも高校時代とまったく変わらないんだとか。
官僚のトップなので、SP2人くらいついて来てもよさそうなものですが、1人で来てみんなと一緒にお酒を飲んでカラオケを歌って帰るそうです。
フォーク世代だったので、「五つの赤い風船」など歌は好きだそうです。嵐の曲ではない模様。
歌はわりかし上手だそうです。

桜井俊さんは息子・櫻井翔さんについては、
自慢するどころか困っている模様。
「うちのせがれがね~ 談ちゃん困ったんだよ ジャニーズ入って」
「よくわからないんだけどさ 嵐って知ってる?あのメンバーらしいんだよ」
立川談之助さんはそれを聞いてびっくりしたそうです。
桜井俊さんは、嵐が全国レベルの人気者だと知らなかったのです。
桜井俊さん自身は息子に、真面目な外交官などやらせたかったんだとか。

桜井俊さんの仕事ぶりについては
「ぼーっとしているんじゃなくて どっしりしているというのかな」
「いざとなれば便りになるんじゃないかと 男気もあるしね」
「何か悪いことをやっても『私はやってません』なんて絶対に言わないやつですからね」
「ごめんなさいって絶対に言うやつですから」

■ 桜井俊 ラーメン好き


都知事として気になるお金遣いについては?
月に数回通う、桜井俊さん行きつけの都内のラーメン店の店長によると
ポロシャツなどラフな格好で1人で来てカウンターで食べるそうです。
よく注文するのは、割とこってりした味噌ラーメンです。
けっこうがっつり系なんですね。
値段は一杯500円と庶民的です。
ちなみに領収書は求めないそうです。
↓ラーメン「せい家」梅丘店


 
 

 
 

■ 次期都知事選候補 桜井俊 出馬は?


「私は長い間ずっと情報通信だけをやってきた人間ですので、とてもそのような(都知事の)役目を果たせるような器ではないと思っています」
官僚のトップに上り詰めた超エリートながら、控えめに語りました。

時事通信社の田崎史郎さん
「僕は桜井さんが出てこないとも限らないと思うのは、官僚の方々は個人の意思よりも政権の思想を尊重して行動をずっとやってこられたわけです。」
「だから政権側が本当に口説くならば、心動かされる可能性もあるとみています。」

都知事選は基本的に「後出しじゃんけんが有利」といわれています。

田崎史郎さんは桜井俊さんが可能性40%と高めの予測。

木村太郎さんは蓮舫さんが可能性高いと考えています。
出ないと言いつつ、最終的に党を推して出てくれと言われて、かっこよく出馬するのではと。

共同通信社の青木理さんは
無党派層が多いから無理もないが、東京都知事は4代続けてタレント・文化人がなっている。
だから、そうではない人を選びたい。
「誰だ勝てるか」ではなく、やはり政策について議論しなければいけないのだが、人気投票になっていまう。
桜井俊さんも逆の意味では人気投票だ。

橋下徹さんについては
木村太郎さんは、出馬したら大阪の人は怒るのではと心配しています。
また、何を掲げて出馬するかも気になります。
そして、地方の知事から東京の都知事になった人は1人もいませんので、もし当選したら初めてのケースとなります。

橋下徹
Q「出馬される可能性はありますか?」
橋下「ないです」

小池百合子(自民党 元防衛相)
小池「万年候補者候補(笑)いつも冷めて見てるの 結構いじられてね」

蓮舫(民進党 代表代行)
「国政でしかやっぱりできない 私の志です」
「私のガラスの天井は国政にあると思っています」
「まだまだ取り組むものがあると思っています」
蓮舫さんは、6/18にいったんは出馬を見送る意向を示したのですが、民進党の枝野幹事長は、
「蓮舫さんが都知事選に出馬するのか参院選に出るかは、参院選の公示前日までに決める」とコメントしています。

宇都宮健児(弁護士 前回都知事選で次点)
出馬に意欲を示しています。
 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP