【病気】梅宮辰夫が肺炎から現在までを告白した内容「今夜がヤマ」壮絶エピソード

梅宮辰夫さんは、今年の2月に病気「肺炎」が悪化してしまい、生死をさまようほど大変だったそうです。
高齢者の肺炎は、現在死因の第2位でもあるくらい甘く見てはいけない病気です。

そんな梅宮辰夫さんが、6月23日「ダウンタウンDX」に出演して、病気「肺炎」で生死をさまよってから現在までを告白するといいます。

※「ダウンタウンDX」を見て更新※
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

■ 梅宮辰夫の病気 肺炎を無理して安藤昇の葬儀に参加


風邪を引いて肺炎になった梅宮辰夫さんは、医者から「即入院」と診断されましたが、入院しませんでした。
理由は、去年12月16日に死去された俳優で映画プロデューサーの安藤昇さんのお別れ会があったからです。
お別れ会は、梅宮辰夫さん自身が発起人でもあったため入院するより出席することを選びました。

2月28日、青山でお別れ会は行われました。
梅宮辰夫さんと安藤昇さんは3本の映画で共演したこともあり、献酒を務めました。
しかし足取りはおぼつかず、歩行補助器を使っての移動する姿に周囲は病気などを心配したといいます。

焼香を終えると、体調不良を理由に、会食はせずに帰っていった梅宮辰夫さんでした。
ちなみに、安藤昇さんの死因も肺炎でした。

ネットでも話題になり、梅宮辰夫さんは肺炎で余命わずかではないか、30年前に肺に転移した睾丸腫瘍がんが再発したのではないかなど、憶測が流れました。

■ 梅宮辰夫の病気 肺炎が悪化した結果・・・


梅宮辰夫さんは、無理して安藤昇さんのお別れ会に参加して結果、入院するのが2日遅れました。
それ原因で、病気「肺炎」が悪化してしまったのです。

肺炎のほかに8つの合併症が出るなど、病状は深刻になりました。
医者は、嫁のクラウディアとマネジャーに、「今夜がヤマ」と言ったほどです。
梅宮辰夫さんも、意識を失っていたそうです。

合併症は、
心不全・腎不全・糖尿病・高脂血しょう・狭心症などの病気です。

※詳しくは「ダウンタウンDX」を見て更新※

合併症、8つ病気一覧を公表してくれました。
1.肺炎
2.心不全
3.腎不全
4.糖尿病
5.高脂血症
6.狭心症
7.心房細動
8.高血圧

 
 

[スポンサードリンク]

 
 

■ 梅宮辰夫の病気 肺炎から現在までを告白


「ダウンタウンDX」では、入院当時のことだけでなく、退院後の生活についてもVTR紹介されます。

梅宮辰夫さんは現在78才です。
高齢者は、肺炎になると治らない場合も多く、高齢者の死因・第2位も肺炎です。
今回のことで、肺炎を甘く見るとヤバいと、梅宮辰夫さんもさすがにわかったと思うので、今後は無理はしないことを願います。

※詳しくは「ダウンタウンDX」を見て更新※

最近、毎週のように亀田ジムのマッサージに通っています。

亀田三兄弟の専属フィジカルトレーナーでもある、松栄勲トレーナーのマッサージを受けるためです。

梅宮辰夫さん曰くマッサージを受ける前と、終わって出ていく時では、まったくカラダの姿勢が変わるそうです。
ちなみに、梅宮辰夫さんは亀田ジムの会員であり、特別メニューのマッサージを受けています。

亀田興毅さん曰く、松栄勲トレーナーは本当にすごくて、ヘルニアの人も治してしまうんだとか。
「この人で無理やったら、どこ行っても無理」と言わしめるほどです。

■ ネットの反応


 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP